子育て

毎朝子どもの支度が遅いときにまず試してみたいこと

2017/06/13

おはようございますうえけんです。

うちの子は来年小学生になります。この前までこんなに小っちゃかったのに、今では保育園の乳児クラスの面倒を見てあげたりしているようで・・・ときが経つのは早いものです。

しかし、この先が心配になるのは生活のリズム。

特にこれから小学校ともなればしっかりとした生活のリズムが求められます。しかし、我が子ときたら朝起きるのも遅いし、叱ってもなかなか支度をしてくれないし、家を出るのもギリギリ・・・。働くお母さんお父さんのご家庭においても、朝の支度はとても難儀で特にお子さんの支度には手間取ることが多くないですか?

我が家の実情

我が子の朝の動きが悪い原因は分かっていて、とにかく寝る時間が遅いのです。とにかく宵っ張りで平日でも寝るのは10時30分ごろ。遅い時には11時を余裕で過ぎるときもあります。

子どもの脳みそのためには夜9時までに寝るのがいいとも聞きます。また、保育園のお友達の様子を聞いても夜10時までには寝てしまうとのことでした。

夜9時まではいかなくとも夜10時までには寝かせようと、口酸っぱく、早く寝ろ―早く寝ろ―と子どもに言い聞かせていました。就寝はうちのヨメの役割で、我が子と添い寝するのですが、なかなか寝付いてくれないらしくとても苦労していました。

で、翌日は当然寝起きが悪いわけです。布団から出てもリビングでグダグダ。食事もとらずにぼっとしている、着替えも遅い。よって、いつも保育園に行く時間もギリギリ。会社に着く時間もギリギリ・・・汗だくのまま職場の机に向かうという悪循環でした。

そこでワタシがあることを実践してみたところ、朝の支度がスムーズになりました。

家族全員で早く寝てみた

やってみたことは簡単でした。ワタシも一緒に寝てしまうことでした。家族全員で就寝してしまえば、不思議と子どもも早く就寝してしまうようでした。まあ、当たり前だと言えば当たり前ですね。

で、起きるとも両親ともに早く起きる。すると自然に子どものリズムも変わってきました。今では余裕をもって朝の支度もでき、平均10分程度(朝の10分は大きいですからね)も早く家を出る習慣がついてきました。

早起きはやはりお得

ワタシの場合、こうしたブログをかいたり、株の調査をする時間があまりないので、平日家族が寝てから始めることが多いです。家族全員で早く寝るようになって以降、自分の時間がほとんどなくなったのですが、一方でとても体調がよくなったのです。

早く寝ることで睡眠不足も解消されますし、夜遅くの間食などの誘惑にかられることもありません。このことは先日作ったワタシのTO DO LISTの実行にもつながることになりました。

ゆとりを持って会社にも行けるので、なんとなく気持ちも穏やかになりましたね。

今後も朝方の生活へ

で、これからは平日朝早く起きて、こうしたブログをかいたり株の調査をしたり。できれば毎朝30分程度散歩もしたいのですが、これだとさすがに相当早く起きないとムリそうですが。

朝は3文の得とはよく言いますが、朝を充実した時間にすることで快適に暮らせる毎日を習慣化していきたいと思っています。

今週も一週間がんばりましょー

-子育て