パソコン・スマホ

Aterm MR04LNとの違いは?新しく発売されたMR05LNは買いか?

我が家の自宅インターネットについてはモバイルルータAtermMR04LNに格安SIM YAMADA SIM PLUS を使用していることについては先日も記事にしたところです。

YAMADA SIM PLUS を購入!利用した評価は?【動確編】 - うえけんの経済的自由を目指すブログ

LAN側の環境としては、ノートPC1台、モバイルPC1台、スティックPC1台、スマホWIFI接続2台のデバイスに加え、REGZA Z7、東芝REGZA BD、IP電話(Grandstream Handy Tone-702)、NAS(バッファロー製)1台、ネットワークプリンタ1台など多くの機器に固定IPを振って接続しています。

これらを一手に引き受けているのがAtermMR04LNでして、我が家のインターネット、デバイス機器環境のまさにカナメとなっているわけです。

このAtermMR04LNを買った直後に新しくAtermMR05LNが発売されて、やられたーと思っていたのですが、最近特にAtermMR05LNの価格が大幅に下落していように見えます。

そこで、今回AtermMR04LNとスペック等を比較したうえで、AtermMR05LNは買いかどうか、調査してみることとしました。

スペック比較

まずは、両機器のスペック表をまとめてみました。

項目MR04LNMR05LN
LTE-I/F2GHz/1.7GHz/1.5GHz/800MHz2GHz/1.7GHz/1.5GHz/800MHz
周波数範囲BAND 1,3,8,11,17,18,19,21BAND 1,3,8,11,18,19,21
伝送速度LTE:LTE:
最大 受信150Mbps/最大 送信50Mbps受信 最大150Mbps/送信 最大50Mbps
LTE-Advanced:LTE-Advanced
最大 受信300Mbps/最大 送信50Mbps最大  受信375Mbps /最大 送信50Mbps※6
HSPA+I/F2.1GHz/1.7GHz/900MHz/800MHz-
周波数BAND 1,8,9-
伝送速度最大 受信 21Mbps※5、送信 5.7Mbps-
HSPA-I/F2.1GHz/1.7GHz/900MHz/800MHz2GHz/800MHz/900MHz
周波数範囲BAND 1,6,8,9,19,5BAND1,6,8,19,5
伝送速度最大 受信 14Mbps、送信 5.7Mbps受信 最大14Mbps、送信 最大5.7Mbps
WCDMA-I/F2.1GHz/1.7GHz/900MHz/800MHz2GHz/800MHz/900MHz
周波数範囲BAND 1,6,8,9,19,5BAND1,6,8,19,5
伝送速度最大 受信 384kbps、送信 384kbps受信/送信 最大384kbps
GPRS-I/FGSM850,EGSM900,DCS1800,PCS1900-
伝送速度パケットデータ通信 21.4kbps (1slot当り)-
無線LAN-I/FIEEE802.a b,g,n,acIEEE802.a b,g,n,ac
Bluetooth-I/FIEEE 802.15.1IEEE 802.15.1
伝送速度最大 3Mbps最大 3Mbps
アンテナLTE/3G/GPRS用(WAN用)送信1×受信2LTE/3G/GPRS用(WAN用)送信1×受信2
無線LAN用(WAN/LAN兼用)送信2×受信2無線LAN用(WAN/LAN兼用)送信2×受信2
Bluetooth用(無線LAN兼用) 送信1×受信1Bluetooth用(無線LAN兼用) 送信1×受信1
USBポート電源DC+5V入力用、電源DC+5V入力用、
microB USBコネクタ×1microB USBコネクタ×1
クレードルポート兼用クレードルポート兼用
カードスロットmicroSIM×2nanoSIM×2
(LTE/3G)連続時間約12時間約14時間
(BT)連続時間約24時間約30時間
連続待受時間休止状態時約250時間約500時間
(リモート起動を未使用)(リモート起動を未使用)
約1,000時間約1,250時間
ウェイティング時約30時間約40時間
充電時間約3.5時間約3時間
ヒューマン-I/F2.4インチLCDタッチパネル2.4インチ LCDタッチパネル
(静電感応式、320×240pixel)(静電感応式、320×240pixel)
電源ボタン ×1電源ボタン ×1
外寸約63(W) × 111(D) × 11(H)mm約63(W) ×  115(D)  × 11(H)mm
充電池パック2,300mAh(リチウムイオン電池)着脱式2,500mAh (リチウムイオン電池)
消費電力最大通信時 約7W最大通信時  約8W
質量約111g(本体のみ)約115g (本体のみ)
動作保障環境温度 0~35℃/湿度 10~90%温度 0~35℃/湿度 10~90%
VCCIVCCI クラスBVCCI クラスB

スペック的には大きな変更はないのですが、大きく違う点はバッテリ関係でしょうか。充電容量が若干アップし、連続通信時間、待受け時間などでMR04よりもMR05のほうが優れています。その影響か若干サイズアップしていますが、厚さ4mm、重さ4g程度なのでそんなに気になるレベルでもないと思います。

また、SIMのサイズもnano-SIMに変更になったのも好印象。最近のスマホはSIMがnanoサイズであることが多いので、SIMのサイズ変更をキャリアに依頼することなく、SIMの差し替えが行えるのはとてもよいと思います。

機能面での変更点

AtermMR05LNで新たに追加された機能について以下のとおりまとめてみました。

3CAで高速通信が可能

インターネットへの接続は、2GHz+1.5GHz+800MHz、3つの周波数帯を束ねて通信を高速化する「3CA」技術に対応したLTE-Advancedに対応。端末仕様として受信最大375Mbps、送信最大50Mbpsとなってより高速な通信を楽しめる仕様となりました。

デュアルSIMの切り替え時間短縮

AtermMR04LNもデュアルSIMに対応して、本体の操作画面からSIMの切り替えを行うことができました。その際、切り換えまでに約1分程度かかったのですが、AtermMR05LNではこの時間が短縮し、約10秒程度で切り替えが可能とのこと。2枚のSIMを使い分ける場合にはとても便利です。

SIMの自動切り替え機能

あらかじめ設定を行うと、通信量/時間/クレードル装着の有無に応じて、2枚のSIMを自動で切り替えることできるとのことです。たとえば、メーンで使っているSIM1のデータ通信量が上限値を超えると自動的にSIM2に切り替える、なんてことも自動で対応していくれるとのこと。複数のSIMを利用シーンに応じて使い分けることもできますし、仕事用・プライベート用などの目的に応じて使い分けしやすくなりますね。

で、実際に買いなのか?

結論から言うと我が家の使い方と比較すると、残念ながらあまり買い替えるメリットはないと判断しました。

SIMの使い分けはしない

AtermMR04LNには複数のSIMを挿入して使えるのですが、基本自宅のみでの利用となり、SIMを複数枚指したり、利用目的に合わせてSIMを切り替えたりする場面はありません。

まあ、切り換えするときと言えば、ブログネタで格安SIMのスピードを比較したりするぐらいなので、10秒程度で切り替える機能もあまり必要がない、というのが現状です。

クレードル利用なのでバッテリ増強も効果なし

AtermMR04LNは現在クレードルを挿して自宅用固定ルーターとしての利用がメーンです。ロングライフ充電機能を使って常時OAタップに接続している状態ですので、バッテリの容量が増えようが連続稼働時間が延びようがあまりメリットがありません。

ただ、このロングライフ充電が不安定な部分(数日連続で使うとバッテリーが0%になってしまう)もあるので、このあたりが改善されているのか気になることはあります(ただ、スペック的には確認できないので何とも言えません)。

3CAもキャリアに依存

3つのバンドを束ねる3CAで高速通信可能とは言え、あくまで端末仕様の話。当然キャリア側の通信仕様にも依存することになります。ワタシは当面格安SIMを自宅用のインターネットで使うつもりなので、MVNO側でこの機能に対応してくれなければ、まさに宝の持ち腐れとなってしまいます。現時点では3CAによる効果もあまりないと思われます。

どんなヒトに向いているのか?

ではAtermMR05LNがどんな人に向いているのか?についても考えてみました。

モバイルルータとして使う人

複数のデバイスを持ち歩くなど、SIM単体でスマホ、タブレットをそれぞれ使うのではなく、モバイルルータに接続して利用する方にとってはAtermMR04LNよりもAtermMR05LNのほうがいいでしょう。連続使用時間などのメリットを享受できますね。

複数のSIMを使い分ける人

私用と仕事用など2枚のSIMを使い分ける必要があるヒトはSIMの切り替え時間が短いAtermMR05LNのほうがいいと思います。

モバイルルータとしてはとても使える一品

AtermMR04LNから買い替えするかどうか、という視点でここまで記事を書いてきました。調べたところ、AtermMR05LNに買い替えるまでのメリットはあまり感じられませんでした。しかし、AtermMRシリーズはモバイルルータとして機能は優れていると思います。

AtermMRシリーズの値段は安いほうではありません。しかし、新製品が販売されるたびにSIMロックフリー端末として人気上位にランキングしますし、ユーザの声も悪くありません。ワタシもAtermMR04LNには満足して使えています。

AtermMR05LNもかなり価格が落ちてきました。これから新規でモバイルルータを買おうと思っている方にはぜひ候補として検討して見ては、と思います。

-パソコン・スマホ