経済的自由雑感

ジェイコム君に見る経済的自由とセミリタイアの視点

2017/09/06

ijmaki / Pixabay

ジェイコム君をご存知でしょうか。

BNF氏とも呼ばれ、当時みずほ証券によるジェイコム株の誤発注をいち早く見抜き、20億円ほどの利益をあげた人物です。

ジェイコム株大量ご発注事件の詳細はこちらをご覧ください。

彼は株であげた利益で両親に高級車をプレゼントしたり、数億円にものぼる都心のタワーマンションに居住するなど、株の成功者としての地位を確立しています。そんな彼に経済的自由の在り方をすこしだけ感じ取ることができました。

当時の世間一般の見方

20億円も稼げれば生活するには十分な資産ですが、ワタシが経済的自由と結びつけて考えたのは資産の多寡ではありません

当時デイトレーダーとして活躍した彼をマスメディアは時代の寵児として取り上げました。

数十億円の資産を築き上げてもトレードをやめることはなく、ろくに外出もせずに株に没頭する毎日。食事はもっぱらカップラーメン。高級マンションには住んでいるものの、めだった贅沢をするわけでもなく地味な生活を送る、そんなVTRがテレビを通じて世間に報道されました。

こうした生活スタイルは物議を醸し、「お金があっても人生として充実しているのかは疑問」「そんな人生は本当に楽しいのか」「お金のために生きているようだ」…などなど様々な批判も生まれました。

 

お金よりも名声よりも大事なこと

彼の考え方を直接聞いたわけではないですが、彼は金儲けのためにトレードを行っているわけでなく、純粋に株が好きなんだと想像できます。資産を増やすことは単なる結果でしかないのです。

世間では億万長者がたくさんいます。ソフトバンクの孫さんだって、ユニクロの柳田さんだって。株の世界でいえばウォーレンバフェットだってそうでしょう。彼らはお金儲けだけのために事業を成功させたいわけではないはずです。

イチローだってキングカズだってお金が好きだからではなく、現役選手としてのこだわりがモチベーションのはず。

BNF氏だって同じ。単にスポーツ選手か経営者かデイトレーダーかの違いだけ。なんで株で利益を上げることだけがまるで「金の亡者」のような悪い扱いを受けるんですかね。

経済的自由達成に向けて必要なこと

今振り返ればデイトレーダーとして成功した彼の姿を見て、「金に卑しい」「お金だけが人生ではない」といった指摘は、ただの妬みやひがみでしかありません

自分の好きなことを通じて、スキルもあがり結果としてお金もついてくる…これこそ経済的自由を達成するために大事な視点だと思います。

また、セミリタイアを目指す人の考え方は、世間一般の人には認知されにくいという現状もあります。

日中は株式投資ツールとモニターを凝視し続けることが幸せ…一見不健康でもセミリタイアできる人はこうした世間一般の人に理解されなくても気にしない思考力を持ち合わせる必要もありそうです。

好きなことをやって生き抜く方法こそ重要

好きこそもののあわれなり、という言葉があります。

経済的自由を手に入れるために必要なことは、働かずに得られる収入額や収入を得るために必要な資産(原資)ばかりに目が行きがちです。

お金の問題も大事ですが、自分にとって何が好きなのか、何をしたいのか、はっきりさせておくことも重要。今、自分が好きなことやって経済的自由を実現する、こうした視点が大切なのだと思います。

今となっては懐かしいBNF氏のお話からそんなことを学びました。

 

 

-経済的自由雑感