ふるさと納税

抱っこひもとして有名なエルゴベビーを超格安で入手する方法

2017/08/18

我が家ではもうすぐ2人目が生まれる予定でして、そろそろ出産、育児の準備をしなければねーなどと話をしているところです。このブログを読んでいる方の中にも、もうすぐ出産を控えているご家庭もあるかもしれませんね。くれぐれも体調には気を付けていただきたいものです。

で、出産後の準備で悩ましいのがだっこひもの選択。育児の必需品であるだっこひもはいろいろな種類があって選ぶのがとても難しいですよね。

だっこひもと言えばエルゴベビー

だっこひもと言えば定番はエルゴベビー。多くのママさんから高評価なんだそうです。その人気の秘密はやはり使いやすさ。ヨメが曰く、やはりしっかりとした作りになっていて赤ちゃんが落ちるような心配もないし、長時間だっこひもを使っても疲れにくいそうです。また、デザインもスタイリッシュお父さんが使っていても不自然な感じはありません。

だっこひもは意外と高価

エルゴベビーのだっこひもですが、気になるのはやはりお値段。いろいろ種類があるのですが、安いものでも2万円、高いものでは3万円超のものまであります。

楽天市場で検索して商品レビューを見たところ、どの商品も評判がとても高いですね。やはり、いいものは高くても買うべきなのかもしれません。

だっこひもは使っても2,3歳までと期間は限定。できれば安いものにしたい、でも、エルゴベビーのようなちゃんとしただっこヒモにしたい・・・はてどうしたものかと悩むお母さん、お父さんは多いと思います。

エルゴベビーを格安で手に入れる方法

しかし、このだっこヒモ、たった2000円で入手することができるのです。

「2000円」という言葉にピンとくる人はとても鋭い。そう、ふるさと納税でエルゴベビーの抱っこひもが返礼品となっている自治体があるのです。それは、福島県南相馬市です。

福島県南相馬市と言えば、ご存じのとおり東日本大震災で原発被害を受けた自治体で、死者は1000人を超えると言われています。南相馬市では、すでに避難命令は解除されているものの、震災前の10000人に対して1000人程度しか戻ってこない、というのが現状です。南相馬市の復興への道はまだまだ道半ば、といったところです。

エルゴベビーを入手するためのサイト

そんな南相馬市のふるさと納税は以下のサイトから寄付することができます。

ブランドが貰えるふるさと納税ノーマスタイル

ふるさと納税の対象となっている一例はこちらです。うちのヨメ曰く、赤ちゃんの首が座る前にから使える「インファントインサート」がふるさと納税の対象になっている、というのはとても嬉しい、とのことです。

南相馬市のお得なふるさと納税。南相馬市への復興と支援の気持ちを添えて、そして、新たにこの世に生を受けた命のためにふるさと納税してみるのもいいかもしれませんね。

ワタシ達も南相馬市のふるさと納税、検討していきたいと思っています。



-ふるさと納税