マイカー

ETC 2.0 のメリットって何?補助金がもらえるキャンペーンはもうすぐ終了です。

ご存じの方はご存じなのですが(当たり前か)、ETC2.0が実は昨年度から開始されています。

しかし、色々な人に聞いてみると、このETC2.0のことを知らない人も多く、ワタシのディーラーの営業さんも聞いたら「なんすか、それ?」と知らない様子(おいおい)。

所管の国交省のアピール不足も手伝って普及が進んでいるとは言えないETC2.0ですが、現在キャンペーンを実施中でその期限が2017年3月31日までに迫っています。

実はワタシも先日、現在のETCを2.0にバージョンアップしたばかりです。今日はこのETC2.0について調べてみることにしました。

そもそもETC2.0ってなに?

ETC総合情報支援サイトによる、ETC2.0とは以下のような説明があります。

ETC2.0は、ITSスポットでの渋滞回避支援や安全運転支援、自動料金収受などのサービスが受けられます。さらに今後、道路交通情報や走行履歴・経路情報などのビッグデータを活用して、さまざまな新しいサービスが導入される予定です。

https://www.go-etc.jp/etc2/index.html

様々な新しいサービスの中身が不明なので、具体的にどのようなサービスが受けられるのでしょうか?詳しい中身を見てみましょう。

安全運転支援

渋滞回避支援

災害時支援

圏央道の割引

一時退出、再入場の料金の見直し

渋滞を避けたルートを選択しての料金割引き

駐車場等での利用料金決済

確かに交通事故による通行止めによって利用料金が割高になるケースもありますし、高速料金が災害・事故・渋滞によって影響市内料金体系はありがたいものがあります。利用金額が安くなるサービスは一日も早く開始してほしいものです。

ETC2.0を使うためには?

 

まず現在使っているETCを確認します。これがETCと呼ばれるものなのか、DSRCと呼ばれるものなのか、によって変わってきます。

ETCの場合

ETCの場合は、高速道路の利用料金の支払いにしか使えません。ETC2.0サービスを利用したい場合は、ETC2.0対応車載器を購入し、ETC2.0にバージョンアップする必要があります。

DSRCの場合

現在DSRCを使っている場合は、新たに機械を購入することなく、ETC2.0を利用できます。このとき、2015年7月1日以前にDSRCを購入した場合は再セットアップが必要です。再セットアップは指定された近所のカーショップやディーラーで行ってくれるとの頃です。

キャンペーンを受けよう!

ETC2.0を受けるために必要なセットアップについては国から補助金が出るとのことです。

ETCの場合、購入費+セットアップ費用として10,000円

ETC2.0を使うために対応機器を買い替える場合は、補助金として1万円をもらうことができます。ただし、これは首都圏限定とのことです。

DSRCで再セットアップ費用として2,700円

DSRCで再セットアップしてETC2.0を使用する場合は2700円の補助金がもらえます。自己負担はだいたい1500円程度でしょうか。

キャンペーンは期限付きで3月31日まで

このキャンペーンは期限付きで3月31日までとなっており、先着50,000台(再セットアップの補助金は先着50,000人)までとのことです。

まとめ

ワタシもETC2.0に上げてなんの意味があったか?と問われると困るですが、せっかく入れるなら補助金をもらって安くするほうがお得でしょう。

実際、昨年もこの手のキャンペーンを実施しているのですが、一部のキャンペーンで首都圏限定となるなど今後補助金の縮小も考えられます。

この機会にETC2.0へのバージョンアップを検討されてみてはいかがでしょうか?

 

-マイカー