ファミマTカード

ファミマTカードが到着!実際受け取って分かったことのまとめ

2017/08/19

およそ2週間前に申し込んだファミマTカード。やっと先日我が家にも到着しました。今日はこのファミマTカードのお話です。

このファミマTカードは上手に使いこなすことができればポイントの還元率がとても高くてとてもお得なのです。

一方で、クレジットカードの初期状態がリボ払いになっており、カードを受け取ってから様々な設定を行う必要があるなどちょっと「クセ」のあるカードでもあります。

上級者専用カード?使ってお得なファミマTカードを申し込みました!これはポイント還元率が高くて便利そう - うえけんの経済的自由を目指すブログ

申し込む前に色々調べても、ファミマTカードを受け取ってみて想定外のことがありました。今日はこのことについて記事を書きたいと思います。これからファミマTカードの申し込みを検討されている方の参考になれば幸いです。

ファミマTカードのメリット

ファミマTカードのメリットをおさらいしておきます。ファミマTカードで買い物をするとTポイントが付与されます。Tポイント自体は200円で1%、ポイント還元率0.5%とかなり低く、他のポイントに比べるとメリットはありません。

しかし、LINE Pay カードと連携することで、よりお得に使うことができます。

ファミマTカードはLINE Pay カードにチャージすることができます。ファミポートというファミリーマートのキオスク端末(多機能端末)を利用するとこのチャージした金額分だけTポイントが付与されます。さらに火曜日か土曜日にチャージをするとTポイントが倍の1%となります。

LINE Pay カードで支払いをするとLINE ポイントが2%のポイントが付与されます。

そして、さらに買い物した分だけTポイントをもらえるので、ポイントの3重取り、最低でも合計3%以上のポイントを貯めることができるのです。

お得を通り越して何かがおかしいとも言えそうですが、ワタシもこのメリットを得るためにファミマTカードを申し込んだ、というのがコトの経過になります。

受け取ってまずすべきこと

ファミマTカードを受け取ってすぐにやることは2つあります。

口座引き落としの設定

まずは、口座引き落としする金融機関の設定です。

ファミマTカードを申し込んだ段階では引落し口座は未設定のままです。クレジット機能を有効とするためにはまず金融機関の設定を行う必要があります。

支払方法の変更

口座引き落としする銀行の設定が完了したら、次に支払方法の設定変更が必要です。

ファミマTカードの初期状態はリボ払い(ファミマTカードでは「ミニマム・ペイメント方式」というそうですが)です。これを一括払い(ファミマTカードでは「ずっと全額支払い」といいます)に変更する必要があります。

順番としては口座引き落としする金融機関の設定が完了し、そのあとに支払方法の変更という手順になります。無駄な利息を払うことがないようにできるだけ早急にリボ払いを解除し、「ずっと全額支払い」に変更しましょう。

ウェブ上で設定変更できないものも

ということで、設定変更を行うべくファミマTカード専用のウェブサイトにログインしてみました。口座引き落としの設定については「各種登録変更」から行うことができます。

ウェブで登録できる金融機関は?

さっそく金融機関の登録を行おうとしたところ、大手の金融機関と地方銀行のみ。ウェブ登録できる金融機関は以下のとおりです(クリックすると大きくなります)

以前ネットで調べたときには、ネット銀行も引落し可能という情報があったと思っていたのだが・・・?(ソースは忘れたけど)よく読むとサイトにはこのような記載があります。

※WEBからお手続きできない金融機関をご希望の場合は、下記「書類手続きが必要なもの」で書類をご請求のうえ、お手続きください。

で、「書類手続きが必要なもの」を調べたところ、特に口座引き落としに関する記載はなし。結局調べても分からないのでコールセンターに電話してみました。

ネット銀行でも口座引落し可

コールセンターに確認したところ、ウェブで設定できない金融機関から口座引き落としを申し込む場合は、口座振替依頼書を郵送で送るので、書面に記載して返送してください、とのこと。

ネットには、大手の銀行と一部の地方銀行しか口座引き落としが申し込めない、という情報もありました。

が、確認したところそうではなく、ウェブから申し込める金融機関は限定されているが、書面で申し込めばだいたいどこのネット銀行からも引落しできる、とのことです。具体的には、ネット銀行として一般的な楽天銀行、セブン銀行、新生銀行、住信SBI銀行などなど概ね対応が可能、ということでした。

手続き完了まで時間がかかる

口座振替依頼書の郵送を希望したのですが、この用紙が自宅に届くまでに1週間かかる、そしてカード会社に届いてから処理に約2週間かかる、とのこと。この用紙がカード会社に到着した翌月から口座振替手続きが完了するとのことなので、今からどんなに急いでも3月中の処理となるので、4月1日請求分から引落しが適用されるとのこと。

なかなか時間かかりますね・・・

金融機関ごとに期限が違う

口座引き落としの手続きが完了すると次に支払方法を変更する必要があります。この支払方法の変更については金融機関の分類ごとに期間が決められています。

例えば、3月1日の請求に間に合わせるためには、上図のとおり、(A)大手金融機関の場合は1月25日(水)21時30分から2月22日(水)21時30分まで、地方銀行の場合は(B)1月22日(日)21時30分から2月19日(日)21時30分までとなっています。

また、金融機関ごとに時間の制限もあります。少々ややこしいので注意する必要がありますね(クリックすると大きくなります)。

ワタシのように口座振替依頼書で金融機関を登録する場合は、ウェブ上で支払変更をするよりも依頼書を投函後2週間程度経過したらコールセンターに電話して変更したほうが処理が早くできます、とのこと。

電話は良いけどスマホからはナビダイヤルで22.5秒ごとに10円かかっちゃうんだよなー、もったいない。

キャンペーン適用も厳しい日程

このように口座引落しの設定、支払方法の変更を行うまでに、カード受領から約1カ月程度かかる計算になります。

ファミマTカードを新規申し込みした場合には様々なキャンペーンを受けることができます。しかし、一連の手続きがすべて完了したことを確認してからキャンペーンを受けるためには相当期間が限定されます

リボ払い前提でファミマTカードを利用する場合はキャンペーン適用に支障はありません。ただ、ワタシのように「ずっと全額支払い」に切り替えてから利用しようと思うとキャンペーン適用はスケジュール的にもとても厳しいというのが現状です。

それでも高還元率でお得

最近はクレジットカードの申し込みがかなり簡便になっている中、ファミマTカードの手続きについては、とても面倒くさいです。ネットで手続きできないとか郵送しか受け付けないとか、電話で処理しますなどなど。

はっきり言って高還元率でないとこんな面倒な手続きはやってられんわ、という感じです。

ファミマTカードを利用したいと思う方は入念に調査してその仕組みを理解しておくことが大切であると感じます。

ファミマTカード、現在手続進行中でありますが、その経過も含めて引き続き本ブログでフォローして行く予定です。

 

-ファミマTカード