ふるさと納税

返礼品が改悪される?だからこそお勧めしたい楽天市場のふるさと納税がお得な理由

2017/04/27

ふるさと納税大好きうえけんですおはようございます。

ふるさと納税はお得ですよね。地域の特産品を味わえるほか、家族への贈り物などにも使えますし、ワタシもとても重宝しています。我が家でも昨年から本格的に食品中心にふるさと納税を始めました。今年に入って米やデコポンや野菜など次々に送られてきて、こんなに得しちゃっていいの?と思うぐらい返戻金を満喫しております。

今後返礼品が見直しへ

ふるさと納税の返礼品が縮小される、というニュースは以前からありましたが、その影響が少しずつ出てきているようです。先日もふるさと納税人気ナンバーワンの宮崎県都城市は返礼品を見直すという残念なニュースもありました。

都城市、返礼品見直しへ ふるさと納税、総務省方針で [宮崎県]

宮崎県都城市の池田宜永(たかひさ)市長は24日の定例会見で、総務省が「ふるさと納税」の返礼品額を寄付額の3割までに抑えるよう全国の自治体に通知する方針を固めたことについて、通知に沿い市の制度を改める考えを示した。市は2015年度の寄付額が全国1位の約42億3千万円に上ったが、池田市長は制度変更で「寄付額自体は減るだろう」とした。

(中略)

池田市長は「総務省の指示は、より行政の手元に(寄付金を)残しなさいということだから、業者さんの手取りが減るのは確実」とした上で、「制度が安定的でないことは業者の方々も知っている。制度設計をし直した中で引き続きご協力いただきたい」と述べた。

=2017/03/25付 西日本新聞朝刊=

また、ふるさと納税ポータルサイトの「さとふる」では金額の載っている家電製品をサイトから削除するなどの措置が取られているようです。いずれにしてもふるさと納税が本格的に改悪されるまえに早く寄付してしまったほうがよさそうですね。

そんな中でもお勧めしたいのが楽天市場のふるさと納税です。

楽天ふるさと納税のいいところ

楽天市場でふるさと納税すると、楽天ポイントがついてくるメリットがあります。しかも楽天カードを使うと平常時でポイント4倍となります。20000円の寄付をするとポイントが800円分つくことになります。ついたポイントは普通の楽天ポイントとして使えますので、いずれ還付される寄付金に対してポイントがついてしまうのですからおかしな時代になったものです。

ポイント4倍でも高還元率なのですが、楽天市場では期間限定でポイント10倍つくキャンペーンを実施することがあります。最近では3月末に開催。とりあえずワタシは慌てて高知県奈半利町のうなぎ10尾25,000円のふるさと納税をしました

ポイント10倍なので楽天ポイント2500ポイントをゲットしました。ふるさと納税の負担(負担と言ってはいけませんね。寄付金でした)が2000円なので、この金額を超える楽天ポイントをもらえたことになります。ありがたいことです。

奈半利町のうなぎが到着

で、さっそく奈半利町のウナギが到着。10尾はお得と思って注文したのですが、実際に手にしてみるとスゴイ量ですね。冷蔵庫に入り切れません。

実際に食してみると分厚くてふっくらとした味わい。ひさしぶりに国内産のうなぎを食べましたが、やはり美味ですねー。実家ににおすそ分けしてもとても喜んでくれそうです。

奈半利町ではこれ以外にも昨年6カ月定期配送のふるさと納税を注文。1、2ヶ月ごとに野菜が送られてきましてとても助かっています(^ ^)

楽天ふるさと納税にはデメリットも

楽天市場のふるさと納税の唯一のデメリットとしては取り扱っている自治体や返礼品が少ない、という点でしょう。冒頭に触れた都城市のふるさと納税(寄付金30000円で豚肉4kg)は楽天市場には掲載されていません。

このあたりは、さとふるやふるさとチョイスもあわせて参考にしたいところです。

それでも楽天ふるさと納税を優先して使いたい

それでもやはり楽天ポイントの効果は大きいです。特に今後返礼品が縮小されるのであれば少しでもお得にふるさと納税したいと思うのは自然なことです。

楽天カードを持っているひとは楽天市場からふるさと納税するほうが確実にお得になります。まだふるさと納税をしていない人、楽天市場でふるさと納税をしたことがない人、まずは楽天市場のふるさと納税サイトで検索するところから始めてみてはいかがでしょうか?

-ふるさと納税