お得な子ども向けプール

プールの種類も豊富で超楽しめる萩中公園プールがおすすめ

プール大好き一家の主(あるじ)うえけんですおはようございます。

本ブログではいかに安くそして安全で楽しめる夏のアミューズメントとして公営のプールをご紹介しているところです。

最近、大田区の東調布公園プールのアクセス数が伸びているのに乗じて、今日は同じ大田区にある萩中公園プールを紹介します。正直、東調布公園プールよりも楽しいのでお勧めですよ。

東調布公園プールの記事はこちら。

アクセス

萩中公園プールは大田区の羽田にほど近いところに位置します。車なら首都高横羽線の羽田出口で降りると一番近いです。公共交通機関なら京急空港線の大鳥居駅下車7分ぐらいです。JR蒲田駅からバスも出ていますが、本数も少ない上時間も読めないので大鳥居駅経由が無難です。

萩中公園プール周辺の駐車場事情

マイカー組で一番心配なのは駐車場。萩中公園プールの敷地内には駐車場がありますが、はっきり言って台数が少ないのですぐにいっぱいになってしまいます

しかし、萩中公園プールの周辺には割安なコインパーキングがいっぱいありますので安心です。無理に早起きして敷地内の駐車場にこだわる必要はありません。ワタシ一日800円頭打ちのコインパーキングに停めることができました。

萩中公園プールと環状八号線との間の住宅街のエリアがねらい目です。間違っても環状八号線沿いのコインパーキングは割高なので駐車してはいけません。

ただ、安いところから埋まっていくので、朝早くに現地に到着することをお勧めします。

萩中公園プールの利用料金

萩中公園プールの利用料金は大人360円、中学生以下110円と激安です。

ただし、3時間制で午前の部、午後の部、夜間の部で完全入れ替え制になっています。それでもプールの種類は豊富ですし、支払う料金分以上の価値があります。

プールの種類が豊富

クリックすると大きくなります

プールは屋内に3つ、屋外に3つの計6つあります。とにかく幼児プールが豊富で、大人のひざ下ぐらいのプールに滑り台が完備されていて、我が子も無限ループ状態で遊んでいました。

大人用の競泳プールも豊富。特に屋外には公営プールでは珍しい50mプールもあります。日ごろの運動不足解消にもってこいの施設ですね。

萩中公園プールの混雑状況

入園前に大行列

混雑状況ですが、夏休み土日は相当に混み合います。午前の部の開園時間は9時30分から。早起きして9時前には現地に到着したのですが、現場はすでに大行列。チケット販売所から萩中公園駐車場の出入り口ぐらいまで多数の待ち人でごった返していました。

幸い午前の部に間に合いましたが、定員をオーバーすると入れなくなりますので、萩中公園プールには開園30分以上前に到着しておいたほうが無難です。

プールの中も大混雑

当然プールも大混雑するわけですが、特に混雑していたのは流れるプール。名前と違って全然流れない(笑)。というか、とにかくイモを洗うような混雑さとはこのことでちょっと動くと人の肩と肩がぶつかるぐらい。さすがに我が子も嫌気をさしていました。

どこのプールの一緒ですが、夏休みで土日の場合は相応の覚悟を持ってプールに入ることになりますね。

とてもおススメな萩中公園プール

以上、萩中公園プールの攻略法、メリットとデメリットなどいろいろ書き綴ってみました。

萩中公園プールは室内での営業も実施しているので秋から来春にかけてもオープン。一年中楽しむことができます。しかし、屋外プールは8月31日までの期間限定なので、行けるチャンスも残り2週間程度しかありません。

ぜひ一度萩中公園プールに行ってみてはいかがでしょうか。

 

-お得な子ども向けプール