会社四季報スクリーニング

会社四季報CD-ROMを使って効率よく年初来高値銘柄を検索する方法

2017/09/16

20160924_002

少々前の話でありますが、以前このブログでもレビューした「新高値ブレーク投資術」を読んで、ワタシも「年初来高値」を意識した銘柄選別を検証中です。

しかし、年初来高値をブレークしたからと言ってなんでも買えば儲かるというわけではなく、そこになんらかの株価上昇のトリガーがあってこそ成功に結び付くものだと信じています。

新高値ブレイク投資術を読んでワタシが感じたこと

新高値ブレーク投資術の詳細なレビューはこちらのサイトをご覧いただければ、と思います。

株探 | 【株式の銘柄探検】サイト - 株式投資の銘柄発掘をサポート | かぶたん

で、この新高値ブレーク投資術には新高値をチェックする際に、「株探」というウエブサイトが紹介されています。

この株探というサイトは確かに情報量も多く、読み応えのあるサイトではあるのですが、新高値銘柄をチェックする際にちょっとだけ作業が煩雑な感じがあります。

今日はこの新高値銘柄を効率よくチェックする方法を考えたいと思います。用いるのはもちろん、ワタシが大好きな会社四季報CD-ROMであります(笑)

株探での年初来高値銘柄の調べ方

20160925_001

先ほど、株探で新高値銘柄を探すのは大変だ、と書きましたが、厳密というと単に銘柄だけを調べるのであれば作業は簡単です。上図でいうとホームページの上部「株価注意報」をクリックし、次画面の「本日、年初来高値を更新した銘柄」をクリックすれば、その日に年初来高値を記録した銘柄が一覧表で出てきます。

この一覧表には、銘柄と株価だけではなく、PERやPBR、配当利回りなども表示され、この表自体はとても親切な作りになっています

さらに精査するために

20160925_002

この一覧表の新高値銘柄リストですが、これをもとにさらに投資銘柄を精査する必要があります。ワタシ個人としてはこの画面を起点にさらに詳細に調査する作業がとても煩雑に感じてしまうのです。

何をやっている会社?

まず感じるのは、会社名を見てどのような事業を展開しているのかが分からない銘柄が表示されます。上図で言えば、山加産業、日工管、昭和産あたりは個人的になじみがない銘柄です。この銘柄コードをクリックして次の画面で「山加産業は送電線工事を主力する会社なんだ」と知ることができます。

直近の業績はどうなの?

20160925_003

業績の伸びについても同様で、次の画面に遷移して確認する必要があります。とても見やすい画面なのですが、やはりウエブサイトの限界もあって四半期ごとの業績などはさらに次画面に展開していく必要がありますし、その伸び率などはエクセルや電卓を使って計算する必要も出てきますね。

最近数日間の年初来高値銘柄は?

20160924_009-2

この新高値銘柄一覧は毎日更新されるのですが、例えば昨日の新高値銘柄はどうなっていたかをチェックすることができません(ワタシが見る場所を知らないだけかもしれませんが)。なので、この新高値銘柄リストを1週間分作ろうとすると毎日欠かさずチェックする必要があります。

毎日やる作業を面倒くさいと言っては叱られそうですが、時には忙しい日や長期にパソコンを見れないときもあります。このようなときに日々の銘柄チェックをどのように行うのかという課題があります。

リスト作成に手作業が必要

20160925_008

チェックした新高値銘柄はなんらかの形に保存しておく必要があります。例えば、ワタシの場合はモニタリングのためにひたすらエクセルに4ケタのコードを入力していました。ほかにも株価の推移などを見たい場合は、ヤフーファイナンスなどに登録しておくとリスト化されて管理もしやすいかもしれません。

しかし、時期によっては50件以上の新高値銘柄が続出するなど入力も手間ですし、入力ミスなども考えられます。この辺りをほかの手段で改善できないものか、と考えました。

会社四季報CD-ROMを活用する

img_20160916_202717

株探自体は画期的で見やすいサイトではありますが、さらなる効率化を図るために会社四季報CD-ROMを活用してみようと思いました。

新高値銘柄のリスト化

20160925_004

会社四季報のスクリーニング機能には「新高値フラグ」という項目があり、ダウンロードした株価が新高値を記録した場合、フラグ「1」がたちます。

なので、この「DL・日足新高値フラグ」=「1」と設定することで、会社四季報CD-ROMでも新高値銘柄をチェックすることができます。

この新高値銘柄ですが、日足だけではなく週足もありますので1週間のうちならデータのとり逃しもリカバリできます

新高値銘柄を画面上で確認できる

20160925_005

会社四季報CD-ROMのスクリーニング機能には、好きなデータや複雑な数値データも合わせて表示することができます

上記の「DL・日足新高値フラグ」=「1」に加え、業種、事業内容の特色といった会社概要に関することや売上高伸び率、営業利益率などの数値まで一緒に表示することができます。

ワタシの場合は、会社概要、予想PERと同時に2Qに対する1Qの進捗率などもあわせて表示できるように設定しています。これなら画面ひとつで表示することができ、さらに自分の知りたい情報をスクリーニング条件に追加するなど効率的に銘柄を精査することができます

新高値銘柄をリスト化する

20160925_006

新高値銘柄をリストする場合、手作業でコード入力する必要がありますが、会社四季報CD-ROMを活用すればクリックを繰り返すだけで済みます。具体的には会社四季報CD-ROMの「グループ登録」という機能を使います。

先ほどの新高値フラグで抽出した銘柄を選択したあとに「この会社をグループ登録する」をクリックすると該当する銘柄がリスト化されます。このリストに分かりやすいタイトルをつけておけば、後日参照することが可能となります。

また、日々の銘柄をチェックする段階においてすでに作成したリストに追加したい場合は、過去の新高値リストを呼び出し、「追加」ボタンを押すだけの操作で済みます。

CD-ROM版へのチャレンジはいかが?

20160925_007

いかがでしたでしょうか。

以前からネット証券でもスクリーニングできる機能がありますが、会社四季報CD-ROMではさらにそれ以上の機能を提供してくれます。今回ご紹介した新高値銘柄のチェックを始め、これ以外の便利な機能についても本ブログでは紹介していきたいと思います。

 

 

-会社四季報スクリーニング