お出かけマップ

子どもたちに大人気!キッザニア東京に初めて行ってきました(現地編)

2017/06/24

前回の日記ではキッザニア東京で最低限必要な準備について記事をまとめてみました。

今日はキッザニア東京の現地で注意する点をまとめたいと思います。

駐車場の位置

マイカーで行く場合は首都高速10号線晴海線の豊洲出口から1キロのところにあります。

初めて行くと駐車場はどこに停めるのがいいのか悩ましいところですが、ノースポートの駐車場の4階まで行きましょう。そこからエリアH,I,Jあたりに停めるのがベストです。このエリアはキッザニアの入口に行くためのエレベータに最も近いところになります。

駐車場の入口ですが、以下の図の矢印の部分からノースポートの駐車場に停車できますよ。

10時前までに入場しよう

ららぽーと豊洲が開店時間は10時ですが、キッザニア東京へは開店前の時間から並ぶことができます。

キッザニア東京は3階が入口ですが、駐車場からエレベーターで1階まで行き、事前予約の確認、手荷物検査を経てエスカレーターで上がることになります。

ワタシ達は8時30分ごろに現地に着いたのですが、3階の入場口にはすでに長い行列ができていました。入場開始時間9時よりも、できるだけ早めに現地に到着するほうがいいです。

入場後は事前に決めたアクティビティへ急ごう

長い行列から入場手続を終えたらいよいよキッザニアで思いっきり遊びましょう!その際に最低限しておかなければいけないことをまとめてみました。

順番待ちはお子さん本人のみ

お目当てのアクティビティにすんなり入れない場合は、順番待ちか予約のいずれかを行います。順番待ちはお子さん本人がすることになります。お子さんが遊んでいる間に大人が代わって順番待ち・・・ということはできません

予約はひとつまでと限定されています。複数のアクティビティを予約できないので、1つのアクティビティに予約して、その順番が回ってくるまでの時間までに違うアクティビティに参加することになります。

2階のアクティビティは比較的すいている。

人気どころのアクティビティは1階に集中していますが、一方で2階のアクティビティは比較的空いています。空き時間をアクティビティで楽しみたいのであれば、まず2階にあがってアクティビティの受付で待ち時間を確認することをお勧めします。

人気のあるアクティビティは普通に2~3時間待ちとなります。比較的人気があったアクティビティはピザーラ、森永乳業、消防士あたりでしょうか。

写真はアクティビティの外から

各アクティビティの施設内に入室できるのは基本お子さんだけ。親は外から写真撮影を行うことになります。キッザニア東京全体がやや暗めの環境になっていますので、スマホではなくて一眼レフなどのデジカメを持って行ったほうがよりキレイな写真を撮ることができます

保護者の立場から感じた率直な感想

今回初めてキッザニアに行ったのですが、ワタシが正直に感じたことは以下のとおりです。

仕事は豊富だけど・・・

アクティビティはとても豊富で我が子もとても楽しんでいました。

ただ、その中には過酷な労働で有名になってしまったクロネコヤマトやいかにもストレスがたまりそうなコールセンター業務など、うむ、親としては心配になってしまう職種もあったのが心境としては微妙でしたねえ。

保護者も体力的に楽々

お友達と一緒にキッザニアにいったおかげで、当人同士でアクティビティを楽しんでくれました。小中学生にもなると保護者は施設外に一時外出できるようですが、我が子はまだ保育園なので施設内にいる必要があります。

それでもアクティビティ体験時は保護者の出番はないので、その間、とてもリラックスした時間を過ごすことができます。

これからも何回も訪れることになりそう

子どもにとっても、めったに経験できないことを楽しめるキッザニア。とてもよいアミューズメント施設だと感じました。我が子ももう一回行ってみたいと相当楽しく感じたようです。

1日で体験できるアクティビティは4つから5つ程度。他にも子ども心をくすぐるアクティビティがいっぱい揃っているので、何度も行きたくなる気持ちも良く分かります。

当面はこのキッザニア東京にたくさんお世話になりそうな予感がします。

 

-お出かけマップ