経済的自由達成に向けて

将来の経費はどのくらいかかるの?教育資金とか住宅ローンとか

2017/05/15

わがブログは経済的自由を手に入れるためのブログです。なので、いつも食レポとかガジェット系の話ばかりしているヒマはありません(ウソ)。

で、先日、ふと考えたのです。経済的自由を入手するためにはいったいいくら原資とインカムを手に入れればいいのか、と(いまさらですが)。

また、特に気になるのが子供の教育費と住宅ローンですよね。

今日はこのことについて自分なりに整理してみました。

セミリタイヤ後の年間の収入

今の生活水準を見ると年間500万円ぐらいかな、とやや高めの目標を漠然と掲げています。

想定している原資は

  • 株式配当金(日本株+外国株)
  • CFD取引による配当相当額
  • アフィリエイト
  • ちょっとしたバイト感覚で出来るお仕事

などなど

こんなことを妄想しています。まあ、こちらはワタシの頑張りに左右されますね。

住宅ローンと教育資金をどうするか

逆にワタシのがんばりによっても解決できないのが住宅ローンと教育資金。人生の中でもっとも大きい支出ですねえ。

我が家の住宅ローンの返済計画

住宅ローンがあるのに配当金生活などムリ、と思われるかもしれません。都内にまあまあな金額の戸建住宅を買ったのですが、物件とかそもそも家を持つのか?といったこと自体をよく考えればよかったかなと思う節はあるのは確か。

現時点では2000万円超の住宅ローン残高が残っていて全額返済しようと思えば返済できる金額です。ただ、購入してまだ6年目、住宅ローン控除もよく効いていて、住宅ローン金利<住宅ローン控除額(所得税からの控除額)となっているのであえて繰り上げ返済を行うつもりはありません。

住宅ローン控除が終わったら一気に繰り上げ返済を行って残高を減らし、10年後を目途に全額返済するーこんな道筋はなんとなく見えている状態です。

我が家の教育資金計画

問題は教育資金。12年後にセミリタイヤを行っているとしたら、我が子の教育に必要な資金を全額プールしておかなければなりません。

ネットの情報を集約すると教育費はこれぐらいかかるようです。

  • 私立中学受験に要する費用 3,000千円
  • 私立中学校(塾も含む) 4,000千円
  • 私立高校(塾を含む)3,200千円
  • 大学 3,709千円

この中でワタシがセミリタイヤ後に発生するのは、(1)長女の大学費用と(2)長男(予定)の私立中学校+私立高校+大学費用ということになります。

トータルで14,418千円!

たけー

まあ、私立中学校に入れるのか、という議論もありますが、我が家の近くの区立中学校のレベルはアレらしいし、子供にはいい教育を受けさせたいと思うし・・・ということで全て私立を想定していますが、これで大学浪人とかされてしまうと想定外の出費がかさむわけでして・・・頼むよーという感じです。

将来の資金を貯めるぞー

教育資金に充てる費用についても12年後14,418千円を目指した積立基金を作り、進捗を定期的にチェックすることとします。まあ、退職金がでる(はず)なので、その金額も充当できるかもしれません。ただ、退職金も当てになりませんので、余裕をもって対処するために働いているうちに確保してしまおう、と思います。

具体的にはヨメと折半し、年間50万円を積み立てていけば12年後にこの目標額を達成できることになります(ヨメに相談しよっと)。

いやー、カネがいっぱい必要ですねー。小さいお子さんを持っているおかあさん、おとうさんがんばりましょー。

 

 

 

 

 

 

 

 

-経済的自由達成に向けて