LINE-Payカード

作成無料のLINE Pay カードが届いてまずやるべき3つのこと

2017/08/19

先日から電子マネーについて色々と試行錯誤している本ブログでありますが、先日申し込んだLINE Pay カードをやっと自宅に届きました。

で、さっそくLINE Payカードを使おうと思ったのですが、便利に使う前にLINE Payカードに設定を加えてあげなければいけません。今日はLINE Pay カードを受け取ったあとにワタシ達がすべきことをブログにまとめてみることとしました。

設定方法は事前にネットで調べてみて面倒くさそう、使うのが大変そう、などと思ったところですが、実際やってみたらとても簡単でした!

なお、LINE Payカード申込みに至るいきさつや動機はこちらのページを参照してください。

現在、電子マネー最強!LINE Pay カードを申し込んでみました - うえけんの経済的自由を目指すブログ

受け取ったら初期セットアップを

受取りは普通郵便でビックリ

クレジットカードなどは基本宅急便やゆうパックで送られてきます。その際、本人確認などを行われるのが普通ですが、LINE Pay カードは郵送で送られてきます。自宅に帰ってみたらポストに入っていました。プリペイドカードとは言え、ちょっと驚きですね。

アプリへの紐付けはカンタン

その封筒の中にも設定手順は書いてあるのですが、まずはLINE アプリを開き、LINE Payカードとヒモづけてあげる必要があります。

LINE Pay カードのセキュリティコードを入力して完了。準備はたったこれだけです。

コンビニでチャージする

LINE Payカードはプリペイドカードです。なので、カードへのチャージが必要になります。チャージの方法はいくつかあるのですが、まず一番手っ取り早いコンビニでのチャージを試してみました。

アプリから2つの番号を取得

これもLINEアプリを開き、コンビニでチャージを選択します。チャージする金額を指定すると「受付番号」「入金コード」の2つの番号が表示されます。

コンビニの多機能端末で操作

次にコンビニのキオスク端末に行き、代金支払い→イーコンテクストをタップ(下の画像参照)。このあとに、「受付番号」と「予約番号」を入力するとレシートが出てきます。このレシートを持ってレジに行き、入金額を現金で支払えば手続きは完了です。

さっそく入金確認してみる

始めてだったせいもあって端末の操作だけモタモタしてしまいましたが、そんなに難しくはないのですぐに慣れるはずです。

入金した後にLINE アプリを開いてみると入金した分だけアプリ上に即時反映されていました。

パスワードロックをかける

これで、LINE Pay カードは使えるようになりました。しかし、スマホを紛失したときや落としたときなど、残高を知られたり、第三者に送金されることがないようにしたいものです。

LINE アプリにはパスワードロックをかけることができます。これを設定しておけば知らない第三者に不正操作されることもないので安心ですね。LINE アプリのパスワードは6ケタの数字となっています。

この設定を行うと、LINEに改めてログインするときやスマホがロックされたときもパスワードの求められます。ちょっとめんどくさく感じる場面もありますが、安全には代えられないですねえ。

本人確認を実施してみる

セキュリティコードをアプリに登録するだけも即利用できるLINE Payカードですが、より便利に使うために「本人確認」を行ってみます。

本人確認のメリット

これは本人確認を行うことで、友人への送金、割り勘、銀行口座への振替えなどのサービスが受けられるものです。とりわけワタシが利用したかったのはチャージ上限の増額です。

本人確認を行うと、従来チャージ上限10万円が1000万円まで引き上げられます。上限額はかなりの金額ですが、事前にチャージしておけば残額に気にすることなく買い物することができます。特にネット決済や今後の税金の支払い等を行うにはある程度チャージしておくことが必要ですからね。

本人確認もアプリで簡単

本人確認の登録は二とおり。銀行口座とのヒモづけか、本人確認資料の送付のいずれかです。ワタシの場合は銀行口座との連携は行う予定がないので、本人確認資料の送付を選択しました。やり方は簡単、運転免許証をスマホのカメラで撮影してアプリ上にアップロードするだけです。

この作業を行ったあと3,4日後にLINEから手続きが完了した旨郵送でハガキが届くそうです。

残す作業はネット決済登録

LINE Pay カードはクレジット決済にも利用できます。なので、LINE Pay カードよりもポイント還元率が低いクレジットカードで登録しているお買い物サイトがあればLINE Payカードに切り替えるほうがお得になります。

LINE Pay カードへの入金で最もオトクなのはファミマTカードからのチャージになります。

すでにファミマTカードは申し込んでいますが、これが自宅に届き、ある程度の資金をチャージできる準備が整い次第、Amazonの決済用として登録を変更する予定です。

支払い方法の整理が必要

昨年末から続けてきたクレジットカードと電子マネー選びはこれで一巡したと思います(もうこれ以上作りたくないし)。

すでに持っていたクレジットカードの中には、使う機会がなくなって役割を終えたものもあります。年会費がかからないカードばかりですが、こうしたカードも退会していくのがシンプルな考え方です。

これまで作ってきたカードには利用シーンによってベストな使い方があります。

次回は実際にLINE Pay カードを使った感想をまとめたいと思います!

-LINE-Payカード