高配当ファンド(LTI_FUND)

配当金生活を目指す高配当ポートフォリオの運用成績【2017年4月末時点】


これまで別ブログでアクティブ運用の結果成績を月1回発表してきました。しかし、将来の配当金生活を目指して、高配当ファンド(LTI_FUND)の運用成績もきちんとチェックする必要があると考えました。

そこで今月からLTI_FUNDの成績を月1回の間隔で本ブログで確認することにしました。高配当ファンドLTI_FUNDの概要について知りたい方はこちらのブログを先にご覧ください。

2017年4月の成績

2017年4月のLTI_FUNDの成績は以下のとおりです。

銘柄 区分 4月末のパフォーマンス
TOTAL RETURN 前月比 1.60%
年初来 3.34%
JAPAN STOCK 前月比 2.71%
年初来 5.82%
U.S STOCK 前月比 -0.38%
年初来 -3.24%

日本株運用の部

日本株運用については前月比+2.71%、年初来+5.82%となりました。北朝鮮問題など地政学リスクによって乱高下した日本株も最後は持ち直し、底堅く推移しました。この結果を受けて我が日本株PFも順調に推移しました。

現在の保有状況は以下のとおりなっています。

※クリックすると大きくなります。

赤文字は直近の決算により、EPSや配当金額に変更があったことを記しています。配当金の受取予定額は141,100円(年間・税引き前)となり、前年比で3.2%増となりました。持ち株の下ではドコモ、SPK、CDSあたりが増配となりました。

日本株は、現在のところ投資基準に該当する銘柄がないので積立保留中です。受取り配当額が少ないのですが、ファンドの目的は長期的な運用にあります。あわてずにゆっくりと条件を満たす銘柄が出現するまで我慢です。

外国株の部

外国株の運用については先日も売買履歴についてブログに記載しました。

今日はこれらの運用成績をメモしておきます。

※クリックすると大きくなります。

米国株については前月比-0.8%、年初来-3.24%となりました。年間の受取予定配当額は618.35ドルとなり、日本円に換算して68,908円となりました(税引き前)。日本株が堅調である一方で米国株は高配当銘柄が残存している状態です。今後も積極的に投資していく予定です。

目標までの進捗状況

高配当ファンド(LTI_FUND)の目標は、2032年12月までに約2700万円を達成することです。今月時点の目標に対する進捗状況は以下のとおりです。

※クリックすると大きくなります(単位:千円)

目標の2032年の27,000千円と比較すると進捗率は約25%となり、2017年の目標残高5,531千円に比べて現在の残高は6,738千円となっており、計画を22%程度上振れています。

今後も引き続き積極的に追加資金を行うなど、早期の目標達成を目指していきます。

その他の株式運用

その他の株式運用としてはアクティブ運用の通称「うえけんファンド」と今春から立ち上げた「株主優待ファンド」の二種類があります。うえけんファンドの成績はこちらのブログで更新しています。このファンドは高配当ファンドに比べて運用資金が少々大きいので金額非開示としていますがよろしければどうぞ!

また、株主優待ファンドについては現在構築中です。とりあえず今年の夏までに300万円程度証券口座にブチ込む予定ですが、高配当ファンドには含めず別会計で計算したいと思っています。

なお、株主優待ファンドの投資方針についてはこちらにまとめています。今後も引き続き下落局面でコツコツ拾っていきたいと思います。

最後に

アベノミクス相場からトランプ相場にかけて、株式運用が順調な地合いが続いていますが、こんなときこそ慌てずに資金の分散と時間の分散を心がけることが必要だと考えています。

性急にPFを構築するのではなく、ゆっくりと時間をかけて目標を達成できるように務めていきたいと思っています。高配当ファンドの組み入れ銘柄については定期的にチェックを行っていく予定です。

-高配当ファンド(LTI_FUND)