格安SIM

今すぐ格安SIMを申し込むなら?個人的に評価の高いMVNOを紹介します!

2016/08/25

20160815_006

家計の節約においては、固定費をいかに削減するかがとても重要ですが、まず見直したいのはインターネット環境、とりわけスマートフォンの通信費用です。

あなたがもしauやdocomo、softbankなどの大手三大キャリアをお使いならば、解約金が発生しても格安SIMに乗り換えることを強くオススメします。もちろん使い方にもよるのですが、私の場合、格安SIM3GBプラン利用で月額利用料金2000円程度ですみます。その差額とすると1か月約4000円から5000円程度、年間換算で48000円から60000円も節約できるようになります。月額利用料金はかなり安く、しかも日常利用ではまったく不都合がない・・・格安SIMへの乗り換えを強く推進するのは本ブログのポリシーでもあります。

どの格安SIMを選んだらいいの?という疑問

最近の格安SIMは多くのMVNOが参入し、どのサービスに乗り換えればいいか、わかんなーい、と言う人いるとおもいます。また、あまりにも月額料金が安いために「本当に大丈夫なのか?」と心配する人もいるかと思います。

そこで今日はワタシがオススメする、格安SIMをご紹介したいと思います。

イチオシはイオンモバイル

20160815_001

現時点におけるワタシのイチオシはイオンモバイルです。イオンモバイルって安物っぽくて本当に大丈夫なの?とお思いでしょう。その理由を何個か挙げます。

対面での申込みが可能。

20160815_002

スマホの移転に慣れていないヒトにとってはMNP転入の事務手続きや契約の内容把握など、申込み時に相応の負担がかかります。また、通常格安SIMはネットで申し込むことが多いですが、そもそもパソコンが苦手なんてこともあります。

イオンモバイルの場合はGSMのメリットを活かして対面での申込みが可能です。もちろん即日MNPです。このことで利用方法でわからないことや契約の内容など申込カウンターで確認することができます。とても安心ですね。

品質も良好…なはず

20160815_008

価格が安くても悪かろう安かろうでは困ります。格安SIMの利用をためらう理由としては品質の高さ、とりわけデータ通信のスピードが重要になってきます。

そもそも、イオンモバイルはIIJみおふぉんがMVNEとなっています。なので、データ通信の品質としてはIIJみおふぉんと同レベルのはずです。

IIJみおふぉんは、実際このワタシが使っている格安SIMで、時間帯によっては若干速度に遅延が見られるものの全体的には快適なスマホ環境を提供してくれています。このことからイオンモバイルを利用しても十分安心とかんがえます。

嬉しい機能が充実

20160815_007

単に価格が安くデータ通信が安定しているだけではただの格安SIMです。イオンモバイルではほかのMVNOにはない機能が充実しています。

高速通信オンオフ機能

通常データ通信の速度は225Mbpsですが、高速通信をオフにすることで200kbpsの速度に落とすことができます。このメリットは、月のデータ通信量の上限がオーバーしそうなときや単にウェブを見るときなどにこの機能を使うことによって、データ通信量を節約することができます。

バースト機能

高速通信をオフにしたとしても、バースト機能を駆使することで安定したデータ通信が可能になります。バースト機能とは、低速の200kbps通信でも最初の数秒間は225Mbpsの通信速度を利用することができます。

データ繰越機能

月単位で上限が決まっているデータ通信ですが、これが余った分を翌月に繰り越すことができる機能です。3GBプランで当月2GBしか使わなかった場合は翌月は4GBまで使えるようになります。

いまとなっては特筆するべき機能ではありませんが、IIJみおふぉんがMVNEであるDMMモバイルにはこの機能がないので、イオンモバイルを選びたい理由の一つです。

ライトユーザにお勧めしたい2GBプラン

ライトユーザ向けに設定されていることが多いのは1GBや3GBですが、ワタシの周囲のユーザーを見ますと、1GBでは少ないが3GBだと多すぎる、という話をよく耳にします。その点、イオンモバイルでは2GBを音声付で1480円で提供とのこと。これ以外にも、プランが豊富なので使用するデータ通信にあわせて選択することができます。

プラン データ容量 DMMモバイル イオンモバイル
データSIMプラン 1GB 590円 480円
2GB 770円 780円
3GB 850円 -
4GB - 980円
5GB 1,210円 -
6GB - 1,480円
7GB 1,860円 -
8GB 2,140円 1,980円
10GB 2,190円 -
12GB - 2,680円
15GB 4,570円 -
20GB 6,090円 4,980円
通話SIMプラン 1GB 1,260円 1,280円
2GB 1,470円 1,380円
3GB 1,500円 -
4GB - 1,580円
5GB 1,970円 -
6GB - 1,980円
7GB 2,560円 -
8GB 2,840円 2,680円
10GB 2,950円 -
12GB - 3,280円
15GB 5,270円 -
20GB 6,790円 5,980円

DMMモバイルのメニューと合わせて表示しましたが、そのプランの多さにおどきますね。

最低利用期間がない

格安SIMの場合心配なのが実際に契約して使ってみたらうまく動かなかったとき。格安SIMの場合は一定期間内に解約した場合は、違約金を取られるケースがほとんどです。このことについては通信の安定性という本来事業者側で保有すべきリスクを、ユーザー側に移転する許しがたい行為だと思っているのですが、イオンモバイルの場合は、いつ解約しても解約手数料は発生しません。これはとてもすばらしいことだと思います。

イオンモバイル自体、データ通信の速度はむしろ早いと評判が高いです。ただ、格安SIMの場合はユーザが増えれば増えるほどデータ通信の遅延を起こす可能性も高まります。このことから解約時の違約金が発生しないのは嬉しいですね!

ただし、注意しなければならないのは180日以内の利用で解約してMNP転出する場合は転出手数料が8000円と高額になります。181日以上の場合は3000円となります。

現在キャンペーン実施中

イオンモバイルは期間限定でデータ通信量を2GB増量キャンペーンを実施中です。申込み期間は8月31日までで、利用開始月の翌月から3か月間適用されることになります。

以上、イオンモバイルを推奨する理由でした。

端末セットなどNifmoが気になる

20160815_003

個人的なことではありますが、次に気になるMVNOはISPのニフティが提供する格安SIM、Nifmoです。

料金プランはシンプル

20160815_004

料金プランは3つ、音声通話付SIMで3GB(1600円)、5GB(2300円)、10GB(3500円)となっています。イオンモバイルやDMMモバイルに比べればプランの数の少なさが目立ちますが、個人的には標準的なプラン数だと思います。

うれしい高品質

イオンモバイルほどではないものの、データ通信については高品質で、様々なメリットがあります。

通信速度の向上

IIJみおふぉんのほか一般的な格安SIMの場合、通信速度は225Mbpsが一般的な数値です。しかしNifmoの場合、通信速度が262.5と高品質です。ネットなどでのスピードテストなどを拝見したところ、通信自体はととても安定していると評判です。

データ繰越しに対応

以前はデータ繰越に対応していませんでしたが、2015年7月からデータ繰越が可能となりました。

Nifmoのちょっと残念なところ

20160815_005

とてもシンプルなメニューとなっているNifmoで、メリットもとても多いのですが、ちょっとだけ残念なところも見受けられます。ライトユーザでしたら特に気にする必要もないかもしれませんがご紹介することとします。

データ通信利用制限がある

データ通信を利用時にプランに定められたデータ通信利用量を超えると通信制限が発生します。3GBの場合は65MB、5GBの場合は1100MB、10GBの場合は2200MBという設定です(いずれも3日間の使用量)。BIGLOBEやmineoなどはこうした通信制限がないので評価としてはちょっと落ちることになりますね。

IP電話が使い物にならないという評判も?

Nifmoはいち早く通話使い放題プランを発表したMVNOですが、このNIFMO電話の評判はあまりよくありません。電話かけ放題と言ってもIP電話ですので、通常の通話よりも品質は落ちます。

個人的には、こうしたサービスを利用するよりは一般的なIP電話サービスを提供している大手ベンダーBrastelで050番号をもらってソフトフォンに設定を加えたほうがよりお得だし、通信の安定性も優れていると思いますが、どうなのでしょうかね。

現在8月限定のキャンペーンを実施中

Nifmoは8月31日までに申し込み、スマホとセットプランを申し込んだ人に以下のキャンペーンを実施中です。

3GBプラン、5GBプランで音声通話付申込みで10,000円キャッシュバック

10GBプランで音声通話付申込みで20,000円キャッシュバック

さらに

機器セット割として、月額利用料から24か月間200円割引

3GBプラン(音声通話付)で月額1400円となり、かつ、スマホも10,000円キャッシュバックされるというかなりお得なキャンペーン実施中です。


スマホセットの対象機器として富士通 M03という7月下旬に販売されたSIMフリー端末も含まれているので、格安SIMの乗り換え+端末も一緒に買う方はNifmoが相当有力ということになります。

*----------------------------------------

2016年8月25日追記

色々と調査した結果、最もお得なNifMoにMNP転入してしまいました。

関連記事はこちら

通信速度も良好!料金もお得なNifMoにMNP転入しました

3大キャリアから卒業しましょう

20160815_009

ということで、本日時点における格安SIMについて記載しましたがいかがでしたでしょうか?格安SIMにおいても3大キャリア同等レベルの品質を誇るMVNOもありますから、是非3大キャリアから脱却し、お得な格安SIMに乗り換えることを強く推奨します。

格安SIMの評価については、今後のサービス展開やデータ通信品質、期間限定キャンペーンなど月やタイミングによって変わってきます。本ブログではこうした価格の推移についても随時フォローしていくつもりです。

-格安SIM