mineo

速度が安定していると評判のmineoを新規申込みしました

2017/09/03

先日から開始したスマホ周辺の見直し策についてです。ここまでは通話料3円運用について、そしてこれを使うDSDS対応のスマホの件について記して来ました。

ドコモのガラケーで月々3円運用を目指す方法 - うえけんの経済的自由を目指すブログ DSDSで気になるmoto Z シリーズ 買うならどっち? - うえけんの経済的自由を目指すブログ通話専用SIMの方向性についてはある程度めどが立ったことから次に重要なのはデータ通信。格安SIMはあまりにたくさんありすぎてどれを選べばいいか大変悩ましいです。できるだけ安く、そしてできるだけ安定した通信を楽しめる格安SIMを選定したいところ。

このことについて今日はワタシなりの考え方をまとめてみたいと思っています。

格安SIMを利用したいけど、どのサービスにするか悩んでおられる方もたくさんいると思います。ワタシの格安SIMの選び方を参考にご自身の目的にあった格安SIM選びに役立ててもらえると嬉しいです。

IIJみおふぉんをやめた理由

これまで、ワタシは格安SIMとしてIIJみおふぉん(厳密にいうとBIC SIM)を利用してきました。約2年間の利用期間でしたが、まったく不足なく快適なスマホライフをおくることができました。しかもスマホ料金も月額約2000円で済み、auでiPhone5を使っていたときの通信料金に比べ3分の1以下までコストを落とすことができました

いまだに3大キャリアを使っているヒトには、解約金を払ってでもMNPして格安SIMに乗り換えることを強くお勧めします

通信速度も速く評判もいい格安SIM IIJみおふぉんをレビューします - うえけんの経済的自由を目指すブログ

今回のデュアルSIM対応対応端末を購入するにあたってMVNOを変更することは必須要件ではないのですが、SIMカードのサイズをMicro-SIMからnano-SIMに変更する必要がありました。で、せっかく手数料を払うというのであれば違う格安SIMを使ってみたいと思ったのでした。

というのも、昔はIIJみおふぉんはとても通信が安定していると評判で、ワタシのその認識を持ち続けていたのですが、最近になって昔ほどスピードがでなくなった、という評判も散見されました

また、新規ユーザーばかりに手厚いキャンペーンを展開する一方で、既存ユーザーにはまったくメリットを与えない手法にも納得がいかないものがありました。MVNOとは言え、所詮通信事業者。あなたたちが望むなら矢継ぎ早に退会・新規申し込みしてやるわ、という感じです。

今回スマホを買い替えるにあたって格安SIMを変えてみようとと思ったのはこのような経過がありました。そこで白羽の矢が立ったのがmineoというわけです。

mineoを選択した理由

なぜmineoを選択したのか、その理由を整理してみることとします。

IIJがMVNEとなっている格安SIMは除外

MVNEとはMobile Virtual Network Enablerの略です。言い換えればMVNO支援サービス提供事業者といったところでしょうか。IIJがMVNEとしてサービスを提供している格安SIMとしては以下のとおりとなります。

  • イオンモバイル
  • DMMモバイル
  • エキサイトモバイル
  • hi-ho LTE
  • Wonderlink LTE
  • Tikimo LTE

これらはIIJみおふぉんとほぼ品質は同じであると言えます。なので、これらの格安SIMは従来のIIJみおふぉんと品質では変わりがないものとして選択肢から除外することとしました。


 最近開始した格安SIMは除外

格安SIMを始めたばかりのサービスは候補から除外しました。その理由ですが、サービス開始直後はユーザーが少なく通信速度がかなり速い傾向になります。しかし、その後、キャンペーン等を実施するなどしてユーザーが一挙に増えると帯域を圧迫し、設備増強などに手が回らずに低品質な回線に陥るケースが多々見られるからです。

なので、最近開始となった格安SIMは、いくら通信速度が速いと評判でも見送りとました。具体的には以下の格安SIMです。

  • LINE モバイル
  • nuroモバイル

LINEモバイルは格安SIMの速度比較でも通信速度がとても速いようですが、月額料金が少々高め(3GB+SMSで1,110円(税別))に設定されています。

これはLINEやツイッター、インスタグラムなどの特定の通信がデータ通信料としてカウントされないサービスを展開しているためです。ただ、ワタシとしてはこれらをフリーにするほどLINEをハードに使うことはありませんので今回見送りとしました。

NUROモバイルも通信速度が良好と評判です。しかし、NUROモバイルは3日間で370Mbpsの速度制限があり、低速モードへの切り替えスイッチもないです。この速度制限は他の格安SIMの中でもとても厳しく、存外に速度制限にひっかかる可能性も強まるなど価格以上に気になる点がありました。

キャンペーンよりも品質


格安SIMの場合は破格なキャンペーンを打って出るMVNOも存在します。最近ではNUROモバイルDTI-SIMなど○か月間利用料金無料などのキャンペーンがあふれています。

ただし、ネットの評判によるとDTI-SIMなどは通信が不安定で、速度も遅いという評判でした。

確かに格安SIMはその名のとおり少しでも安く済ますことが最も重要です。しかし、日々使用しているスマホがつながりにくいなどの理由によりストレスばかりが溜まり、使いたいときに使えない状況に陥ることは最低限避ける必要があります。

このことからキャンペーンの内容よりも品質重視で格安SIMを選ぶこととしました。

比較的通信が安定している

ネットには格安SIMの速度比較サイトなどが存在します。格安SIMの品質を確かめるためにはこのようなサイトを参照するのが有益だと思いますが、ネットによって評価に差が生じることが多々あります。

もっとも高速データ通信が楽しめるのはUQ-Mobileです。また、mineo Aプランも通信速度はとても速いです。このようにau系の格安SIMは比較的高速通信が確保されているようですが、ワタシが購入予定のDSDS端末、moto Z Playについてau系のSIMが利用できないとされており、自動的に対象から外れることになります。

また、比較的通信速度が安定している格安SIMというとNifMoBiglobeですが、こちらはすでに利用中・・・となれば、消去法でmineo Dプランぐらいしか残らない、ということになります。



mineo DプランはAプランに比べるとどうしても通信速度で遅くなる傾向があるようです。しかし、品質はIIJみおふぉんと同レベルと評価しているネット情報も多くあり、利用に十分利用に耐えきれる、と判断しました。

mineoは最低限のサービスを提供している

通信速度もさることながら、mineoにはユーザにとって重宝される機能がついています。

  • 高速、低速を手動で切り替えるmineoスイッチ
  • 低速通信の場合でも初速の通信速度は速いバースト機能対応
  • 使わなかったパケットを翌月に繰り越せるデータ繰越機能
  • 3日間の通信制限は無し

IIJみおふぉんは3日間の使い過ぎによる制限が366MBありました。IIJみおふぉんにも低速への切り替えスイッチがありましたから通信制限にかかったことはないですが、mineoのほうがこの3日間制限がない分使い勝手は上ともいえます。

頻繁な設備増強

格安SIMの中には通信速度の低下を防ぐため、ネットワーク設備の増強を行うMVNOも数多く存在します。mineoも比較的設備増強を行う傾向にあり、確認できる範囲では4月、6月、7月、8月、9月、11月とほぼ毎月実施しているとのことです。

ネットワーク増強によっても速度が上がらないという評判もあり、確かに問題なのではありますが、事業者として安定した通信を確保するという姿勢は評価してもいいのではないか、というのがワタシの判断です。

格安SIMは実際に使ってみなければ分からない部分が多いです。なので、このようなMVNOの姿勢も重視したい要素だと考えます。

音声通話付タイプへの変更も想定

mineoの利用料金は格安SIMの中でも安いほうですが、家族割を提供すると1回線50円の割引が受けられることになります。また、データ通信プランから音声付プランへの変更も2160円の手数料で可能になります。他格安SIMに移行する場合は、移行先のMVNOに約3240円必要になりますので初期コストを抑えることができますね。

mineoに申し込んだ

いよいよmineoに申込みですが、mineoに申し込む際はウエブサイトからではなく、アマゾンから申し込むほうが有利です。アマゾンから申し込むと通常事務手数料として取られる3240円が900円程度で申し込むことができます

また、アマゾンのお急ぎ便を使うと翌日には自宅にSIMが届きます。ウエブサイトから申し込んだところ、申込日から4日間かかりました。一日でも早く、そして安くと思う人はアマゾンから申し込むといいと思います。

ということで、mineoに申し込んだ理由は以上のとおりです。次回はmineoを実際に使ってみてのレビューを記事にしたいと思います。mineoの利用を検討しているヒトは要チェックですぞ!

 

-mineo