気になるクレジットカード

最終結論 ワタシにとってベストなクレジットカードの使い方を考えてみた

2017/08/19

ここまで様々なクレジットカードを調べてきました。クレジットカードを調べるととてもキリがなく、何が最もお得かは人それぞれの生活スタイルやこだわりや好みによって異なります

そこで、ワタシの生活に密着したお得なクレジットカードの使い方をまとめてみました。

なお、ワタシのクレジットカードに関する記事は以下のとおり。まだ見ていない人はコチラから目を通していただければと思います!

調べて分かった!ワタシにとってお得な最強クレジットカードベスト3 - うえけんの経済的自由を目指すブログ

予定していたセブンカードプラスをやめて楽天カードを申し込みました - うえけんの経済的自由を目指すブログ

クレジットカード別利用目的

クレジットカードを複数枚持っているヒトは多いと思いますが、ワタシも今回新たにクレジットカードを作成して相当な枚数となりました。そんなとき、どのクレジットカードをどの場面で使うのかを頭の中にインプットしておく必要があります。そこで、ワタシの生活範囲の中でベストな使い方をメモしておくことにしました。

メインカード:レックスカード

メインカードとしてはJACCSのREXカードを使用することとします。ポイント還元率1.5%で貯まったポイントは請求額から相殺してくれるという嬉しさ。ETCも年会費無料で使えるメリットもあります。公共料金を始め比較的大きな買い物はこのカードをメインとして利用することとします。

サブカード:BIC CAMERA SUICA ビューカード

基本的に金銭の支払いは現金ではなく今後はクレジットカードや電子マネーで対応しようと考えているところですが、多くの店舗で使うことができるBIC CAMERA SUICA ビューカードをサブカードとして利用します。

BIC CAMERA SUICA ビューカードのメリットはオートチャージ機能です。チャージされた金額が一定額を下回ると自動的にチャージしてくれ、そのチャージした金額に対して1.5%のポイント還元率が付与されます。つまり現金で買うよりもSUICAで買ったほうが1.5%割引になる、であれば利用しないわけはありません。

目的別利用カード(1):楽天カード

今回新規で作成した楽天カード。基本的にお得になるパターンはふたつあります。①楽天市場で買い物をするとポイント最低4倍になる、②nanacoカードにチャージしても1.0%ポイントが付与される、というものです。

なので、楽天カードの使用するパターンは楽天市場専用に使う場合とnanacoカードにチャージする場合の二通りのみとなります。いわんや基本ネット利用限定のため、「持ち歩かないクレジットカード」としての活躍が期待されることになりそうです。

目的別利用カード(2):出光カードまいどプラス

出光で発行しているクレジットカード、出光カードまいどプラスの存在を忘れていました。出光はワタシの近所の中では最も価格の安いガソリンスタンドで、出光カードまいどプラスを使うとさらに1リッター2円程度の割引となります。

近所で最も値段の安いガソリンスタンドは住む地域によってそれぞれなので、行きつけのガソリンスタンドがあったらクレジットカードの有無や特典の内容を調査してみるのもよいと思います。

この出光カードまいどプラスはガソリンを入れるときだけに使用するカードとして今後も使い続ける予定でいます。

目的別利用カード(3):dカード

docomoショップでキャンペーン適用目的で作成したdカードですが、ローソンで使う場合は3%割引が適用されるとのことです。現在よく使うコンビニはセブンイレブン、ファミリーマートなのですが、通勤経路にあるローソンでも今後は買い物をしたいと考えています。

電子マネー

今回のクレジットカードの切り替えに当たり、電子マネーの有効活用も大きな課題の一つとなります。関係する電子マネーは①suica ②楽天edy③nanacoの3つになります。この3つの電子マネーの効率的な使い方を考えてみました。

基本はsuicaで支払う

最も利用できる店舗も多いsuicaは原則すべての支払いを行うものとします。これはオートチャージ機能によってビューカードに1.5%のポイントが付与されることにつきます。ただし、一部例外なケースも存在します。

nanacoカードは7&i HD系の店舗で使う

ポイントが1.0%以上還元されるセブンイレブン、イトーヨーカドーなどの店舗の支払はnanacoで支払うこととします。これは楽天カードからのチャージによって1.0%還元され、トータル2.0%のポイントをゲットできるためです。

また、税金や社会保険料の支払いでもnanacoポイントが1.0%得られることになります。これまでは、手数料<ポイントだったので無理にクレジットカードで支払ってきましたが、nanacoで支払うことでよりお得度が増すことになります。

楽天edyは基本的には予備用として

楽天edyは申込みはしましたが、楽天カードから楽天edyへのチャージは1.0%、楽天edy使用によるポイント還元率は0.5%(合計1.5%)は決して高いとは言えず、積極的に使う必要もなさそうです。

個人的にはAndroid Payで唯一対応しているのが楽天edyとのことなので、ちょっと試しで使ってみたいという好奇心の範囲です。いざというときのための緊急利用時か楽天ポイントの有効期限が間近だけど使い道がない、とかそういう保険的な使い方になりそうです。

ポイントの有効活用で必要な考え方

ということで3回に渡って記事にしたクレジットカード特集でしたがいかがだったでしょうか。どのクレジットカードを選べばいいか分からない・・・そんな人の参考になったら幸いです。

クレジットカード、電子マネーの比較について、色々と調べてきましたが、正直言って何が最も有利なのかはよく分かりませんでしたポイント付与ルールが複雑な上、日を追うごとにキャンペーンなどの特典が更新されるなど、すべての情報を把握するのは限界があります。ワタシも調べていくうちに、なにがベストかよくわからず、半ば判定不能の前にモチベーションも下がり気味でなかなか結論を出すことができませんでした。

しかし、やはり一番大事なのは、どのクレジットカードのサービスが充実しているか、ということよりも自分の生活でもっとも支出が多い店舗とかもっとも支出が多い買い物などをキチンと精査して、その上で有利なクレジットカードを選ぶほうがベターということです

使わないポイントを貯めて無理やり行きたくもない店に行く必要があると言えば本末転倒。優待クロスでゲットしながら一度も使う機会がないヤマダ電機の割引券と一緒ですね(おれだ、おれ)。

クレジットカードのメリットも活かしつつ、最新情報にもアンテナを張り巡らしながら今後もよりお得なクレジットカードへの利用を模索していきたいと考えています。

本ブログにおいてもクレジットカード情報にはお知らせしていく予定です。引き続きよろしくお願いします。

-気になるクレジットカード