気になるクレジットカード

もう現金は捨ててクレジットカードと電子マネーでお得な生活をしよう!

2017/08/19

最近電子マネーを使い始めたものの、レジでいるも「ス、ス、スイカでお願いします」といまだに慣れないうえけんですおはようございます。

先日から数えきれないぐらいクレジットカード、電子マネー関係の記事を書いているのですが、やはり使い慣れてくると便利で手が離せなくなりますね。

最終結論 ワタシにとってベストなクレジットカードの使い方を考えてみた - うえけんの経済的自由を目指すブログ

逆に現金を使う頻度がめっきり減って、銀行のATMに駆け込むことがほぼなくなりました。少なくともこの1カ月ぐらいは口座からお金をおろすという行動はとっていません。

そこで、この間、電子マネー、クレジットカードを使い続けるようになって1カ月間、ワタシが感じたことをまとめてみたいと思います。

クレカ・電子マネーは現金よりも価値が高い?

昔はクレジットカードはお金を使った実感が湧かないから危険、できるだけ現金を使いなさい、としつけられたものです。もちろん、クレジットカード会社はこのような形でたくさん買い物をしてもらうことを期待して様々なサービスを売っているのでしょう。

しかし、今は違います。むしろ現金を使うと損をする、できるだけクレジットカードや電子マネーを使ってお得な買い物をしよう、ということになります。

事例1:ドラックストアにて

例えば、ワタシは先日某ドラックストアでお買い物をしました(鋭いヒトは上の写真でドラックストア名は分かると思いますが)。その時の会計は2036円だったんですけど、株主優待チケット(1000円で100円割引きがきくもの)を2枚渡しました。そこでドラックストアのポイントカードを渡してポイント(買い物の1%分)をつけてもらいました。そして支払いはクレジットカードで支払います(還元率1.5%)

結果、2036円の買い物が1791円で買い物できたことになったわけです。

事例2:コンビニで少額な買い物も

コンビニでも現金を使うよりも電子マネーを使ったほうがお得になります。

例えば、ビューカードからスイカにチャージするだけでポイントが貯まりますし、セブンイレブンのnanacoカードであれば、楽天カードやセブンプラスカードからチャージすればポイントが貯まります(楽天カードの場合はJCBであることが必要)。

nanacoポイントカードはぜひとも作っておきたいカードで、固定資産税や自動車税などの支払いをnanacoで支払うとその分だけポイントがゲットできます。還元率1%ですから高額な税金、社会保険料などの支払いではポイントの有無で大きな差が生まれます。

このように電子マネーとクレジットカードを上手に組み合わせることで現金で支払うよりもかなりお得になることが分かります。

お得なのは金額だけではない!家計管理も

お得なのは金額だけではありません。ずばり家計管理です。現金支払いにおいて厳密に家計管理を行おうと思うと、買い物のレシートを保管して、エクセルに打ち込んで(あるいはノートに記帳して)なんて作業が必要になります。

しかし、クレジットカードや電子マネーをうまく活用するとこうした家計管理も簡単になります。

損益が一目で分かる

ワタシも家計を管理しようとエクセルで家計簿のフォーマットを作って入力していましたが、やはり作業が煩雑で長続きしないことが多かったんですよね。で、結局収入と支出とどちらが多かったのか、といった基本的な情報さえも管理できなくなってしまいます。

しかし、すべての支払いをクレジットカードや電子マネーに集約し、引落し口座を給与振込口座に指定します。

この方法ならば、振込口座に入金される毎月の収入とクレジットカードの引落し額の差額を見るだけで、今月が黒字なのか赤字なのか、が瞬時に把握できますよね

詳細な支出科目を管理できる

単に収入に対する支出の多寡だけでは物足りないというのであれば、クレジットカード会社の専用ウェブサイトを活用するのも一考です。ワタシが愛用しているJACCSのREXカードではカード払いしたときの支出項目を家計科目ごとに区別できるサービスもあります。これならエクセルや帳簿で管理するよりも楽ですし、入力結果は円グラフなどで見やすく表示してくれるので便利です。

ちなみにスイカの場合は、ソニー製なのでカードリーダーを購入して、専用ウェブサイトにログインすると電子マネーを使った履歴も見ることができます

ただ、確認できる項目が日付と金額だけなので、どんな買い物をしたのかが振り返ることができないのが残念なところ。せめて店の名前ぐらいを表示できないかと改善を希望したいところですね。

ベストチョイスは人それぞれ

クレジットカード、電子マネーの活用をお勧めする理由はまとめてみましたが、いかがでしたでしょうか。電子マネーをまだ使ったことがないヒトは楽天edyでもスイカでもいいので作ってみるといいと思います。

実際、クレジットカードも世の中に溢れていてどれを作るのがベストかは正直選択に迷います。

選び方のコツとしては日々の生活において最も買い物をする店舗はどこか、といった視点を重視することです。ポイント還元率だけを見てカードを作っても結局使わなくなり、不本意にも年会費を払う羽目になったり、面倒くさい解約手続きを行わなければならなくなったりします。

普段使うのがファミリーマートなのか、楽天市場なのか、イトーヨーカード―なのかイオン銀行に住宅ローンを借りているのかとか。友人が持っているクレジットカードだからと言って万人に有利だとは限りません

ワタシが最近気になっているのはLINE-PAYだったりするのですが、こうしたクレジットカードや電子マネーは日々新しいサービスが展開されています。

今後も本ブログではこうした動きをおいつつ、自分自身にあったクレジットカード・電子マネーを選び方を紹介していきたいとおもいます。

みなさんも現金に頼るのはやめて、お得なクレジットカード・電子マネー中心の生活を送りましょう!

 

-気になるクレジットカード