食品・飲料

忙しい貴方にあったネットスーパーを見つけよう。ネットスーパーの比較などまとめてみました

仕事や子育てに追われるお母さん、お父さんにおいてはおそらく毎日とても忙しい日々を送っていると思います。ワタシも日々子子どもの遊び相手や家事などに時間をとられ、自分のやりたい趣味などがおろそかになりがちです。

わがブログではコストを削減するネタなどを書いてきたつもりなんですけど、やはりコストだけではなく、自分の生活スタイルも効率化を図ったりスリム化するのも大事だと思うんですよね。

例えば、節約サイトとか見てますとね、マイカーは無駄で、手放してみたらお金が浮きました、なんて記事を目にするんですけど、クルマの価値>コストの場合は、一概にそうとも言えないと思うんですよね。

お金の節約ばかりに血眼になって、生活の質とか充実した生活とか、大事なものを忘れてはいけないと思う今日この頃です。

ネットスーパーを使うことになった理由

話が脱線しましたが、こうした時間を有効活用するという意味で最近ワタシが活用し始めたのがネットスーパーです。最近、家族の誰かが体調を崩すという今年一年不安なスタートを切っている我が家ではありますが、外出がままならないので、以前から気になっていたネットスーパーを利用してみよう、とあいなったわけです。

ネットスーパーならわざわざ店舗に足を運ぶ必要はありませんし、空き時間を利用してスマホで買い物ができてしまいます。忙しいお母さんお父さんにはうってつけのサービスですよね。便利な時代になったものです。

さっそくユーザー登録してみた

で、さっそくネットスーパーを利用してみようということになりました。ネットスーパーを利用するためには、まず、ユーザー登録が必要になります。

一言でネットスーパー、と言ってもいろいろあり、事前にウエブサイトで調べてもさして違いやメリット・デメリットが分からなかったので、とりあえず有名どころを何社かまとめて登録することとしました。

登録したのは以下の3社

イトーヨーカドーのネットスーパー

イオンネットスーパー

西友ドットコム

他にもローソンやマルエツなどがあるようですが、大手ネットスーパーを中心に利用を検討しようかと。サミットはネットスーパー事業から撤退したとのことで、この業態の競争の激しさも感じますね。

ネットスーパー選びの注意点

で、ネットスーパー3社を登録し、それぞれのウエブサイトにアクセスしてみたのですが、ネットスーパー選びに大切なことをまとめてみました。

対応エリアが決まっている

まあ、そもそもの話なんですけど、ネットスーパーで購入したものを配送してくれるエリアが決まっていますので注意が必要ですね。

首都圏でも対応しているエリア、対応していないエリアが事細かくネットで記載されていますので利用にあたっては事前確認が必要ですね。

最寄りの店舗によってサービスが異なる

ネットスーパーに関しては色々なサイトで比較されています。入会金、配送時間帯、配送料といった基本的な事項は間違いないのですが、品ぞろえや価格などはワタシたちの家に属する店舗に依存する場合があります。

例えば、我が家の管轄となるイオンスーパーは、GSMのような大規模店舗ではありません。比較的こじんまりした店舗のせいか品ぞろえがいまひとつ、いやいまふたつでした。例えば、「魚>鮮魚・切り身」で検索するとヒットするのはたったの2種類!ギョギョ?という感じですわな。

利用にあたってはこうした店舗の状況も踏まえて選択する必要もありそうですね。

付帯サービスも調べましょう

ネットスーパーを利用しても、ワオンポイントやnanancoポイントを貯めることができますが、それ以外の付帯サービスの確認も必要ですね。

例えば西友のネットスーパーの場合、ウォルマートカードを使うと毎日3%オフになるサービスを実施中です。

逆にサービス対象外の例としては、イトーヨーカード―のネットスーパーではハッピーデー(8日、18日、28日の毎月「8」の付く日)の5%オフは適用されなくなりました。このあたりは実店舗と違うので注意が必要ですね。

それにして7&Iホールディングスなのに「7のつく日」ではないのはなんでなんだろうかと下らん疑問が湧いてきますが。

ワタシがメインで選択したネットスーパーは

このような条件の中で選んだネットスーパーはイトーヨーカードのネットスーパーでした。イトーヨーカードーネットスーパーのいいところはこんな感じです。

  • 商品が一番豊富だった。
  • 配達時間帯がきめ細かい。また、商品は注文から配送まで最短4時間など使い勝手が抜群
  • ネットサイトが見やすい。特に広告の品などが判別がしやすいサイトになっている
  • 母子手帳を持っている家庭は配送料100円になる

特に共働き家庭などの場合は、注文を受け取る、その時間に家にいる、というのも調整が大変だったりします。なので配達時間のきめ細かさというのは結構大事だったりします(下図参照)。また、正午の注文でも当日の夕方の時間帯まで対応してくれるのはありがたいですね。例えば会社のお昼休みに夕ご飯の食材注文なんてこともできるかもしれません。

価格だけで選べば西友のネットスーパー

とても残念だったのは西友のネットスーパー。西友のネットスーパーはとにかく価格が安い、商品が豊富なのがメリット。生鮮食品、肉・魚などとても安い価格で提供してくれます。

しかし、残念なのは配送。イトーヨーカード―に比べて配送の時間帯が午後のみで時間帯も5パターンのみ。しかも、当日の配送は対応しておらず、前日の早朝に注文しても最短で翌日となってしまいます。前日夜間に注文しても翌々日になってしまう場合がありました。

商品の受取りまで時間的な余裕がある場合や受取時間の調整もしやすい家庭には一押しのネットスーパーだと思います。

まずはお試ししてみましょう!

ネットスーパーで注文したものが本当にちゃんと届くのか、不安に思う方もいるかもしれません。実際に注文した商品を確認してみると、きちんと商品をビニールで包装してくれたり、賞味期限もゆとりのある商品を提供してくれました。野菜などの生鮮食品にも痛みもなく状態は良好です。

まずは一度お試しに使ってみることをお勧めします。イトーヨーカドーのネットスーパーでは初回配送料無料で利用可能です。

こうした便利なサービスを利用によって、時間の節約・時間の有効活用を図りたいものですね。

-食品・飲料