column-investment

NTT docomoが2016年度第3四半期決算を発表!いやいや儲けすぎではないですか?(笑)

昨日のことでありますが、NTTドコモが2016年度の第三四半期決算が発表されました。この決算内容についてはネットやニュースでも大きく取り上げられていて世の中の注目度の高さを感じさせられます。以下引用。

NTTドコモ、営業益22.9%増 決済サービス好調

NTTドコモが1月27日に発表した2016年4~12月期の連結決算は、売上高に当たる営業収益が前年同期比2.5%増の3兆4696億円、営業利益が22.9%増の8423億円と伸びを見せた。純利益は19.7%増の5894億円だった。

近年注力するスマートライフ領域の成長が著しく、同領域の営業利益が41.9%増の982億円と大きく伸びた。インターネット通販(EC)サイトの「dマーケット」、クレジットカードの「dカード」などが好調で、契約者数が増えたことが利益につながった。

ITmedia ビジネスオンラインより(2017年1月27日 19時38分)

そこで、改めてNTTドコモの決算内容について確認したいと思います。

なぜドコモの決算に注目するのか?

理由はふたつあります。ひとつはドコモの株主だからです(笑)

ドコモは一時契約者数が激減した時期がありまして、株価は下落傾向にありました。結果、約5%近い高配利回りとなり、2012年の年末に1200円ぐらいで購入した経過があります。その後、株価は上昇して今や倍以上になりました。合わせて配当金も年々増額され、今期80円の配当までもらえる見込みとなっています。ありがたいことです。

もうひとつは最近の格安SIMへの影響です。ドコモ系の格安SIMが多数を占める中、胴元のドコモの経営が悪化すれば格安SIMのサービス提供価格にも影響を及ぼしかねません。

このような二つの観点でドコモの決算は毎回注目しているところです。

決算内容は増収増益

で、その決算内容ですが、2017年3月期の第3四半期決算の内容は増収増益となりました。営業利益は減価償却の計算方法の変更といった特殊要因によってかさ上げされていますが、これを加味しなくても10%以上の増収となっていることから本業はやはり順調、ということなのでしょう。

契約者数も順調に増加

ワタシの目から見ると割高なドコモのケータイではありますが、契約者数は順調に伸びているようです。「カケホーダイ・パケあえる」やドコモ光などの契約者は増加しています。

ワタシに言わせれば、なんでそんな割高なスマホ契約をしているの?というイメージがありますが、ドコモの通信回線に対する信頼性やMNPなどの煩雑さなのか、そこには色々なニーズがあるのでしょう。株主としては嬉しい限りでありますが、消費者としての視点では不思議な気がしてなりません。

新プラン発表も割高では?

今回の決算発表においてライトユーザー向けの新プランも発表されました。月2GBプランの「データSパック」(月額3500円)とカケホーダイライトプラン(月額1700円)を併用できるとのこと。

月額合計5200円の価格設定ですが、ここから「ずっとドコモ割」「はじめてスマホ割」「シニア特割」などの割引が受けられ、最大2000円程度の割引が受けられるようです。

ただ、UQ-MobileやY!Mobileなどは月額2GBで1980円+5分通話かけ放題などのプランもありますし、格安SIMでも通話プラン付のサービスが拡充される見込みです。どう考えても割高なドコモでスマホ契約する理由はよくわかりません。

ちなみにワタシのスマホ事情ですが、月3GBプランで月額1100円程度、来月からはさらに安くなって月額600円程度までスマホ料金の値下げが受けられる予定です。

詳細はこちら!

ドコモのガラケーで月々3円運用を目指す方法 - うえけんの経済的自由を目指すブログ

あまり知られていない格安SIM BIGLOBE SIM にはこんなサービスがあります - うえけんの経済的自由を目指すブログ

今後のドコモに期待すること

このような割高な料金でも契約者数は減らないドコモのサービス。そのブランド力を生かしさらなる発展を続けてもらいたいと切に願うところですが、特に取り組んでもらいたいのは通信速度の改善・開発ですね。

4Gが当たり前となった昨今ですが、今後はIoTを始め多くの分野でデータ通信の活用が迫られ、通信の安定性などの品質がより重視される時代になります。身近なところにおいてはスマホの通信速度については500Mbps、682Mbpsのサービスを3月開始とのこと。まずはドコモでこうしたサービスを成功させ、それを格安SIMのほうに生かしてもらえることを期待したいと思います。

また、ドコモ株主の立場としては、かなり儲かっているように見えることから引き続き株主還元として増配を期待していきたいと思います。

-column-investment