健康管理

お薬手帳を持っていないと料金がかかるって知ってましたか?

最近年を取ったせいか最近病気がちになってしまったうえけんですおはようございます。

で、最近知ったんですけど調剤薬局に処方箋を持っていくと必ずお薬手帳は持っていますか、と聞かれますよね。ワタシなんざ、普段薬なんて飲まないし、実際に風邪を引いて調剤薬局に行く場合でもお薬手帳なんて持っていくことはありません。ていうか、昔、もらったような気もしますが、どこにしまったかさえ記憶がありません。

今日は健康な人ほどうっかりしやすいお薬手帳のことについてまとめてみました。

知ってましたか?料金が上乗せされるケース

ワタシの場合、当然調剤薬局で薬剤師にお薬手帳は持っていますか?と聞かれても必然的に「持ってません」という回答になります。

ただ、先日ひょんなことから友人と調剤薬局の話になりまして。で、その話によると昨年の4月からお薬手帳を持っていないと、少しだけ支払う料金が上乗せされる、と知りました。

そもそもお薬手帳とは何か

そもそもお薬手帳の意義ってなんなんでしょ、という話です。日本調剤薬局のホームページによるとお薬手帳の目的はこのように書かれています。

自分が使っている薬の名前・量・日数・使用法などを記録できる手帳です。副作用歴、アレルギーの有無、過去にかかった病気、体調の変化などについても記入できます。

そしてさらにこの目的としては以下のとおりなっていました。

① 飲み合わせや重複をチェックすることで副作用や飲み合わせのリスクを軽減する。

② 副作用歴、アレルギー、過去にかかった病気などの情報が伝えることができます。

③ 旅行や災害など急に具合が悪くなったときなど服薬状況を正確に伝えることができる

ホントですかね?

お薬手帳の疑問

少なくともワタシのように何ら持病がないのにお薬手帳を持つ必要があるのか、という疑問があります。また、長期間に渡り服用を要する場合は基本主治医がいるはず。主治医がチェックして処方箋を書けば足りるのではないでしょうか。

複数の病院に通院するような場合で服薬管理できない人にはお薬手帳は役に立つと思います。

服用する薬もなく健康、自分の服用している薬も理解できる患者でもお薬手帳を必須とするのかがよくわかりません。

そもそも調剤薬局の役割って?

調剤薬局は薬をいただく大事な場所ですが、基本ドクターから指示された薬を出すだけなのではないですかね。ワタシはドラックストアを含めて薬剤師と言われる方々からいただいたアドバイスは、ウエルシアではPBの薬を押し売りされたことと、クオール系の調剤薬局ではジェネリック医薬品の利用はどうか、ということぐらいなもんです。

なのにお薬手帳を持っていないから、という理由だけで自己負担が増えるというのは国の政策としてとても疑問です。きっとそのスジの業界からの圧力とか選挙対策とかまっとうな理由で設けられた仕組みとは到底思えません。

やはり健康が一番

とは言えすでに始まってしまった制度、あれこれと愚痴っても何も始まりません。

余計な出費を負担したくなければ言わるとおりにお薬手帳を大事に持参することしかなさそうです。

お薬手帳にもシステム化が進んでいるようで、スマホに服用する薬を管理できるアプリも開発されています。また、マイナンバーカードを活用した医療情報の連携(医療等ID)なども今後別の方法で医療状況を管理する方法も検討されているようです。

何より必要なのは健康第一。日ごろから体調管理に気を付けてお医者にかかることをできるだけ回避することが最も有益な節約方法なのだと思いました。

みなさん、薬をもらうときはお薬手帳を忘れずに気をつけましょう。

-健康管理