便利な格安アプリ

スマホアプリQ助は役立つか分からんがとりあえずインストールしてみた

健康は第一だけどすっかり運動不足のうえけんですおはようございます。先日ネットでこんなニュースを見ました。

以前から、タクシー替わりに救急車を使ったり、自力で動けるのに救急車を呼ぼうとしたりと、救急車の使い方について問題になったニュースなども散見されました。救急車を呼ぶ場合は有料にしたらどうか、なんて意見もあるようで(外国などは有料の国もたくさんありますが)

確かに、どんなときに救急車を呼んでいいのか、よく分かりませんよね。かえって救急車に迷惑をかけても悪いし、など臆してしまう場合もありそう。

そんなときに役に立つのがQ助というアプリです。

Q助とは

全国版救急受診アプリ「Q助」

全国版救急受診アプリ「Q助」
開発元:消防庁
無料
posted with アプリーチ

Q助とは正式名称「全国版救急受診アプリ」といいます。急病や大けがなどの緊急時に自宅にいながら救急車を呼ぶかどうかの判断するために使うアプリです。

ワタシも試しにインストールしてみました。

使い方は簡単

確かにこのアプリは使いやすいです。

現在の症状を選択していきます。例えば、呼吸をしていない、冷たくなっている、痛みがあるか、動悸はどうか、患部にむくみはあるかなどなど

救急車を呼ぶ必要があると認められる場合には、「いますぐ救急車を呼びましょう」という画面が表示されます。

実際に試してみた

実際に、イエスノーだけで救急車を呼ぶか呼ばないかを判断してくれるので操作はとても簡単です。ただ、実際に操作してみると、具合が悪い人はだいたい救急車を呼ぶという結論になるというもの。

例えば病気になっていれば顔色ぐらい悪くなりそうなものですが、この顔色が悪いだけでも「救急車を呼びましょう」という判定結果になってしまいます

なんでもかんでも救急車を呼んでほしくない、救急車を呼ぶかどうか適切に判断したい、という目的がこのアプリにはあると思うのですが、このアプリに従った場合、みんな救急車を呼ぶことになってしまいます。

救急車に面倒を見てもらわないのが一番

Q助はアプリをインストールする以外にもパソコンのブラウザからアクセスできます。アプリをインストールが面倒ならウェブ版をのぞいてみると雰囲気はわかると思います。

まあ、やはり一番なのは救急車のお世話にならないこと。日々の健康を注意して生活することが大事ですね。

 

-便利な格安アプリ