Rakuten-Mobile

楽天モバイルがお得なキャンペーン実施中!申し込むなら早いほうがお得です

2017/09/03

先日テレビを見ていたら、楽天モバイルがすごいキャンペーンを打ったのを知りました。

その名も「一人契約でもうひとり無料」というもの。どうやら楽天モバイルを契約すると、2人目以降のスマホ基本料金は無料になる、とのこと。これは気になる、と思って調べてみることとしました!

なお、記載された金額は断りがない限り税抜です。

キャンペーン申込み方法

楽天モバイルのキャンペーンを調べてみたところ、内容はこんな感じでした。申し込み条件はこのようになっています。

  • 音声通話付SIMでデータプラン5GB以上+楽天でんわ5分かけ放題を新規申し込み
  • 2回線目以降を申し込み
  • 5月11日までに申し込みを完了すること

2回線目以降は音声通話付SIMでもデータ通信用SIMでもどちらでも大丈夫とのことです。これはなかなかお得そうじゃないですかね。

キャンペーンの内容

1回線目の内容によって2回線目の割引を受けることができます。プラン別の割引料金は以下のとおりです。

割引き対象金額

上図の割引特典にはxxプラン相当の無料という記載があります。楽天モバイルの料金体系は下表のとおりですので、該当する金額が定められた期間分だけ無料となります。

通話SIM データSIM
(SMSあり)
データSIM
(SMSなし)
ベーシックプラン 1,250円 645円 525円
3.1GBプラン 1,600円 1,020円 900円
5GBプラン 2,150円 1,570円 1,450円
10GBプラン 2,960円 2,380円 2,260円
20GBプラン 4,750円 4,170円 4,050円
30GBプラン 6,150円 5,520円 5,450円

割引金額の例

1回線目を音声通話付5GBプランで申し込んだケースで、2回線目を通話SIMとして申し込む場合は1250円、SMS付データSIMを申し込んだ場合は645円が半年間割引きとなります。

また、1回線目を音声通話付20GBプランで申し込んだケースで、2回線目を話SIMとして申し込む場合は2150円、SMS付データSIMを申し込んだ場合は1570円が1年間割引きとなります。

分かりますか?

キャンペーン適用の注意点

一見お得そうなこのキャンペーンですが、よーく読むと様々な条件があります。重要そうな条件だけを列挙してみました。

1回線目のプランによって金額が異なる

先ほど示したように、1回線目のプランによって割引額が異なります。1回線目として申し込むプランによって割引期間が異なりますから注意が必要です。

契約解除手数料はやや複雑

通話SIMの最低利用期間は12ヶ月です。12カ月の間に解約すると契約解除手数料9800円がかかるのが原則です。その上で、ちょっとルールが変則的な仕様になっています。

1回線目を登録

まず1回線目を登録した段階で利用開始月が設定されます。これは通常どおり。

2回線目を登録

追加で申し込む2回線目が音声通話付の場合は1回線目と同様に最低利用期間は12ヶ月です。1回線目と同様にこの期間に解約した場合は契約解除手数料がかかります。

1回線目の利用開始月がシフト

2回線目を追加で申し込んでこのキャンペーンの適用を受けた場合は、1回線目の利用開始月が2回線目と同じ月にずれ込むことになります。

例えば2月に1回線目を新規契約し、4月に2回線目を契約して本キャンペーンを受けます。2回線目の開始月は4月となりますが、1回線目の開始月は2月から4月に移行されるようです。ちょっとややこしいですね。

楽天でんわ5分かけ放題も解約できない

音声通話と同様に楽天でんわ5分かけ放題も12か月間は解約できないことになります。

安いプランへの変更は不可

最低利用期間中、2回線目を申し込んだときよりも安いプランに変更はできません

2回線目を申し込んだときのプランが20GBプランであった場合、12か月間はこのプランを継続する必要があります。データ通信をあまり使わないので20GBプランから10GBプランに変更したい場合は2回線目の申込みから12カ月経過しないとプラン変更できないということになります。

データシェア無料の適用は7月まで

利用料金例では2回線目無料のように書かれていますが、これはデータシェアが無料のキャンペーンであるため、との記載があります。2017年8月以降はそれぞれシェア料金100円ずつかかることになりますので注意が必要です。

2台目の契約での注意事項

2台目以降はメンバーズステーションか楽天モバイルショップで申し込むこと。これ以外での申込みではキャンペーンは受けられません。

利用開始月の特典

月額利用料1回線目は初月無料ですが、2台目にはありません。また、1回線目、2回線目ともに事務手数料3394円が必要になります。

どんなヒトに向いている?

このキャンペーンの適用を受けて楽天モバイルを利用する場合にどんなヒトに向いているか考えてみました。

毎月使うデータ通信量を把握しているヒト

2回線目の利用によって以降1年間はプランを安いほうに変更できないことから、現時点での最低限必要なデータ通信量を把握しているヒトにはお得だと思います。これが難しい場合は最初は若干安めのプランからお試しで利用するほうがいいでしょう。

楽天モバイルを長期利用するヒト

2回線目適用から12か月間の最低利用期間がありますので、1回線目は12ヶ月以上の利用が求められる場合があります。とにかく楽天モバイルを長く使いたいと思うヒトはメリットがあると思います。

楽天でんわ5分かけ放題プランでモトを取れるヒト

楽天でんわ5分かけ放題は月額850円で提供されています。1分20円で計算しても5分×8回以上の通話がないとモトが取れていないことになります。5分以内の通話をする機会がそこそこあって、楽天でんわ5分かけ放題のメリットがあるヒトにはお得なプランだと思います。

本キャンペーンのルールを理解できるヒト

そして、なにより大切なのは、このキャンペーンのルールを理解できるヒトです。

ここまで述べてきたようにこのキャンペーンを受けるためには様々な制約があります。その内容をしっかり把握して、契約後のこんなはずではなかった、ということがないように注意する必要があります。

なお、本記事に書いている内容は楽天モバイルのウェブサイトをワタシが読んで解釈しました。申し込みの際には条件を再度ウェブサイトやヘルプデスクで確認してみてくださいね。

まとめ

ということで「一人契約でもうひとり無料」について整理をしてみました。

個人的な感想としては「一人契約で家族もうひとり無料」と聞こえはいいが、実質8月以降にデータシェアの手数料が必要になるなど、無料と大きく掲げた看板の割には小さい字で細かい制約がたくさん書かれていて、ちょっとズルいんじゃない?という印象です。

ワタシの場合は、新しい格安SIMのサービスが出てくるたびに乗り替えたくなる「落ち着きのないユーザー」なので、最低利用期間の延長などの制約がある場合は(よほどお得でない限り)申し込むことはないでしょう。

とは言え、純粋に割引金額だけを見ても通話SIM2回線分で1250円×6か月分が無料になるのはなかりお得なキャンペーンだと思います。

これからの新生活にむけて家族のスマホを見直したいと考えているヒト、検討して見てはいかがでしょうか。

 

-Rakuten-Mobile