スイーツ

バウムクーヘン「三方六」は贈り物として超おすすめの一品だった

2017/08/18

甘いもの大好きうえけんですおはようございます。本ブログでは安くてもとても美味で、恩師や友人に贈り物としておすすめなスイーツを紹介しています。

今日ご紹介するのは、株式会社柳月で販売されている三方六(さんぽうろく)というお菓子です。

三方六をもらった経緯

今回三方六をいただいた理由は、だれかに贈り物としてもらったわけではなく、株主優待のカタログギフトの中に、三方六が掲載されていたため。甘いもの大好きな我が子に選ばせたところ、このバームクーヘンがおいしそう、ということでチョイスすることになりました。

私自身は三方六という商品は知らなかったのですが、うちの奥さんが「三方六じゃん、どうしたの??」と、とても喜んでいたので初めてその存在を知ったのです(そういうことはよく知ってるんだよね)。

しっとり系バウムクーヘンの最高峰

で、さっそく箱を開けてみます。

バウムクーヘンの外側の部分が、まるで樹木ようなデザインが施されています。これは白樺の木の表面をイメージしたもので、ミルクチョコレートとホワイトチョコレートでコーティングされています。

一口サイズで切り込みが入れられているのも食べやすくてありがたいですね。

さっそく実食。見た目どおりまさに美味なのであります。バウムクーヘン自体はとてもしっとり。そして外側のチョコレートのコーティングがパリッととしていてそのバランスがなんとも言えないです。

北海道のメーカーらしく、原料は北海道産の卵、砂糖、バターを使っていて、まさに「しっとり系バウムクーヘンの最高峰」との誉れ高い一品になっていました。

とてもお上品で高級な味のお菓子の割には値段もべらぼうに高いわけでもなく、とてもリーズナブルなお値段で提供されています。

贈り物としてもおすすめな一品

これまでバウムクーヘンのおすすめというと、治一郎CLUB HARRIEあたりが自分の中でのベストチョイスでしたが、今回食した三方六はこれらと負けずとも劣らない味だと思います。また、見た目も白樺の気をモチーフとしたデザインが高級なイメージを醸し出しています

北海道に行った時のお土産にとどまることなく、恩師や友人、両親などにほんの気持ちのプレゼントとして超おすすめの一品です。

ワタシは来年もマクニカ・富士エレホールディングスの優待をゲットして、三方六をゲットしたいと思います(笑)

 

-スイーツ