節約

よりスピーディに洗濯物を干すために超便利グッズを買ってみた

2017/05/22

RyanMcGuire / Pixabay

 

いつのまにか洗濯物を干すことがワタシの使命になったうえけんですおはようございます。

最初はとてもめんどくさかったんですけどね、実際にやってみると洗濯物って戦略が大事で、どうやって素早く作業を終えられるのかを考えるゲームのように思えてきて、最近とても楽しく感じられるようになりました(洗脳とも言う)。

ただ、日常生活では作業を楽しんでいる余裕もなく、家事に忙殺されているお母さんお父さんも多いはずです。ワタシも同様にいかにスピーディに洗濯物を早く干すかを考えていました。

洗濯するときの心構え

洗濯物は洗濯機に洋服を入れるところから干してタンスに収納するまでの一連の過程をいかにスムーズに行うか、というゲームです。洗濯物を干すときも単に干すだけではなく洗濯物が乾いた後のプロセスまで考慮することが大事.

どこぞやのテレビで見たのは洗濯物をたたむときはタオルはタオル、シャツはシャツでまとめておくのがポイントといっておりました。なるほど、確かにこれだとたたむときの効率があがりますね。

購入した2つの商品

これまでは大き目の洗濯用ハンガーにバチバチ取り付けていました。しかし、干す時にある程度洗濯物の種類に分けておけば楽になる、というのであれば洗濯ハンガーを増やしてみたらどうだろうと考えたわけです。そこで、今回新たに洗濯物用ハンガーを2つ追加購入してみました。

ワンタッチハンガー

まずがダイヤコーポレーション製のハンガーです。

 

8枚分のYシャツやTシャツがかけられます。この商品は洗濯物がズリ落ちないように両端の幅が広がっていて、先端部分に凸凹があるなど洗濯物が落ちにくい構造になっています。

また、洗濯物を取り込むときにはアームの根元にあるつまみを押すだけで洗濯物を外すことができます。これが超便利です。使わないときには折りたたむことができるので収納に場所をとることがありません。

こまかい部分までとても親切な設計がされています。若干値段も高めですが、数百円の差であればむしろお買い得だと思います。

ステンレス製物干しハンガー

プラスチック用のハンガーは使っているうちに洗濯バサミが割れるなど意外と劣化が早いです。

そして一番イライラするのが、洗濯ばさみを吊り下げている針金が絡みあったり、本体から外れやすかったりと、扱い方がとても面倒なのです。

そこで購入したのがこちらの商品。

 

洗濯バサミも含めてステンレス製で出来ているのでとても頑丈です。

安いプラスチック製の洗濯物干しハンガーは、すぐに洗濯バサミが本体から外れたり、洗濯バサミどおしが絡まってハンガーが開かない、なんてことがよく起こります。

下の写真のように洗濯バサミの形状が一風変わっていますが、取り付ける金具も外れにくくとても扱いやすいです。

ただし、デメリットもあります。ステンレス製だけに本体が重いです。あと物干し竿にかけるときに外れないように取り付けるストッパーがあるのですが、これがとても扱いにくい。ワタシは面倒なので取り外してしまいました。

とは言え、デメリットよりメリットのほうが大きいです。値段はプラスチック製のハンガーよりも若干高いのですが、日々愛用しております。

試してみたい便利グッズがいっぱい

洗濯物の用品はネットなど見ているとたくさんのアイディアグッズに溢れています。おそらく家事に勤しむお母さんの意見が商品に採用されているのでしょう。そのアイディアはすごいものばかりですね。

便利な洗濯物干しを検索してみました(Yahoo!ショッピング)

ワタシも家事に関してはまだまだ修行の身。これからいろいろな便利グッズを試してより短時間で作業が終えられるように努力していきたいと思っています!

 

-節約