お出かけマップ

今年3月に開園したばかり 神奈川の公園50選にも選ばれた芹沢公園に行ってみた

2017/06/14

みなさんおはようございますうえけんです。

本ブログでは、とにかく安く、そして子供にとって遊びがいのある公園を紹介しているところです。先日は横浜市の三ツ沢公園をご紹介しました。

先日のことですが、今年3月に開園し、神奈川の公園50選にも選ばれている神奈川県座間市にある芹沢公園に行ってきました。あまり知られていない公園ですが、面積もひろく、遊具も新たにバージョンアップされ、子どもを遊ばせるにはピッタリの公園でした。

昔の芹沢公園と言えば

実はこの芹沢公園の近くに子供のころ住んでいまして、なのでこんなにマニアックな(失礼?)公園を知っているわけです。

このあたりはただの広大な森でした。こどもの頃はよくカブトムシを取りに行ったものです。いまとなっては、スーパービバホームやコストコができていてだいぶ様子も変わりましたね。昔は日産座間工場がフル稼働で中小の町工場もあったものです。かのダイアナ妃もこの工場を訪れたことがあるぐらいでとても有名でした。

公園整備の遅れ

後から知った話ですが、芹沢公園の整備計画は1985年に決められたとのこと。ワタシはまだそのころこの周辺に住んでいたわけですが、当時はほとんど整備が進んでおらず、荒れ果てた森、という感じでした。

30年越しで16ヘクタールにもわたる広大な芹沢公園が完成したわけですが、市の財政状況が厳しく、また残土の不法投棄問題が裁判に発展するなど完成までの道のりは険しかったようです。

広大なエリアを活かした遊び場

完成して初めて芹沢公園に行ってみました。とてもたくさんの子供たちでにぎわっていましたねー。数十台停められる駐車場は無料なので安心して子供と遊べますね。

管理棟の中には休憩スペースもあります。夏の暑い時期などは重宝しそうな印象です。手前には簡易なジャングルジムがありました。最近公園では見かけないので我が子も登って遊んでいましたよ。

売りはこの巨大なローラー滑り台。なかなか都心では見られない長さですね。山の高低差を利用して、作られていて最後までスピードが落ちずに滑ることができるようです。

我が子は滑っては駆け上がり、滑っては駆けあがり、エンドレスでこの滑り台で遊んでいました。

他にもこの富士山型の滑り台などたくさんのこどもが群がっておりました(こども多すぎで写真が撮れず・・・)

夕方の遅い時間になってきても、親が帰ろうと言ってもなかなか帰りたがらない子供たちで溢れかえっていました。我が子も同じで、子どもにとってはそれだけ魅力のある公園、ということなのでしょう。

公園の向こうには芹沢橋も見えます。とにかく緑が多く、自然にあふれる公園です。散歩を楽しんだりジョギングでリフレッシュしたりとこどもから大人までいろいろな楽しみかたができるいい公園だと思いました。

他にも遊ぶところはあり

とにかく広い公園のため、1日では渡り歩くことはできませんでした。他にも水の広場があり、夏には水場で子どもも遊ばせたりできるらしいです。また、エリア内では自転車やローラースケートの練習をするお子さんもいていろいろな遊び方ができる公園でもあります。

南側にはロープのアスレチックなど小規模な遊具が集まるエリアもあります。とにかく広いので小さいお子さんを移動させて遊ばせるにはちょっと難しいかもしれませんが、それだけ何回行っても楽しめる良さが芹沢公園にあります。

家族全員で楽しめる芹沢公園、また夏に遊びに行きたいと思っています。

 

 

-お出かけマップ