マイカー

年度末は新車を安く買うチャンス!下取りを利用して値引きを引き出す方法とは

クルマ大好きうえけんですおはようございます。3月と言えば年度末。年度末と言えば新車の購入ですよね(強引?)

というのも3月は決算期のディーラーが多いです。決算と言えば1台でも多く売って営業成績を挙げたい営業さんやディーラーも多々いるはずです。

今乗っているクルマからそろそろ乗り換えを、と考えているのであれば年度内の新車購入に向けて早めに動きだすのがベターです。そこで、今日は新車を購入する際に欠かせない、ワタシオリジナルの値引きテクニックをまとめてみることとしました。

なぜ、決算期に買うのか

交渉事にはどちらの立場強いか、ということが重要です。よほど最近販売が開始された人気車であればともかく、年度末であれば売りたいとディーラーが思っている時点で買い手の立場が強くなります。

場合によっては、この時期だけも普段よりも値引きを引き出せるかもしれませんね。

下取りに出す車をうまく使おう

新車への買い替えであれば、今乗っている車を少しでも高く売りたいところ。

普通は下見積りの段階でディーラーに今乗っているクルマの下取り査定もしてもらうケースが一般的です。ただ、この手順をちょっとだけ工夫すればさらに値引きが引き出せると思うのです。

見積もりは下取り金額と本体値引きを分けて

よく新車の見積を出してもらうときに、マイカーも査定してもらった上でコミコミで値引きしてもらうことが多いですが、これは避けたほうが無難です。なぜなら、マイカーの下取りなのか、本体車両の値引きなのかが分からないからです。

例えばA社とB社の値引きが同じ100万円だとします。どっちで買っても一緒と思うかもしれませんが、A社は値引き40万円、下取り60万円、B社は値引き30万円、下取り70万円とします。

もし、中古車屋での査定金額が70万円だとしたらどうでしょう、A社で新車を買って査定をしてもらった中古車屋にに売ったほうがオトクになりますよね。また、これを理由にしてさらに値引きを引き出す、ということもこともできそうですね。

中古車専門店で査定

ディーラーに今乗っているクルマを査定してもらう前に、中古車専門店に持って行って査定金額を出してもらいます。少なくとも2社ぐらいには下取り価格を見てもらったほうがいいと思います。ここで、まず自分が乗っているクルマがいくらぐらいで下取りしてもらえるのか相場を把握することができます。

ディーラーには車両本体のみの見積もりを

そして、ディーラーに新車の見積もりを出してもらうときは車両本体の購入価格のみの見積もりを出してもらいます。査定を勧められても、今乗っている車は兄弟に引き取ってもらう予定とか、引き取り手がいるなど適当にあしらっておけばオッケーです。

車両本体のみの見積もりを作ってもらいましょう。

比較の最終段階で下取り価格を競争させる

複数のディーラーで見積もりをとって、値引も最終段階に入ったタイミングで、「実は・・・」とマイカーの下取り査定を依頼します。その上で最終的に最も安いディーラーから買うとよいでしょう。もしも、中古車専門店での査定額が最も有利であれば、ディーラーに売ればいいだけの話です。

この二つのステップを踏むことで値引きを最大限に引き出すことができます。

本気度を伝えることが大事

値引きの際はこのクルマがとても欲しいことをきちんと伝えることが大事です。このことを示さないとただの冷やかしに受け取られたり、値引きをしたところで買ってもらえないかもしれないと思われます。こうなると、いくら交渉しても本気の見積もりを出してはくれません。

節度を持った交渉を

ということでわたしがこれまで実践してきた値引き交渉の仕方、取り分け下取り車を活用したい方法についてまとめてみました。車の値引きを引き出す手口は他にもあるのですが、それは後日に譲りたいと思います。

買い物は1円でも安くしたいものです。しかし、買った営業担当さんやディーラーとはメンテナンスなど長い付き合いが続きます。「お客様は神様」といった横柄な態度を取ることなく節度をもった値引き交渉が必要です。度が過ぎないように気をつけて楽しい買い物をしたいものですね。

なお、本文と使用した画像とは全く関係はありませんのであしからず。

 

-マイカー