レビュー

この本で株式投資に磨きをかけよう~最強のファンダメンタル投資法を読んで

最近個人投資家が投資本などに掲載される機会が増えてきました。今回はその中の一人である、v-com2さんのこちらの本をレビューすることにしました。

この本の素晴らしいと思った点

この本の素晴らしいと思ったところは、カタリストに関することにきちんと言及されている点です。ワタシなんかの世代では、東証1部昇格を狙った投資法と言えば、J-Coffeeさんでしたがね(懐かしい)

これまでのバリュー投資系の本では、株価指標(PER/PBR)に着目し、割安に放置されている銘柄をひたすら持ち続ける、といった投資手法が中心でした。

その点、この本は、株主優待、東証1部への鞍替え、財務諸表など単に指標だけではなく株価上昇のトリガーに着目した点で読んでいて新鮮に感じられました。

企業の変化に気づくことが重要

株の本で難しいところは、過度に具体的な投資手法を記載するとその本の内容が風化・陳腐化しやすく、逆に概括的すぎる記載は読み手にあいまいな印象を与える、という点です。

例えば、1部昇格を狙う投資手法が世の中に知れ渡ればいち早く株価に織り込まれ、結果、昇格発表後下落といったことも当然起こりえます。

だからと言ってこの本の評価が落ちるわけではありません。株価上昇のトリガーは得てして時代とともに変化しますから、私たち投資家は、常に株価を動かす企業の変化や株価の動向に入念に注意を払うことが求められている、とこの本は教えてくれているからです。

残念だったところ

株式投資においてこの本がフォローしている内容の範囲がとても広く、筆者の高い意欲を感じます。先ほど記載した株価上昇へのトリガーのほか財務諸表の読み方まで触れられています。

ただ、あまりにも範囲が広範すぎて、もう少し掘り下げて欲しいと思うパートが多々ありました。この本のボリュームで収めるのは無理があるのではないかと。おそらくこの本を2,3冊に分けて出版してほしい、と思ったぐらいです。

また、下方修正後の投資判断の箇所がありますが、株価上昇のトリガーを気にする投資手法を知っていたとしても、それ以前にその会社や業界に対する高度な知識やビジネスモデルを熟知していることが前提となるように読めます。

この本で儲け方を知りたいと思う読み手にとっては、このことに気付いた瞬間、「あ、結局自分には無理なやり方なのかもな」と諭されるように感じるひともいるかもしれませんね。

前作との比較も

アマゾンのフォローでは前作こちらの本のほうが個別銘柄リストの記載があり、実践的で分かりやすかった、といった評価もあります。

 

 

確かにこの本とは違い、今回の本ではこれから上がりそうな銘柄リストと言ったものは掲載されていません。

前作と異なり、今回個別銘柄を列挙しなかったのは、おそらく、株主投資を行うに当たって必要な「自分で考える力」が重要であることを知らせたかったという筆者の狙いがあるからであって、これを持って「実践的ではない」「すぐに使えない」と酷評するのはお門違いのように思えてなりません。このあたりにてっとりばやく儲けたい読み手の気持ちと書き手の意識に乖離があるのかもしれません。

刺激になる一冊。ぜひご一読を!

投資手法とは人それぞれに違うべきものであって、試行錯誤を重ねてやっと自分のものになると思います。そこに状況にあわせたエッセンスを加えてさらに磨きをかけていく。株式投資は日々このような鍛錬の連続にあるわけで、ヒトの投資手法をまねればうまくいくとか、そんな単純なものでもありません。この本を読むと、さらに自分の投資手法を改善したくなる、そんな刺激を与えてくれる良書だと思います。

この本を読み進めるには若干の予備知識が必要ですが、株を始めたばかりの方でもチャレンジする価値のある「運、タイミング、テクニックに頼らない! 最強のファンダメンタル株式投資法」、ぜひご一読してみてはいかがでしょうか。

-レビュー