便利な格安アプリ

格安オフィスソフトの無償バージョンアップの期限が間もなく切れます。ユーザの方は要注意!

2017/09/10

エクセル大好きうえけんですおはようございます。

みなさんはパソコンのオフィスソフトはどうしてますか。オフィスソフトって悩みますよね。仕事では当たり前のように使うのですが、自宅ではあまり出番は少ないです。でも、いざ文書を作ることになって、パソコンにソフトがないと困るのもオフィスソフトだったりしますね。

ワタシと表計算ソフト

ワタシも最近、Dell inspiron 13 5000 2in1を購入した訳ですが、マイクロソフトオフィスは最初から入れないものと心に決めていました。

マイクロソフトオフィスって値段が高いですよね。プリインストール版を買おうと思うと端末本体にだいたい2万円ぐらい値段が高くなります

ひとむかし前はマイクロソフトオフィスのライセンス料があまりにも高額なので、ほかのソフトで代用できないか、という動きもありました。Libre-officeとかopen-officeとかがそうでした。最近ではこんな話題は上らなくなりましたし、私の周りではあまり使っている人もいません。

よく使われていたのがKINGSOFT

そんな中、比較的使用されていたのがKINGSOFT-officeというソフトウエア。ACERやASUSのパソコンにバンドル版としてインストールされていることもありました。

値段も安く、マイクロソフトオフィスと同じ操作感、WORD、EXCEL、パワポに一定の互換性があることからユーザも比較的多いです。で、このKINGSOFT-officeは終了し、WPS-OFFICEに無償バージョンアップすることができます。

バージョンアップの期限は

2016年11月から販売されたWPS-OFFICE。KINGSOFT-officeから無償でバージョンアップできる期限は、2017年9月30日(土)までです。

すでにKINGSOFT-officeを使っている人はこの無償バージョンアップの機会を逃さないようにしないといけません。ワタシも実はKINGSOFT-officeユーザなのですが、先日忘れないうちにWPS-OFFICEにバージョンアップしました。

バージョンアップ作業はとても簡単です。KINGSOFT-officeを購入した際にシリアル番号が発行されているはずです。WPS-OFFICEをインストールした際に、シリアル番号を求められるので、この番号を入力してあげるだけです。

バージョンアップ前後の違いは?

KINGSOFTのHPを調べたのですが、バージョンアップする前と後で違うのはフォント種類が増えた点ぐらい。それ以外はどこが便利になった、ということはなさそうです。昨年国内でも報道されたとおり「リブランド」の一環としてとらえたほうがよさそうです。

WPS-OFFICEの使い勝手は

肝心のWPS-OFFICEの使い勝手ですが、とりあえずMicrosoft Officeとの互換性は悪くありません。文章を作成したり、簡易な表計算を作ったりなど戸惑うことなく作業は簡単です。ただ、ワタシが自宅で作業するEXCELファイルは複雑な関数や機能を使っているわけでもないので、すでに作成されているEXCELファイルのすべての機能が使えるかは未知数です。

ネットの情報では、EXCELの場合は図形などのズレ、PowerPointはアニメーションの一部がうまく表示されないなどの書き込みもあり、すべての機能で互換性があるとも言い切れないようです。

WPS-OFFICE は30日間の無料試用版もあります。機能面で気になる方は一度使ってみるのもいいかもしれません。

※米国の無償版をインストールして使う方法もあるようですが、本記事では割愛します。

さいごに

オフィス365も毎月お金を支払うのがもったいない、グーグルスプレッドシートなども使い方がよくわからない…でも、表計算ソフトは使いたい、といった方もたくさんいらっしゃいます。

Microsoft Office365 solo 12740円は1年間で2台までと結構割高。

それに比べるとWPS-OFFICEは5880円で期限なしで使えますね。

今はグーグルスプレッドシートなど便利なサービスもありますが、Officeソフトと同じ操作感で安く使いたいならWPS-OFFICEはとてもオススメですよ。

 

-便利な格安アプリ