YAMADA-SIM-Plus

YAMADA SIM PLUS を購入!その評価は?【準備編】

2017/09/03

さて今日も自宅のインターネットの見直しのお話です。先日の日記にも記した通り、現在我が家ではインターネットの利用頻度が増してきて、毎月の通信容量が不足する傾向にあります。これを改善する方法として気になるサービスがふたつあることを記事としました。

ワタシが最も気になるネット環境はYAMADA SIM PLUS とFUJI WIFI さてどうする? - うえけんの経済的自由を目指すブログ

そこで今回さっそくYAMADA-SIM-PLUSをヤマダ電機で購入してきました。

このYAMADA SIM PLUS ですが、ネットではあまり情報がありません。また、ヤマダ電機の格安SIMという影響なのか、あまり注目されていないサービスです。実態はFreetelがMVNEとして提供しているサービスなのでありますが、使い放題メニューや通信速度制御などFreetelとは少々異なったサービス内容となっています。

今日はこのYAMADA SIM PLUSについてできるだけ詳しく書いていきたいと思います。データ通信が不足して困っている方やこれから格安SIMに移行したい方にとって参考になれば大変うれしいです。

YAMADA SIM PLUSを選んだ理由

先日の日記にも書いたのですが、YAMADA SIM PLUSとFUJI WIFIのどちらを選ぶかが大きな分かれ道となります。今回YAMADA SIM PLUS を選んだのは以下の理由からでした。

  • YAMADA SIM PLUS のほうが安い(月額2480円)
  • ネットワーク構成を変更せずにSIMを挿せば使える(はず)
  • FUJI WIFI は個人向け申込み再開のめどが立たない(待ちきれない)

FUJI WIFI のほうが通信速度は圧倒的に早いのですが、ワタシが求めているのは通信速度よりも通信の安定性。これが担保されていれば日ごろの使い勝手としては十分です。日中の空いている時間は40Mbps出ても夕方には1Mbpsも出ない格安SIMよりも安定的に3Mbps出ればあとは値段だけの勝負、と考えました。

FUJI WIFI は若干値段が高いこともあり、YAMADA SIM PLUS のほうを選ぶことにしました。

YAMADA SIM PLUSを店舗に買いに行ったが

で、さっそく先日ヤマダ電機に出かけ、YAMADA SIM PLUS を買いに行ったのですが、YAMADA SIM という名前で展示されているのはYAMADA SIM Powered By U-Mobileがほとんど。たまりかねて店員さんに確認してみると、数分経過してレジから売り場に戻ってきて「ここにありますよ」と言った先はYAMADA SIM Powered By U-Mobileの最下部で目立たないところに置いてありました。

店員も気が付かないくらい存在感がないのか?と。

店舗での購入方法ですが、このカードをレジに持っていき、事務手数料3240円を支払うだけです。

店頭においてあるSIMカードは、一見3GBプラン、5GBプラン、音声通話付などの利用プランごとに売られているように見えます(パッケージに記載されている価格が違うので)。

しかし、よく見るとプランごとにSIMカードが売られているわけではなく、パッケージ左上に記載されているSIMカードのサイズごとにパッケージが分かれているだけなので間違えないようにする必要がありますね。

まあ、このSIMを購入する際には店員さんに声をかけて購入するほうが無難かもしれませんね(いくら事前調査したとしても)。

店員さんに聞いてみた YAMADA SIMのこと

YAMADA SIM PLUS については事前に念入りに調査をして利用には問題がないと確信していました。ただ、せっかく来たのでプロの意見も聞いてみようということでちょっとだけ会話しました。

Q YAMADA SIM PLUS って遅い?
A ゲームとか動画とか大容量のデータを使う場合は不向き。その時は自宅のWIFIを使ったほうがいいです。
(心の声)すいませんメイン回線で使おうと思ってるんですよね(苦笑)

Q 通信制限はないんですよね
A いや、あるはずです。(パッケージの表記をみながら)以前調べたときにどこかに書いてありました。
(心の声)ウエブサイトのよくある質問に「通信制限はない」と明記されてましたよ・・・

Q これはSIMを挿せばすぐに使えるんですか?
A インターネットでユーザー登録すればすぐに使えますよ
(心の声)おそらく日中なら1時間程度開通に時間がかかる模様(後述)

Q このYAMADA SIM 、とてもイイと思うのだけれども、ヤマダ電機としてはあまり推奨しないの(目立たないところに陳列してたし)
A このようなサービスを利用できる人は相応の知識が必要でトラブルになるケースもあるので・・・
(心の声)これ重要!

店員さん自身の説明は分かりやすくとても対応が良かったです!

さっそく設定

さっそく、YAMADA SIM PLUS を持ち帰って設定することとしました。基本的にはこの上図の流れに沿って手続きを行います。

まず必要なのはユーザ登録

まずは購入したパッケージに記載されているURLにアクセスし、ユーザ登録を行います。必要事項(住所、氏名、SIM電話番号、SIM製造番号など)を入力します。

SIM開通のメールが届く

このメールが届かないとAPNの設定を行ってもデータ通信はできません。慌てずにこのメールが来るのを待ちましょう。

APNの設定

そして端末にSIMを挿します。ワタシはモバイルルータに挿して使う予定なので、愛機であるAterm MR04LNのSIM2に挿入。SIM1にはすでにBiglobe SIMがささっている状態です。

あとは手順書に書いてあるとおりに設定を加えてあげれば完了です。

準備作業の注意点

設定作業自体はとても簡単で、問題なく接続可能なのですが、作業における注意点もあります。

会員登録を忘れずに

ヤマダ電機 ケイタイde安心

ヤマダ電機 ケイタイde安心
無料
posted with アプリーチ

YAMADA SIM PLUS の利用にあたっては、2%のYAMADAポイントが付与されます。YAMADAポイントをもらうためには「ケイタイde安心」ポイント、または「ヤマダLABIカード」が必要になります。ユーザー登録の際にはYAMADAポイントの会員番号の入力が求められます。まだ、入会していない人は事前にアプリをインストールしておいたほうが作業がスムーズになります。

時間帯によって開通メールの来る時間が遅い

YAMADA SIM PLUS のウェブサイトでユーザ登録したあとに送られてくる開通メールですが、ネット上は①約1時間程度、②以前は手業だったかもしれないが、最近はシステム的に対応しているといった情報もありました。

ワタシが作業したのは夜の11時ごろだったのですが、深夜12時になっても、1時になってもメールは来ません。結局開通メールが来たのは翌朝9時でした。やはり開通作業は朝9時から18時までの間のみ実施しているかもしれません。

使ってみての評価は?

ではさっそくSIM1に入っているBiglobe-SIMからSIM2に入れたYAMADA SIM PLUS に通信を切り替えてデータ通信を使ってみます。

切り換えた直後はネットワークエラーなどが発現しましたが、Aterm MR04LNの本体をリブートするときちんとネットワーク接続ができるようになりました。

とても感動したのは、これまで使ってきたBiglobe SIMと体感的な速度は全く変わりがない、という点です。

YOU TUBE の動画やAbema TVなどの動画視聴も全く問題がなく、データ通信使い放題、1日通信制限なし、月額2,480円という破格な値段設定・・・まさに神SIMと言っても過言ではないと思います。このまま安定的に使えることができれば、このままメーン回線として利用していく予定です。

で、実際に行った通信速度や使い勝手などについては次回レビューしたいと思います。

 

-YAMADA-SIM-Plus