輸入車

経済的自由を手に入れたら是非買ってみたい!New Smart 試乗レビュー スペックも

2017/02/03

先日のことですが、メルセデスベンツから販売されている小型自動車、スマート(smart forfour)を試乗する機会がありました。このスマート、テレビではARASHIの相葉クンがCM出演していた記憶があるヒトもあると思います。一方で街中でこのクルマをのっている姿を見たことがありません。

それもそのはず、メルセデスだけのこともあって、まさに小型でも高級車の部類に入るためです。そんなThe New Smartの試乗レポートを3日間に分けてお送りしたいと思います。

The New Smart 概要

smart forfourのタイプは3種類。smart forfour passion、smart forfour prime、smart forfour turboです。

車輌価格

本体車両価格は以下の表のとおりとなっています。

TYPE PRICE
smart forfour passion 2,160,000円
smart forfour prime 2,370,000円
smart forfour turbo 2,570,000円

ベースグレードのpassionで2,000,000円オーバー、ターボ付きで2,567,000円ですので、小型車の割はやっぱり高価な部類にはいります。

しかし、smartにはもうひとつ上のグレード「ブラバス」があり、これに色々オプションをつけると350万円オーバーになるとのこと。いやはや日本車ではSUBARUのXVやHONDAのベゼルなど買えてしまうぐらいの価格帯になります。

オプション

smart forfour turboにはオプションが容易されています。

ボディーカラーは以下のとおり。

アクセサリーでは以下のオプションが容易されています。

スペック比較

この3種類のsmart forfourですが、スペックを比較してみることにします。

項目 パッション プライム ターボ
トランスミッション 電子制御6速AT
駆動方式 後輪駆動
エンジン DOHC 直列3気筒
排気量 998cc
最高出力 71ps
最大トルク 9.3kg・m
ガソリン 無縁プレミアムガソリン
タンク 35リットル
車輌重量 1,010kg 1,040kg 1,060kg
最小回転半径 4.1m
定員 4人乗り
燃費 22.3km/L 22km/L
アイドリングストップ
全長 3,550mm
全幅 1,665mm
全高 1,545mm
ホイルベース 2,495mm
ラッゲジスペース 185~975リットル
前輪 165/65R15 185/50R16
後輪 185/60R15 205/45R16

スズキSwiftが3840×1695×1525ですから、軽自動車よりも大きく、スズキSwiftよりも小さい、といったイメージでしょうか。ターボ付きの場合、若干車両重量が重く、燃費も若干落ちます。

エクステリア

フロントデザイン

今回試乗車としてお借りしたのは、smart forfour turbo のミッドナイトブルー×ホワイトです。ボディカラーは選択可能で今回のミッドナイトブルー×ホワイトの組み合わせは有償オプション(34,000円)となります。いい天気のせいもあるのですが、ボディカラーが青く輝いていますね。

リアデザイン

リアのデザインはこんな感じ。決して安っぽくなく、可愛らしいデザインになっています。

サイドのデザイン

タイヤサイズは前輪185/50R16、後輪205/45R16です(写真は前輪)。

アルミホイールはブラックを基調としたデザイン。わんぱくなイメージでよく走りそうな雰囲気を醸し出しています。アルミホイールにもsmartのマークがプリントされているのが特徴ですね。

助手席側から見た写真。ドアミラーとAピラーはホワイトを基調としていて車両本体のミッドナイトブルーとのコントラストが特徴的でとてもキレイです。

BピラーにはPRIMEのワンポイントが施されていました。

エクステリアのまとめ

車体サイズはコンパクトながらエクステリアは決して安っぽくなく、洗練されたイメージがあります。テーマカラーのミッドナイトブルー×ホワイトはなかなかキレイです。ホワイトやブラックなどの単色が標準のボディーカラーですが、ドライブを楽しむコンセプトが売りのsmartならは有償オプションを払ってでも多彩なボディカラーを楽しみたいところです。

ところどころにはsmartのマークが施され、存在感をアピール。

しかし、このsmartですが、あまり街中で見かけることはありませんね。やはり値段が高いからでしょうか、それともワタシの住んでいるところが庶民的な地域だからかはよくわかりません。

以上でエクステリアの紹介を終わりますが、いかがだったでしょうか。写真で見るよりも現物はコンパクトながら存在感のあるフェイス。気になるヒトは是非一度本物を見ていただきたいと思います。

ということで次回は、smart forfourのインテリアを中心に振り返ってみたいと思います。

-輸入車