輸入車

経済的自由を手に入れたら是非買ってみたい!New Smart 試乗レビュー 室内の評価は?

2017/02/03

昨日から始まりましたThe New Smart の試乗レビュー。前回は、スマートのスペックや価格、そしてエクステリアを中心にお送りしました。今日は、スマートのインテリアを中心に見ていきたいと思います。

スマート自体は、軽自動車よりもサイズは大きいものの、スズキのスウィフトやイグニスよりも若干小さいサイズ。そんな気になるスマートの室内の様子をお送りします。

なお、価格表やスペック、エクステリアについてはこちらの記事をご覧ください!

経済的自由を手に入れたら是非買ってみたい!New Smart 試乗レビュー スペックも - うえけんの経済的自由を目指すブログ

前席はゆったり広々

後部座席からみた前席の様子。今回試乗したforfour turboの内容はブラックを基調としたデザインでした。

運転席のすわり心地はよし

まずは運転席に着差してみます。車高が高めなので車内にも入りやすいです。シートはsmart forfour turboは本革製が標準仕様。

シートは堅めですが座りやすいですし、白いスティッチとのコントラストもかっこいいですね。前席中央にあるのが肘置き。これが絶妙の位置に配置されていて運転の時にとても楽に感じました。アクセル・ブレーキはアルミ製で高級感があります。

ハンドルは標準仕様で本革巻き。にぎり心地も悪くないです。何やらボタンがいっぱいついていますが、なにを触るとどうなるか説明を聞かなかったのでいじれずじまいでした(残念)。

ハンドル中央部のスマートのマークは存在感がありますね。

インパネはシンプルで良し・・・しかし、カーナビは?

センターコンソールはエアコンなど最低限のスイッチに押さえられています。その分このマルチファンクションステアリングに機能が付されているのだと思います。

カップホルダーも標準装備。運転席・助手席から取り出ししやすい位置に設けられています。

センターコンソール上につけられたカーナビ。後付けと思いきやこれは純正オプション。パナソニック製のカーナビでバックカメラとセットで約12万円というもの。コンパクトカーでスペース的な制約もあるのだと思いますが、メルセデスのようなタブレットのようなモニターにはできなかったんでしょうかね。ちょっと残念です。

このカーナビの裏にハザードボタンがありまして、これを押そうとするとカーナビのモニターの裏を覗き込むような形になるのでちょっと操作しにくいかな、という印象もあります。

助手席の様子

運転席側からみた助手席の様子です。前席は特に狭さを感じさせることはありませんでした。助手席には細かい収納スペースがあります。

先ほど紹介したカップホルダーの下には助手席側から開けられる小物ケースがあります。

ダッシュボードの下にも収納スペースが。しかし、収納力は少々落ちますね。ドア側にも収納スペースがあります。

こちらも収納力はいまひとつでしょうか。まあ、小型車だけに仕方ない部分もあると思いますが。

後部座席のすわり心地は?

これだけコンパクトな作りになっているとやはり気になるのは後部座席のスペース。スペック的には4人乗りとなっていますが、実際に座ってみてどうなのか、気になるところです。

後部座席はやはり狭い!

運転席をワタシのドライビングポジションにあわせた状態で後部座席に座ってみました。上の写真のとおり両足のヒザがぴったりと前席のシートに触れてしまいます。また、ワタシの身長は170cmですが、頭部が屋根に触れる状態になります。背の低い方なら支障はないと思いますが、身体が少々大きいヒトは確実に窮屈に感じることでしょう。

また後部座席は窓全体を開放することはできませんで、上の写真のように空気を入れ替えできる程度の隙間が空くだけの仕様となっています。

後部座席から後方を望みます。ヘッドクリアランスの窮屈感は否めません。ただ、サンルーフが天井全体に設けられているので、天気のいい日はこれを全開してのドライブなら開放感は抜群なのでは、と想像できます(ワタシの場合は操作の仕方が分からなくて開けられなかった(涙))

収納部分は標準的

後部のトランクを開けてみます。思ったよりも広々していて間口も広いです。この状態で約185L分の荷物を収納することができます。また、後部座席を倒すことができ、このことで約975Lまで収納が可能です。

スズキのスウィフトでは通常で265L、後部座席を倒して579Lですから使い方によってはsmart forfourのほうが広々とした収納が可能になりますね。

インテリアのまとめ

 

スマートのインテリアについてまとめてみましたがいかがでしたでしょうか。実際に座席に座った感想としては、前席に座る分には問題はないのですが、後部座席はスペースがきつい、窓は開かない、カップホルダーは1つだけといった意味で快適性はかなり落ちます。

後部座席を倒すことで大容量の収納が可能であることから、最大でも2人乗りがベストなのではと感じました。

次回はスマートに試乗した様子をお送りします。

 

-輸入車