しがないサラリーマンがひっそりと経済的自由をもくろむブログ

ひと握りのお金とささやかな知恵で目指せセミリタイア

気になるポイント

2018年最も力を入れた節約方法をまとめてご紹介します

今年最も注力した節約方法とは

Alexas_Fotos / Pixabay

早いもので2018年も約1か月弱で終わり。今年一年色々なことがありました。

やはり一番ショックは株式市場が軟調に推移したこと。

株価が上昇して幸せだった時期は1月まで。そこから11か月間はとてもつらい時期を過ごしてきましたよ。

え、それはお前が下手だからって??

まあ、それはそうかもしれませんけどね、株でも儲からんし、できることと言ったら今年は仕事をちゃんとやって節約に努めることぐらいって思ったわけですよ。

ワタシにとっての節約術とは

ワタシが敬愛するよよよさんのような節約のプロの方には怒られるかもしれないけど、ワタシの節約方法は苦労しないでお金を節約することを優先に考えます

だから、食べたいものを我慢するとか、必要なものを代用で済ますとか。

そんなことは考えないんです。

節約志向を自慢げに、ペットボトルをコンビニで買うのはバカだ、とか言う人もいますが、

ワタシにとっては半人前の考え方。

ワタシだったら、知恵を絞って限りなく安くそのペットボトルのジュースを買う方法を考えるます。これがワタシの節約スタイル

節約方法は主に4つ。

  • ふるさと納税
  • 株主優待
  • クレジットカードやネットショップのポイント
  • ポイントサイト

まあ、定番ですが。

2018年はこの4つの方法を駆使して節約する方法が身についた年と言えます。

節約して感動した瞬間

先ほど述べた4つの方法を上手に駆使すれば、大きな支出を伴うことなく人並みの生活を送ることさえできます。そこで、2018年ワタシがこの4つの方法で感動した節約の成果をまとめてみます。

ふるさと納税でスキヤキ

いろいろと総務省からの通達で縮小傾向にあるふるさと納税。いろいろと問題はありますがフル活用したいところ。

特にワタシのような節約家にとっては、ふるさと納税の返礼品は日用品や食料などの日常の必需品で固めています

今年のふるさと納税はこのような状況になりました。

  • こだわりラ・フランス 5kg 10,000円(山形県寒河江市)
  • 佐賀県産“プレミアムさがびより” 100%一等米20kg 15,000円 (佐賀県大町町)
  • 宮崎県産若鶏6kgセット+手羽元1kg付き 10,000円(宮崎県高鍋町)
  • デコポン[約5kg] 10,000円 (和歌山県湯浅町)
  • みくまの彩選米20キロ(5kg×4袋) 10,000円 (和歌山県湯浅町)
  • 九州産 ふっくら厳選うなぎ 特上蒲焼き5尾 10,000円(佐賀県上峰町)
  • 黒毛和牛小間切れ切落し2.2kg 10,000円 (大阪府泉佐野市)
  • コシヒカリ20kg 10,000円 (茨城県河内町)
  • シャインマスカット 10,000円 (長野県高森町)
  • 不知火(しらぬい)6KG 10,000円(鹿児島県肝付町)
  • 旬の野菜定期便 6回配達(高知県須崎市)

中でも良かったのが泉佐野市の黒毛和牛小間切れ切落し2.2kgでした。

これを茨城県河内町の返礼品コシヒカリ20kgで食します。野菜は昨年ふるさと納税した高知県須崎市から届く旬の野菜定期便を使います。

これらで自宅でスキヤキを食しました。

牛肉がですね、とにかく美味いんですよ。身体も温まりますしね、こんなに美味しいものをほぼ無料で食べられるなんて…ありがたい世の中ですわ。

ふるさと納税で厳密な計算は難しいですが、ずいぶんと食費の節約につながっているはずです。

株主優待で節約

節約生活に外食なんてとんでもない、なんて発想も陥りがちです。

でも、たまには夕飯メニューをいつも考えているママさんの息抜きもさせてあげましょうよ。

ということでワタシの外食はいつも株主優待を使っています。特に重宝しているのはこちら。

  • すかいらーくグループ(ジョナサン、ガストなど)
  • ゼンショーHD(はま寿司、すき家など)
  • マクドナルドHD(マクドナルド)
  • WDI(かぷりちょーざ、ハードロックカフェなど)

マクドナルドの場合は、チケットを見せればセットメニューを自由に選べます。もちろん持ち出しはゼロ円。

ジョナサンではちょっと贅沢に朝食を。家族4人分の代金は端数の数百円だけ

会計のレジで株主優待を渡しながら、「こんなおいしい話ってありなの?」とありがたく感じています。

というかこの感覚に慣れてしまうと、外食でお金を払うこと自体がバカバカしくなってきちゃいます(←感覚がおかしくなってる)。

楽天ポイントで生活費を賄う

楽天市場は現時点でメインのネットショッピング。SPUも基本6倍でダイヤモンド会員でもあるので、お買い物マラソンなどのキャンペーンも駆使しながら、いつまにか楽天ポイントがガシガシ貯まっていきます。

この秋からは楽天西友ネットスーパーも開始となり、スーパーへの買い物も楽天ポイントを使うことができるようになりました。

また、楽天ペイなどのバーコード決済も使えるので基本コンビニでも楽天ポイントを消化することができます。

楽天ポイントで生活費にあてがえることができるようになったので、さらに節約に繋がりますね。

現金をできるだけ使わないことが習慣化されれば、苦労することなくお金が貯まる仕組みが自然に確立されていきます

ポイントサイトでただでプリンスホテルに泊まれた

先日軽井沢に行ってきたんですよね。1泊は軽井沢プリンスホテル、もう1泊はホテルグリーンプラザ軽井沢。

2泊ともホテル代は無料でした(笑)

ホテルグリーンプラザ軽井沢は、楽天ポイントの期間限定ポイントが有効期限切れになりそうだったので楽天トラベルで予約。

軽井沢プリンスホテルは、ポイントサイト「モッピー」で貯めたポイントをゲットマネー経由でプリンスポイントに交換。1万円分のプリンスポイントで軽井沢プリンスホテルウエストの宿泊券をいただいた、というわけ。

日常生活で節約を徹底しても、やはり限界ってあるんです。

その中で何を節約しようかと考えたとき、

大きなお金がかかるのは家族旅行だと気付いたんですよね。

かと言って節約のためにグレードの低い旅行もしたくないですし。

こんなやり方で本当に無料で宿泊できるのか?と不安になりましたけど、本当にちゃんと旅行できました。

プリンスホテルでも他のお客さんと同じ待遇をしてくれました、タダで泊まっているのにね

もちろん、家族からの評価もバツグン。

いやあ、このモッピーを使ったこの方法は本当におススメですよ。

モッピー!お金がたまるポイントサイト

2019年も攻める節約を続けていきます

ということで、2018年の節約状況についてまとめてみました。

どれもこれも使える節約方法なので、まだ一度も試してみたことがないひとは一度チャレンジしてみることをおすすめしますよ。

ただ、一点注意点があります。この情報はあくまで2018年12月現在という点です。

キャッシュレス化についても、最近はPayPayとかKhashとか新しいサービスが始まりつつあります。また、株主優待の改悪、ふるさと納税の返戻金規模縮小などなど、こうしたお得な情報は時間とともに変化しています

ワタシもこうしたお得な情報に乗り遅れることなく、楽しく気楽な節約方法を続けていきたいと考えます。

関連記事です。

ふるさと納税自体縮小傾向にあります。年末にかけて早めのチェックを。

直近に受け取った株主優待です。優待クロスなどもうまく組み合わせながら上手に節約したいですね。

プリンスポイントを無料でゲットできたのはDMM.COMの口座開設にありました。詳しくはこちら。

-気になるポイント