しがないサラリーマンがひっそりと経済的自由をもくろむブログ

住宅ローンを背負った安月給の平凡なサラリーマンが、経済的自由を夢見て邁進する姿を淡々と書き綴るブログです

マイカー

アルミホイールを簡単に洗浄するためにお勧めしたい3つの小道具

2017/05/17

えっと、今日はマイカーの話です。

20151213_005

愛すべきマイカー、Mercedes-Benz sport 4matic。購入して約2年、日ごろメンテナンスするなどして気を配って運転してきましたが、ところどころ細かい汚れも目立ってきました。洗車で特に汚れがひどいのがアルミホイール。輸入車のせいもあって、ブレーキダストが本当にたくさんたまるんです。

これをなんとか簡単に洗浄できないか、と考えました。

現状の様子

最近のMercedes-Benzの純正アルミホイールは、こうしたブレーキダストを目立たせない仕様と想定しているのが、ブラックを基調にしたデザインとなっています。

img_2021

赤いキャリパーがかっこいいんですよね(自画自賛)。ただ、ブラックを基調としたとはいえ、汚れは落ちているほうがより美しく映えるもの。実際にアルミホイールを一本洗うだけでこんな汚れが出ます。

20161030_003

もう真っ黒。これ一本分ですからね。

これまでの洗浄方法

20161030_005

これまでの洗い方と言えば、アルミホイールに水をホースでぶっかけて、ぼろ布でアルミホイールを拭く方法。この方法だとアルミホイールの表面など目に見える部分は洗えるのですが、アルミホイールの奥やキャリパー部分などはスペースがなく手が入らないので洗える範囲に限界があります。

ディーラーの営業や工場長に聞いても、「あまりむきになって洗うと手にケガしますよ」なんて諭されましたけど、やっぱり車は足元からきれいにしたいものですよね。

楽天市場で購入した3つ洗浄道具

そこで簡単にアルミホイールをキレいにできる方法はないのか、と色々ネットで調べて見ました。その結果、いかに紹介する道具を購入することがもっともてっとり早く、コストもかからずにキレイにできると判断し、ネット通販で購入することとしました。

SONAX ブレーキダストクリーナー

素材に優しい鉄粉除去成分を配合したSONAXのホイルクリーナーを購入しました。ホイルクリーナーによっては、アルミホイールにこびり付いた汚れを落とすためにアルミホイール表面の素材にキズをつける成分も含まれている製品もあるようです。

img_20161024_184203

このSONAXブレーキダストクリーナーはドイツ製で成分ももっとも優しいとのこと。ネット上での口コミも悪くありません。パッケージもいかにも効きそうな気がしますね!

アルミホイールにこのクリーナーを吹きかけるとブレーキダストが流れだしてくるので、これをふき取る作業だけでキレイになるとのことです。価格も安いので手洗いの労力を考えれば安いものですねえ。

奥まで洗えるブラシ

img_20161024_184252

ホイールクリーナーで洗浄した後は、水で流すなり、ブラシでこするなどの必要もありそうです。そこで購入したのがこちらの商品。

持つところも微妙な角度が付いていて、アルミホイールの狭いスペースもうまい具合に置くまでスポンジが届くという優秀な代物。ネット通販でも十分に安いのですが、ホームセンターなどでまとめ買いしたほうが安い、という口コミもありましたので、実店舗に行ってこの商品を探してみる、というのも悪くないと思います。

 SONAX タイヤクロスゲル250

img_20161024_184140

またまたSONAX製品です。アルミホイールをきれいに洗ったら、やはりタイヤ部分も美しく保ちたいもの。そこで購入したのがこちらの商品でした。

まあ、いわゆる「タイヤ真っ黒」の類の商品と同一です。ただし、これまでのタイヤ部分の洗浄は泡状のものばかりでしたが、この商品はゲル状であるところが大きく違います。スプレー泡状タイプよりもしっとりとツヤも出てくるとの評判です。そもそも、アルミホイールを洗浄する目的でしたが、あまりに評判が高いのでついで衝動買いしてしまいました。

で、さっそくお試し・・・が

img_2359

秋口にともあって、なかなか天気が恵まれず、買った商品はリビングの飾りと化しています。早くいい天気になって、このタイヤ洗浄を試してみたいところ。

その驚異の威力はこちらの記事に更新しました。よろしければご覧ください。

 

-マイカー