マイカー

初めての輸入車!アルミホイールを簡単キレイに洗浄するためにお勧めしたい3つの小道具

今日は、マイカーのアルミホイールを洗浄する方法についてご紹介します。

このブログの中にも…

ワタシ

初めて買ったドイツ車、アルミホイールがブレーキダストで真っ黒になっちゃうんだよ~(悲)

金持ち父さん

どうすれば、アルミホイールをキレイに保てるのか、だれか教えてよ~

今日はそんな声にお応えします。このブログを読めば…

  • 簡単にアルミホイールの洗浄が可能になります。
  • もちろん、自分で時間をかけずにできます。
  • しかも料金は数千円で済みます。

みなさんも、せっかく買ったかっこいいマイカー。知人や家族から、さすが輸入車はかっこいいね~なんて言われてみたいですよね。

タイヤやアルミホイールをキレイに洗浄するだけで、不思議とカッコよく見えるんです。

アルミホイールを洗浄する3つのツール
  1. SONAX ブレーキダストクリーナー
  2. 奥まで洗えるブラシ
  3. SONAX タイヤクロスゲル250

どれもネットで買えるものばかり。しかも値段も数千円と激安。この3つの道具を駆使すれば、あなたのマイカーは新品同様に蘇ります。

それではひとつひとつご紹介していましょう!

現在のホイール洗浄のやり方

ブレーキダストの様子

まず、細かい商品をご紹介する前に、現状のハウスダストの様子を確認しておきましょう。

こちらが愛すべきマイカー、メルセデスベンツA250スポーツ4maticです。

img_2021

赤いキャリパーがかっこいいんですよね。

最近のMercedes-Benzの純正アルミホイールは、こうしたブレーキダストを目立たせないように、ホイールの内側の部分はブラックを基調としたカラーになっているんです。

ただ、ブラックを基調としたとはいえ、アルミホイールの全面の汚れはどうしても目立ってしまいます。実際にアルミホイールを一本洗うだけでこんな汚れが出ます。

20161030_003

もう真っ黒。これアルミホイール一本分ですからね。

これまでの洗浄方法

20161030_005
これまでの洗浄方法
  • アルミホイールに水をホースでぶっかける
  • ぼろ布でアルミホイールを拭く
  • できる範囲で、ホイールの内側も拭く

この方法だとアルミホイールの表面など目に見える部分はキレイになります。

でも、アルミホイールの奥やキャリパー部分などはスペースがなく手が入らないので洗える範囲に限界があります。

金持ちさん

ブレーキが尖ってて、手が切れそうで嫌なのよね。

ママさんドライバー

手も汚れちゃうし、嫌になっちゃうわよね~

ディーラーの営業や工場長に聞いても

工場長

あんまりムリすると手に怪我しますよ。

ただ、マイカーだけあって車は足元からきれいにしたいものですよね。

洗浄するために購入した3つ道具

そこで簡単にアルミホイールをキレいにできる方法はないのか、と色々ネットで調べて見ました。

その結果、もっともてっとり早く、コストもかからずにキレイにできると洗浄道具を3つ発掘したのです。もちろん、どれも、ネット通販で購入することができますから超おすすめですよ。

ソナックスってどんなメーカー?

SONAXというメーカーを聞いたことがない人も多いと思います。

SONAXはドイツのメーカー。100年以上前から銀磨きをルーツとしている伝統あるブランドなんです。

カー用品としては1950年頃から販売を開始。高品質で有名で、メルセデスのほか、BMW、ポルシェなどの欧州の一流メーカーで純正採用されている実績もあるんです。

ベンツ乗り

そんな有名メーカーの高品質な洗浄剤なら、マイカーもキレイになるはずだね。

SONAX ブレーキダストクリーナー

img_20161024_184203

素材に優しい鉄粉除去成分を配合したSONAXのホイルクリーナーを購入しました。

このホイルクリーナーはとにかく強力。

アルミホイールにスプレーするだけで、ブレーキダストが分解されて、アルミホイールから流れ落ちて行きます。

ネットではこんな声も聞かれています。

ベンツ乗り

カーシャンプーで洗うよりは全然キレイになっていいよー。しかも1000円で買えてしまうんも嬉しい

ベンツ乗り

いろいろとホイール洗浄剤を試してみたけど、これが一番よく落ちるね。

アルミホイールにこのクリーナーを吹きかけるとブレーキダストが流れだしてくるので、これをふき取る作業だけでキレイになると評判です。

価格も安いので手洗いの労力を考えれば安いものですねえ。

奥まで洗えるブラシ

img_20161024_184252

ホイールクリーナーで洗浄した後は、水で流すなり、ブラシでこするなどの必要もありそうです。そこで購入したのがこちらの商品。

ホイールクリーナをアルミホイールに吹き付けた後は、ごしごしとこするとよりキレイになります。

ただし、手が届かないところこそ汚れがたんまり溜まるもの。そこで便利なのが、この奥まで洗えるブラシです。

持つところも微妙な角度が付いていて、アルミホイールの狭いスペースもうまい具合に奥までスポンジが届くという優秀な代物。

ネット通販でも十分に安くて数百円です。

 SONAX タイヤクロスゲル250

img_20161024_184140

またまたSONAX製品です。アルミホイールをきれいに洗ったら、やはりタイヤ部分も美しく保ちたいもの。

まあ、いわゆる「タイヤ真っ黒」の類の商品と同一です。

ただし、これまでのタイヤ部分の洗浄は泡状のものばかりでしたが、この商品はゲル状であるところが大きく違います。

ゲルを塗り込むように吹いていくと、タイヤにしっとりとツヤも出てくるのです。

そもそも、アルミホイールを洗浄する目的でしたが、ついでにタイヤ部分まで掃除すると、足回りがシャキッと引き締まってキレイさに差が出てきます。

最後に

img_2359

ということで今日は輸入車のアルミホイールに付着するブレーキダストをキレにするにはどうすればよいか、についてまとめてみました

よめちゃん

じゃあ、実際にやってみたらどれぐらいキレイになるのか試してみてよ。

もちろん、実際に使ってみてこれはコスパもよく、手間もかからずに、そしてプロ並みにタイヤをきれいにできることが分かりました。

その結果は後日にでも。

追記:以下のとおり実際に使ってみた様子をレビューしました。よろしければどうぞ。

アルミホイールは鉄粉除去剤でホントにきれいになるのか試してみた 冷たい雨が続いた11月のある休日。やっと都内にも温かい秋晴れに恵まれました。 ということで、やり残したことと言えばわが愛車の洗車...

 

ABOUT ME
しがないサラリーマン
しがないサラリーマン
しがないサラリーマンがひそかに経済的自由を目論むブログの管理人。メインテーマは、日本株、米国株投資のほかインデックス投資の資産運用や節約情報、ガジェット関係。 運用資金は生活費の節約。スマホなどの節約情報からクレカ、ポイントサイト、ふるさと納税、株主優待クロスに挑戦中。 ブログは雑記ですが、毎日更新が目標。実体験に基づき本当にイイものはイイ、悪いことは悪いことと主張するのが信条です。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください