しがないサラリーマンがひっそりと経済的自由をもくろむブログ

ひと握りのお金とささやかな知恵で目指せセミリタイア

アウトドア

【お出かけマップ】初心者でも安心!都内から近い格安オートキャンプ場まとめ

2019/10/10

ファミリーでオートキャンプなどはいかが?

今日はオートキャンプのメリットについて考えてみます。

最近の我が子、小学生になるとスマホやニンテンドースイッチをいじることを覚えましてね。

ワタシ
もう少し自然と触れ合うような体験をさせたいものだな~

 

そんなこと思い、今回オートキャンプに出掛けることになりました。ワタシもオートキャンプ自体初めての経験ですので、分からないことだらけでした。

でも調べているうちに、オートキャンプの良いところとかキャンプ場の選び方のコツがわかってきました。

特にアウトドアに慣れていない、でもオートキャンプを体験してみたい、という方にお役に立てるのではないかと思います。

今日のテーマ
  • オートキャンプ場ってどんなところ?
  • オートキャンプ場のメリット
  • オートキャンプ場の選び方
  • 初心者にお勧めの首都圏から近いオートキャンプ場

ご興味ある方は続きをどうぞ~

オートキャンプとは何か?

オートキャンプとは、車を乗り入れて楽しめるキャンプのことを言います。

場合によっては、コテージやバンガローもオートキャンプの意味に含められるようで、厳密には車を使って行うキャンプすべてのことをオートキャンプと呼ぶようです(一般社団法人全国オートキャンプ協会より引用)。

全国には1200以上のオートキャンプ場があり、オートキャンプ世界大会なんていうのも開催されているらしいです。

ヨメ
今年(2019年)は福島県で開催されるらしわよ

 

オートキャンプのメリット

では、オートキャンプのメリットはどこにあるのでしょうか。

  • 車用のスペースが確保され、利用できる区画が区切られる
  • トイレ、シャワーなどの設備が整備されている
  • キャンプ用品の貸し出しや食材の提供も受けられる
  • 小さな子供がいても安心
  • 都会では味わえない自然体験ができる

一言で言えば手ぶらに近い状態でキャンプが楽しめてしまうのです。

悪友
そんなのちっともキャンプじゃないやん

 

まあ、そう思う方もいるかもしれません。

でも、最初はだれもが初心者です。また、私たちのような小さい子どもがいても安心して楽しめる、それがオートキャンプ場のメリットなのです。

都内から近いオートキャンプ場5選

それでは、初心者でも安心して利用できる数あるオートキャンプの中からワタシが5つ選んでみました。選んだ基準は以下のとおりです。

初心者向きのオートキャンプの選び方
  • 都内から車で2時間以内であること
  • 車の乗り入れができるオートキャンプであること
  • AC電源が確保されていること
  • 入浴施設が近くに完備されていること
  • トイレ、水道、炊事場などが確保されていること
  • できるだけ値段が安いこと

上記基準のうち、AC電源とは何か、というと、オートキャンプ場の区画には電源を提供してくれる区画があるんです。これがあると、コンセントを接続して電気製品を使ったり、

それでは行ってみましょう!

 

秩父彩の国キャンプ場

秩父にある自然豊富なオートキャンプ場。近隣には岩場があり、川遊びもできます。

山深い場所に位置し、夏場でもさわやかな風を感じながらキャンプできるなどととても評判です。

また、値段もほかのオートキャンプ場に比べると安く設定されています。岩風呂は予約制で家族全員で入れるのも安心です。

難点を言うと、交通アクセスが悪いこと、近隣にはコンビニなどの店舗がないことが挙げられます。

住所埼玉県秩父市浦山3236-10
価格(1区画)1泊4700円~(AC電源付き)
その他、中学生以上520円、小学生310円、3歳以上100円、3歳未満0円
施設内露天風呂、売店、レンタル用品
公式HP秩父彩の国キャンプ場
http://www2.tba.t-com.ne.jp/sainokuni/index.htm
予約の取りやすさ ★★★★☆

フォンテーヌの森キャンプ場

都内から常磐自動車道で約1時間。つくば市にあるフォンテーヌの森キャンプ場がおすすめです。とにかく、ここ、予約が取りにくいです。

水道、水まわりはキレイと評判。また、オートキャンプ場には珍しい家族風呂もあります。予約制のため、時間が遅いと使えないことがあるので注意が必要です。

雑木林が多く、カブトムシが取れるなど自然はいっぱい。逆に夏場は虫が大量に発生するので、BBQ中は虫との闘いとの口コミも。虫に慣れていない子供たちにはちょっと抵抗があるかもしれません。

客層の多くがファミリーなので比較的マナーが良いと評判。

サイト内には、AC電源付きのほか、水道付きの場所もあり、使い勝手もよいのがメリット。

住所茨城県つくば市吉瀬1247-1
価格(1区画)1泊5500円(AC電源付き)
  6000円(AC電源+水道)
その他、大人600円、子供400円の入場料が必要
施設内様式トイレ、風呂、遊具(小学生まで)
公式HPフォンテーヌの森(つくば市)
https://fontaine-no-mori.com/
予約の取りやすさ ★☆☆☆☆

ホウリーウッズ久留里キャンプ村

千葉県君津市にあるオートキャンプ場の中からおすすめは、ホウリーウッズ久留里キャンプ村。

メリットは何よりアクセス。都内からアクアラインを経由すれば、約1時間で到着できてしまう点。

オートキャンプ場の区画には予約時に希望すれば AC電源をある区画をキープしていただけます。

ネットの口コミによると評判がいまひとつの部分もあるようで…。

  • 炊事場、トイレは混雑している
  • トイレはそんなにきれいではない
  • 森の中だけあって虫が多い
  • ルールが厳しい
  • 値段が高い

どうやらキャンパーと管理人とマナーの面でトラブルになったこともあった模様でdisられた評判である可能性もある。

都内から近いこともあって、混雑時には使い勝手の悪さも少々覚悟しておいたいいかもしれません。

あと、オートキャンプなのに1泊7000円とやや高く、かつ6人以上は一人1500円料金が上乗せされるシステムとなっているので、家族以外の友人などと一緒に行く場合には料金確認を入念にしておいたほうがベターです。

住所千葉県君津市芋窪282
価格(1区画)1泊5名まで6000円(ハイシーズン7000円)
6名以上は1500円/人追加
施設内様式トイレ、風呂、遊具(小学生まで)
公式HPホウリーウッズ久留里キャンプ村
https://holywoodscamp.jimdo.com/
予約の取りやすさ★★★☆☆

九十九里浜シーサイドキャンプ場

九十九里浜沿いにある九十九里浜シーサイドオートキャンプ場もおすすめ。都内からは首都高速約1時間40分程度かかるなど若干遠いせいか比較的予約も取りやすいです。

オートキャンプ場から徒歩圏に海があり、海釣りを楽しめるほか砂浜ではカニを捕まえることもできるとか?

オートキャンプ場自体も区画がしっかり整備されているほか、トイレ、炊事場などキャパも十分。そして、うれしいのは敷地内に露天風呂やシャワーがある点。

デメリットとしては、やや価格が高いこと、そして、海沿いなので天気が悪い日などはコンディションにもろを影響を受けてしまう点、成田空港が近いために騒音が気になるという声も。

住所千葉県匝瑳市野手17146-935
価格(1区画)1泊2000円(ハイシーズン7000円)
別途大人2000円、子供800円必要
施設内洋式トイレ、露天風呂あり
公式HP 九十九里浜シーサイドオートキャンプ場
https://www.kujukuri.co.jp/
予約の取りやすさ★★★★☆

長井海の手公園ソレイユの丘

ソレイユの丘は横須賀市が設立した市営の公園にできたオートキャンプ場。首都圏からは、首都高横羽線から横浜横須賀道路を乗り継ぎ、約1時間40分ほどで到着できます。

このメリットはやはり市営だけあって料金が安いこと。

オフシーズン5500円(デッキがない場合は5000円)で人数による追加料金などは発生しません。

また、施設内には大きなレストランのほか、遊園地、レンタサイクルなどもあり、オートキャンプだけではなく、様々なアミューズメントを体験できます。

園内はトイレが完備されているほか、施設内に入浴施設もあります。

設備面では特段問題は見当たらないのだが、一番のデメリットはとにかく予約が取りにくいことであろう。早めに計画を立てて事前予約に漏れないように注意が必要だ。

住所神奈川県横須賀市長井4丁目
価格(1区画)1泊5500円(ハイシーズン7000円)
別途大人2000円、子供800円必要
施設内洋式トイレ、風呂、アミューズメント施設、動物園あり
公式HP 長井海の手公園ソレイユの丘
https://www.seibu-la.co.jp/soleil/camp
予約の取りやすさ★☆☆☆☆

最後に

ということで、今回はオートキャンプ場の選び方についてまとめてみました。

調べてみると、一言でオートキャンプ場と言っても細かいところに違いがあることが分かります。公式ホームページやネットの口コミなどを参考にしながら、ベストなオートキャンプ場選びにチャレンジしてみてください。

また、先日は、キャンプ場で小学一年生が行方不明になる事故が山梨県で起こりました。人の手が入ったキャンプ場とはいえ、相手は自然です。万全な準備が必要であることは言うまでもありませんね。

-アウトドア