しがないサラリーマンがひっそりと経済的自由をもくろむブログ

ひと握りのお金とささやかな知恵で目指せセミリタイア

高配当ファンド(LTI_FUND)

為替リスクにも負けない!ワタシが米国株に投資する理由

2018/06/20

米国株と日本株とどちらが有利?という議論

ワタシは米国株にも日本株にも投資をしています。

よく米国株と日本株とどちらが有利か?みたいな議論があります。しかし、ワタシがいつも思うのは、どうして常に対立軸で議論を進めることになるのか、という疑問です。

日本株だっていいところもあれば悪いところもあり。米国株だって同様。魑魅魍魎(ちみもうりょう)な株式市場では、お互いのデメリットを補完し合うことだってあるわけです。

米国株はリスクが高い?

とは言え、米国株は難しいし、為替リスクだってある、と米国株に抵抗を感じる方も少なくありません。ワタシは配当金を複利で運用する長期投資を実践しているところですが、ワタシが考える米国株による長期投資の魅力を簡単にまとめてみます。

連続増配銘柄が多い

高配当投資においては、減配されることなく長期に渡り配当金を受け取れることが大切です。米国株には50年以上に渡り増配している銘柄がゴロゴロあります。

参考までに45年以上連続増配している銘柄リストを挙げておきます。

Name Symbol Yrs Price Yield
3M Company MMM 60 201.10 2.70
ABM Industries Inc. ABM 51 28.34 2.47
Altria Group Inc. MO 49 55.94 5.00
American States Water AWR 63 56.22 1.81
Becton Dickinson & Co. BDX 46 226.83 1.32
Black Hills Corp. BKH 47 56.54 3.36
California Water Service CWT 51 39.75 1.88
Cincinnati Financial CINF 58 70.35 3.01
Coca-Cola Company KO 56 43.35 3.59
Colgate-Palmolive Co. CL 55 62.67 2.68
Commerce Bancshares CBSH 50 65.23 1.44
Computer Services Inc. CSVI 46 48.90 2.53
Connecticut Water Service CTWS 48 64.32 1.92
Dover Corp. DOV 62 77.87 2.41
Emerson Electric EMR 61 71.34 2.71
Farmers & Merchants Bancorp FMCB 54 692.00 1.99
Federal Realty Inv. Trust FRT 50 118.40 3.37
Genuine Parts Co. GPC 62 93.16 3.09
Gorman-Rupp Company GRC 45 33.41 1.49
H.B. Fuller Company FUL 49 52.10 1.19
Helmerich & Payne Inc. HP 45 63.43 4.41
Hormel Foods Corp. HRL 52 36.08 2.07
Johnson & Johnson JNJ 56 121.47 2.96
Kimberly-Clark Corp. KMB 46 101.36 3.94
Lancaster Colony Corp. LANC 55 126.02 1.90
Leggett & Platt Inc. LEG 46 41.90 3.62
Lowe's Companies LOW 55 97.83 1.67
Middlesex Water Co. MSEX 45 44.61 2.00
MSA Safety Inc. MSA 46 95.88 1.58
National Fuel Gas NFG 47 52.52 3.16
Nordson Corp. NDSN 54 127.79 0.93
Northwest Natural Gas NWN 62 59.65 3.16
Nucor Corp. NUE 45 65.39 2.32
Parker-Hannifin Corp. PH 62 173.29 1.75
PepsiCo Inc. PEP 46 100.22 3.70
PPG Industries Inc. PPG 46 102.73 1.75
Procter & Gamble Co. PG 62 74.47 3.85
S&P Global Inc. SPGI 45 201.28 0.99
SJW Corp. SJW 51 61.87 1.81
Stanley Black & Decker SWK 50 141.32 1.78
Stepan Company SCL 50 74.78 1.20
Sysco Corp. SYY 48 65.51 2.19
Target Corp. TGT 50 76.03 3.26
Tennant Company TNC 46 80.82 1.03
Tootsie Roll Industries TR 52 29.40 1.22
Universal Corp. UVV 47 66.40 4.51
Vectren Corp. VVC 58 70.75 2.54
VF Corp. VFC 45 82.52 2.22
W.W. Grainger Inc. GWW 47 310.52 1.75
Wal-Mart Inc. WMT 45 84.87 2.45

株価は2018年6月4日現在

赤字の3銘柄はワタシも投資している銘柄です。過去リーマンショックを含めて様々な経済危機が発生したにもかかわらず増配を続けている銘柄は、今後も増配を続けてくれるだろう、という信頼感があります。

特に米国株は世界規模で独占的な企業もたくさんあります。こうした会社に投資することで、安定的に配当金を受け取れることができると考えます。

米国株は為替リスクがあるから怖い?

確かに米国株には、株価変動リスクだけではなく為替リスクも気になるところ。確かに株価が上昇しても、円高が進んでは含み益が相殺されてしまう場合もあります。

ただ、長期的にみると為替リスクはそんなに怖くありません

ワタシは現在米国債にも投資しています。投資から約10年程度経過しているのですが、当時約34万円程度、利回り4%程度で購入しました。当時のドル円は123.40円ですから、現在よりも約10%超円高が進んでいる状態です。

にも関わらず、評価損益は20万円以上。為替リスクもしっかり吸収しています。

詳細はこちらをご覧ください。

連続増配銘柄に投資することで利回りも上昇する可能性も高いことから、長期的には為替リスクにもまけない投資リターンを期待できます。

理想的な米国株投資の投資法

クリックすると拡大します

前述した45年連続増配銘柄ですが、気になる点は全体的に配当利回りが低いことです。しかし、これらの銘柄が一時的な業績の不振や閑散とした株式市場の出現により、配当利回り4.4%を下回ることがあります。その時が投資のチャンスです。

ワタシが購入したもののうち、EMRとTGTは一時株価は低迷したものの、今では株価も復活。高配当利回りと含み益と二重の利益を手にすることができるというまさに理想的なリターンを得ることができています。Altria Groupも今は含み損ですが、今後EMR,TGTのような展開になることを期待しています。

上記リストのうち、ワタシはKO,HP,KMP,PEP,PGあたりを次の投資候補として注目しています。

米国株で成功するためにも、先ほどの45年間連続増配リストを参考にしていただきたいと思います。

今後も米国株運用を強化していきます。

ということでワタシなりに魅力を感じている米国株の高配当投資についてまとめてみました。

米国経済は順調で現在利上げ局面にあります。株式市場も今後波乱含みの展開も予想されますが、株式相場が弱くなった時こそ長期投資家の出番です。

みなさんも今のうちから米国株にチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

 

 

-高配当ファンド(LTI_FUND)