しがないサラリーマンがひっそりと経済的自由をもくろむブログ

ひと握りのお金とささやかな知恵で目指せセミリタイア

関連銘柄投資法

【個別銘柄運用】日本株が急落する中、ワタシが行った投資行動を振り返る

8月は暴落で始まった!

7月最終週は堅調だった日本株ですが、8月に入って急落しました。

日経平均、TOPIXとともに、NYダウも700ドルを超える下落があったその日、さすがのワタシも恐怖を感じました。

それでも、中小型株を中心に運用する我が家のファンド(通称「しがないファンド」)は、なんとか前月比-0.75%で踏みとどまることができました。

今年はホントに波に乗れないなあ…

なんて思っている人もいるかもしれません。 この週のわが「しがないファンド」の運用において注意した点をまとめておきたいと思います。

日本株概況

ということでまずは各種インデックスの値動きを確認しておきます。

7/31終値8/9終値騰落率%
日経平均21,521.5320,684.82-3.89%
TOPIX1,565.141,503.84-3.91%
しがないFナイショナイショ-0.75%

一時は4%を超えたマイナス幅もありましたが、8/9時点で若干値を戻して前月末比-3.91%となっています。

しがないファンドの資産額は…秘密と言うことで(笑)

日経平均株価
TOPIXの株価

特に8月6日(火)はちょっとヒヤリとしましたね。

前夜のNYダウが700ドル以上も下落した翌朝の出来事でした。ただ、この日以降、日経平均・トピックスともに下げ渋り若干株価は回復しています。

月末以降、今日までワタシが感じたこと

geralt / Pixabay

なぜ、このクソ株たちを早めに処分しなかったのか?

想定どおり良い決算が出たにも関わらず株価は振るわない銘柄を抱え込んでしまっていました。

そんな時に限って、地合いが悪くなると値動きの悪い銘柄はさらに大きく下落する傾向があります。

ワタシ
ああ、なんで早く売っとかなかったんじゃろお~

 

そう、売ったあとに上がるんじゃないか、とか、きっとそのまま持ち続ければ上がってくれるはず、という根拠のない理由でもって持ち過ぎてしまうというのがワタシの悪い癖です。

この銘柄を保有し続ける理由は何かを自問して行動

ということで、ワタシが起こした行動とは、なぜワタシがこの銘柄を持っているのか、ということを改めて自問自答することでした。

その結果、起こした行動は以下のとおり

  • 決算は想定どおりでも株価が大きく下げたもの=売り
  • 株価は下げたけど、次の決算まで株価上昇が期待できるもの=ホールド
  • 地合いに釣られて下落も好決算だった銘柄=買い

なんかね、下がった銘柄をさらに下で売るのって勇気がいるというかバカバカしい感じなんですけどね。これも良い銘柄にシフトするためのみかじめ料みたいなものですな。

具体的な売買状況

ということで実際に売買した銘柄をまとめておきますと、

期日銘柄売買株価理由
8/5イワキ(8095)売り459円2Qが想定どおりの内容
8/5アドソル日進(3837)買い1826円ファンダ良好
8/5MCJ(6670)買い750円1Q好決算も下落したため
8/5FPG(7148)買い926円3Q好決算も下落したため
8/5いであ(9768)買い1197円1Q良好も下落したため
8/6ヤマト(1967)買い666円1Q良好も下落したため
8/6 日本MDM(7600)買い1711円1Q良好も下落したため
8/7レッグス(4286)売り1909円2Q良好も下落したため
8/7フューチャー売り1757円2Q平凡で株価下落売り
8/7ワークマン買い5247円1Q両行も下落したため
8/9SBS-HD売り1536円 2Q平凡で株価下落売り

とにかく日本株が軟調に推移したため、ここは好業績銘柄を購入するために、株価上昇の楽しみがなくなった銘柄を売って、上昇が期待できる新規銘柄に乗り換えを行いました。

具体的には、決算発表済みのイワキ、フューチャー、SBS-HDを売り。株価天井から10%下落して売却ラインを割ったレッグスを売り。

1Qの内容の良かった日本MDMとヤマトを新規買い。ワークマン、MCJ、アドソル日進あたりを買い増し。いであは追加購入も決算発表で被弾。ただ、決算内容は悪くないと見て保有継続です。

なお投資理由はこちらにもまとめてありますので是非ご覧ください

暴落対策は暴落前から心がける

暴落対策と言って暴落してから対策を取っても株式市場では遅すぎるんです。

地合いが暴落局面に入る前に、個別の投資判断に基づく売買を徹底しておく、というが大事であると感じます。

決算発表の内容で投資診断を下す。そのときの株価、今後上がるかどうかという予測は不要なのである。

日ごろから暴落対策を怠らなければ、暴落局面で売りたい銘柄を抱え込むストレスからも解放されるし、良い株が下がってきたところで新規買い・買い増しができる、というメリットが出てきます。

このあたりはワタシも反省だな…

最後に

ということで8月上旬に起こった日本株の暴落について、ワタシが感じたことと行動内容をまとめてみました。

株式投資ってつくづくメンタル勝負だな、と思います。

また、運や流れをつかむためには、日ごろからマイルールを徹底することが必要なんだな、と痛感します。

メンタルや銘柄選別の選球眼を磨き、今後も資産運用に頑張っていきたいと思います!

それでは今日はこの辺で。

 

-関連銘柄投資法