しがないサラリーマンがひっそりと経済的自由をもくろむブログ

ひと握りのお金とささやかな知恵で目指せセミリタイア

資産運用今後の方針

【高配当株投資】コロナショックに見る長期投資の問題点と今後の戦略を考える

株価は相変わらず波乱含みの展開へ

我が家では、長期的な視点に立って、配当金を再投資して運用する高配当ファンドを自前で運用しています。

昨今の暴落相場を経験して、高配当株投資の課題・問題点、ルール化すべ改善策について考えていきます

このブログの中でも、暴落相場に関する記事はアクセス数も急増中…

ワタシ
きっと株をやっている個人投資家人がどんなことを考えているのか、気になって仕方がないのでしょう~(ワタシもそのひとり)

 

この相場でワタシもベンツ〇台分ぐらい吹き飛ばしましたからねえ。これを授業料として未来に活かすための工夫も忘れてはいけません

当面の我が家の投資方針はこうです。

 

要は、長期投資+高配当株投資を継続していくため課題を感じてしまったわけでなんです。具体的にはこうです。

長期投資成功に向けた課題
  • 時間とともに資産増大する(損失も大きくなる)
  • 保有銘柄の入れ替えは必要
  • 暴落時に投資できる資金を確保する

 

高配当株投資だからと言って、買って永久保有するだけでは成功に結びつかないのです。

それでは、ひとつひとつ見て行きましょう!

長期投資・高配当株投資の課題と問題点

暴落による損失額も大きくなる

長期投資、高配当株投資を行うにあたって、配当金を再投資し、定期的に追加資金を投入することになれば自然に運用資産も増えていきます。

このため、今回のような暴落が起きると、投資期間に比例した分だけ損失額も大きくなります。

今回のコロナショックによって、資産規模が数年前に戻ってしまった、なんて人もいると思うんですよね。

せっかく時間をかけて育ててきた資産をいかに効率的に回していくか、暴落が起きる前から対策を講じる必要があります。

配当金の原資とならないケースも

高配当株投資は長期投資を原則とします。そして、配当金と含み益(キャピタルゲイン)を二重にゲットすることが株式投資の理想です。

でも、含み益を長期間に渡り伸ばせていても…

  • 暴落によって吹き飛ぶ可能性が高い
  • 含み益は配当金の原資にはならない

よく10年に一度の暴落、なんてことを言いますが、長く保有すれば暴落に遭う確率も高まりますね。

せっかくいいタイミングで買えたのに含み益は溶けてしまい、受け取れる配当金増加につなげることができなくなってしまいます。

うーん、もったいない。なんとかならないものですかね。

割安なのに追加投資できない

株価が下がるのはツライんですけど、一番つらいのは、暴落時に割安で高利回りとなった優良株に追加投資ができないケース。

例えば、今回の米国株の急落により、優良株がどんどん高配当銘柄化しているわけです。

気になる米国株の一例
  • コカコーラ(KO)株価38.30ドル 利回り4.28%
  • ファイザー(PFE)株価29.10ドル 利回り5.24%
  • 3M(MMM)株価124.89ドル 利回り4.71%
  • S&P 500 HIGH DIVID ETF(SPYD)株価22.33ドル 利回り5.45%

いやあ、のどから手が出るほど欲しい銘柄ばかりですよね。めんどくさいからSPYDで一気買いなんてもありそうです。

こんなバーゲンセールのときに、いつでもフルポジ長期投資家は指を加えて見ているだけなのでしょうか

高配当株投資の今後の解決策

geralt / Pixabay

売りのルールを作る

株式投資の世界ってなんとなく長期保有が美しいみたいな見方があります。

でも、長期投資をうたっているウォーレンバフェットだって割高になったら売却していますし、高配当株投資だって売却ルールを作ってよいはずです。

具体的には、株価上昇によって、配当利回りが一定程度低くなった時点で売却するというルールを徹底します。

これによってより多くの配当金をもらえる銘柄に乗り換えることを可能にします。

売りのルールは、株価上昇によって配当利回り2.2%以下となった場合とします。

計画的に追加投資する

株式投資も順調に推移してくれるとイケイケドンドン、ハイペースで買いを入れてしまう気持ちに駆られる場合があります。

ワタシの場合、追加投資は年間130万円までと決めておきながらも、投資基準を満たす銘柄が出てきた場合は、さらに追加資金を上乗せして高配当銘柄を買っていたりしました。

ちょっとペース配分を誤りましたね、リスクのを取り過ぎだった点は否めません。

年間計画以上に追加投資できるお金が貯まった場合は、すぐに株を買うのではなく、基金のようにプールしておいて万事に備えることとしたいです。

銘柄選別ルールを厳しくする

高配当株投資で運用するにあたって、銘柄の組入れとなるルールはとてもシンプルです。

組入れルール
  • 配当利回りが4.4%以上であること
  • 2008年以降、減配がないこと(記念配、特別配を除く)
  • 過去10年間営業利益ベースで赤字計上していないこと

細かいルールはほかにもあるのですが、この3つの基準が組入れルールとなっています。

今回の新型コロナウィルス騒動により、経済活動はマヒし、企業の業績悪化は避けられない状況です。特に日本株の場合は減配する銘柄も出てくることでしょう。

なので、2020年3月決算では、これまでの組入れルールが正しかったのかの答え合わせをするよいきっかけになると言えます。

高配当株ポートフォリオと組入れ銘柄ルールをブラッシュアップして、配当金生活に向けて前進していきたいです。

最後に

PredragKezic / Pixabay

ということで、昨今のコロナショックに見る長期投資・高配当株投資の問題点についてまとめてみました。

現時点での投資ルールは以下のページにまとめてあります。

よろしければご参考にしてください。

それでは資産運用、がんばっていきましょう!

-資産運用今後の方針