しがないサラリーマンがひっそりと経済的自由をもくろむブログ

ひと握りのお金とささやかな知恵で、豊かな日常生活を目指します

子育て

子どもの簡易机を作るためにお勧めしたいカラーボックスはこれ

2018/02/21

しがないサラリーマンですおはようございます。

子どもも保育園の年長さんになりますとね、自分の机が欲しい、欲しいって言い出すんですよね。ま、勉強したい気持ちになるのはモチロンいいこと。子供のそんな希望もかなえてあげたい、というのが親心。

ただですね、小学校前に勉強机を買うってちょっと早すぎるんですよね。

仮に勉強机を買うにしてもこれを置く子ども専用の部屋も確保してませんしね。

ということで仮の勉強机を作ってあげることにしたんです。

子供用勉強机にベストなカラーボックス

低価格で作るならやっぱりカラーボックス。カラーボックスの上に天板を置いてしまえば、簡易机の完成…と思ったんですけど問題は机の高さ。カラーボックスの一般的なサイズは高さが60cmか90cm程度。これでは子どもの机の高さには合いません。

子ども机で理想な高さは 座面高+(身長×0.54÷3)という計算式があるらしく、我が子の身長120cmなので机の高さは49cm-50cmぐらいがベスト。

ということで、このサイズの机を探し回ったのですが、どこのホームセンターを回っても売っていなかったんです。

で、楽天市場でやっとみつけた商品がアイリスオーヤマのこちらの商品でした。

このカラーボックスなら高さ49.4cmとばっちり。楽天市場で即買いしました。

このカラーボックスのいいところ

作るのが超簡単

最初は間違えないように説明書を見ながら作成。ただ、慣れてくると1個15分ぐらいで作れちゃいます。ビスを多用するので電動ドリルがあるとベストです。ワタシはマキタの電動ドリルを利用。右回しも左回し、低速・高速などワンタッチで切り替えできるのがいいです。

格安で入手できる

カラーボックスですからね、1個1300円程度で入手可能です。天板のサイズにもよりますけど、格安で仮の勉強机が作れます。勉強机として使わなくなれば、本棚などほかの利用用途にも流用できますから無駄がないですね。

棚板の高さが変えられる

この年代に読む本は高さがまちまちですからね。棚板が調整できるカラーボックスは重宝します。このカラーボックスも値段が安いのに高さ調整が可能ですので効率的に収納できますね。

あっさり完成

で、作りも作った5個のカラーボックス。こいつを天板の上に置くだけ。

む、3個で十分だった。5個も買っちゃった。コーナンで買ってきた格安照明を置いてできあがり。

仮の勉強机とは言え、見た目は広くて使いやすそう。我が子もイイネと言ってくれました(ホッ)

最後に

ということで仮の勉強机を作れるカラーボックスをご紹介しました。

コンパクトなカラーボックスでも100円ショップで売っているトレーともサイズはピッタリ。

たくさんの本・雑誌など収納力も十分です。合計5000円ぐらいしかお金もかかりませんでしたし、仮の勉強机としても十分な出来栄えです。

皆さんも低価格でお子さんの勉強室の確保にチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

 

 

 

-子育て