しがないサラリーマンがひっそりと経済的自由をもくろむブログ

ひと握りのお金とささやかな知恵で目指せセミリタイア

節税

あなたもチャレンジ!軽減税率クイズに何問正解できる?

2018/11/25

今、軽減税率が話題に?

2019年10月から消費税が増税となり、これにあわせて軽減税率なるものが始まる予定です。

軽減税率とはいったいなにか?というと…

軽減税率とは

社会保障と税の一体改革の下、消費税率引上げに伴い、低所得者に配慮する観点から、「酒類・外食を除く飲食料品」と「定期購読契約が締結された週2回以上発行される新聞」を対象に消費税の「軽減税率制度」が実施されることになりました。

政府広報オンラインより抜粋

ただ、この軽減税率、低所得者層よりも高所得者のほうがメリットを受けやすいとか、いろいろ問題もあって導入には賛否両論あるようです。

てか、ワタシのツイッタラーたちの意見を見ると反対派が大多数なんですよね。

その理由は複雑な制度にあります。

軽減税率の概要

消費税増税によって税率は10%に引き上げられますが(これを標準税率と言います)、これに対して、税率8%のままとなるのが軽減税率です。

軽減税率の対象はこのような感じです。

  • 飲食料品
  • 定期購読契約が締結された週2回以上発行される新聞

こう見ると定期購読の新聞が軽減税率の対象っていかにも不自然ですが、この話題は長くなるのでやめときます。

問題は飲食料品の範囲。

テイクアウトの場合は軽減税率の対象となるけど、店内で食べると標準税率になったり。

食料品と一言で言っても、高級なフォアグラから食品を包む包装紙まで、どこまで食料品ととらえるのか、など細かい線引きはなかなか難しいのが現実です。

国税庁のホームページにはQ&Aも掲載

で、実際にどこまでが軽減税率に該当するのか、しないのか、この問題について国税庁のホームページに掲載されています。

ワタシもこれを見た瞬間、「こんな複雑な税を本当にやるの?」と信じられない気持ちになりました。

そこで、今日は軽減税率クイズと題しまして、軽減税率について勉強してみたいと思います。

ぜひ、ペンと紙を用意してチャレンジしてみてください。はっきり言って超難問ですよ!

問:軽減税率の対象となるものに〇を記せ

【  】食品の原材料となるワイン

【  】ノンアルコールビールや甘酒

【  】果実やお菓子を入れる豪華な桐の箱

【  】ケーキやプリンなどの洋菓子につける保冷剤

【  】食品のみを掲載するカタログギフト

【  】会社内や事業所内に設けられた社員食堂で提供する食事代金

【  】ファミリーレストランのレジの前に置いてあるお菓子

【  】レストランで出される缶飲料、ペットボトル飲料

【  】列車内の移動ワゴンで購入して車内で飲食する弁当や飲料

【  】映画を見ながら食べるために購入した映画館内に設置された売店で販売される飲食料品

回答

【 × 】食品の原材料となるワイン
→お酒は飲食料品ではないので軽減税率の対象外だそうです。

【 ◎ 】ノンアルコールビールや甘酒
→ノンアルコールビールや甘酒など酒税法に規定する酒類に該当しない飲料は軽減税率の対象です。

【 ◎ 】果実やお菓子を入れる豪華な桐の箱
→軽減税率の適用対象となるそうです。

【 ◎ 】ケーキやプリンなどの洋菓子につける保冷剤
→軽減税率の適用対象となるそうです。

【 × 】食品のみを掲載するカタログギフト
→「飲食料品の譲渡」に該当せず、軽減税率の適用対象となりません。

【 × 】会社内や事業所内に設けられた社員食堂で提供する食事代金
→飲食料品を飲食させる役務の提供を行うものであることから軽減税率の適用対象となりません

【 ◎ 】ファミリーレストランのレジの前に置いてあるお菓子
→単に飲食料品を販売しているものと考えられることから、軽減税率の適用対象となります。

【 × 】入院したときに出される病院食
→病院食はもともと非課税。また、特別メニューの食事の料金は軽減税率の適用対象となりません

【 ◎ 】列車内の移動ワゴンで購入して車内の座席で飲食する弁当や飲料
→軽減税率の適用対象となります。

【 ◎ 】映画を見ながら食べるために購入した映画館内に設置された売店で販売される飲食料品
→軽減税率の適用対象となります。

感想

どうでもええわ

これにつきますね。しかし、こんな複雑な制度にしてどうしようって言うのでしょうか。

なお、これらの設問は国税庁のホームページのQ&A集に載っています。

https://www.nta.go.jp/taxes/shiraberu/zeimokubetsu/shohi/keigenzeiritsu//02.htm

結構なボリュームなのでヒマな方はよんでみてはいかがでしょうか。

最後に

ということで軽減税率についてまとめてみました。

最近、働き方改革という言葉が流行ですが、社会の仕組みをシンプルにするのも働き方改革の一環だと思うし、今回の軽減税率はまさにこの考え方とは逆行した仕組みだと思いますが。誰が考えついたんだか…

関連記事です。軽減税率の課題や問題点はこちらにまとめてあります。

配偶者控除や配偶者特別控除などサラリーマンにとってはどんどん増税の波が訪れてきますね。

 

 

-節税