個別銘柄運用法

【個別株運用】コロナバブル到来で保有銘柄の入れ替えを行いました!


★うえつん家の投資方針★

わがうえつん家では経済的自由を一日も早くゲットするために、株式投資で運用中です。キーワードは「攻める」「守る」「備える」の3つです。

個別銘柄で「攻める」

価値に対して割安で放置されている銘柄を中心に国内株で運用するファンドです。ファンダメンタルを重視し、積極的に値幅を取りに行くアクティブ運用で大きく増やします。中小型株を中心のポートフォリオで勝負します。

インデックスファンドで「守る」

大きくは儲からないけど、手堅く運用するインデックスファンドで守備的な運用も実践中です。主に5つのアセットクラスに分けて運用しています。

  • 国内株式
  • 先進国株式
  • 新興国株式、
  • 外国債券
  • 国内債券

2017年1月から毎月5万円ずつ積立てを開始。楽天カードからクレジット決済で楽天証券を活用中です。

高配当銘柄投資で「備える」

会社の安定性や継続性を重視し、安定した配当政策を取る高配当銘柄に長期的に投資することで、未来の老後に「備える」ファンドです。

買った銘柄は永久保有が原則。対象銘柄は日本株と米国株です。受取配当金を再投資に回すことで資産を雪だるま式に増やします。

——————————————————————–

株式投資歴15年以上ですが、まだまだひよっこ。これからもみなさんと一緒に株式投資を学んでいきたいと思っています。

今回は、この中での個別銘柄運用に関する記事です。

——————————————————————–

世界の株式相場にバブル到来?

世界の株式市場の上昇が止まりません。

NYダウは26000ドルを突破、日経平均先物23000円を突破!

この数字は2020年2月暴落前の下値に相当する株価となっていて

ワタシ

株価的には、コロナショックってなかったことになっているんだね(←気付くのが遅い)

 

そうなんです。ここまで急回復するって誰が想像したでしょうか。

ワタシも最近の日経平均の強さを見て保有銘柄を大幅に組み替えました。

§保有株の組替え
  • ダブルインバースは損切り
  • 値動きの悪い運送系は利確
  • アフターコロナ、ウィズコロナ銘柄を買い
  • 業績の良い小売系はホールド

こんな感じです。それではひとつひとつ見ていきましょう。

投資行動まとめ

ダブルインバースは損切り

ずっとワタシも2番底が来るんじゃないか、来るんじゃないか…と恐れいたのですが、

ワタシ

日経平均、強すぎるじゃないか(こりゃあ、全戻しもあるな…)

 

と気づいたのは先週末。

よめちゃん

あんた気付くのが遅いのよ…

 

リスクヘッジとしてポートフォリオの1割ぐらいを割いていたダブルインバースは今週ソッコー損切りしました。

平均取得1021円→810円での損切りでした。

確かに経済と株価の動きは連動するとは限りません。しかし、ここまでのV字回復を誰が予想したでしょうか。

ワタシ

もう絶対にダブルインバースを買うのはやめよう(←2回目)

 

個別銘柄はコロナ銘柄関連中心に

日銀のETF買い入れなら、ソフトバンクやニトリやファストリを買っておけばいいんでしょうが…

ワタシ

一応業績面を考えてコロナ関連銘柄で銘柄選別したほうがよいよね。

 

なんとなく、株価ではなく業績面を見て投資しないと落ち着かない性格なので。

まあ、こんな相場でどこまで効果があるかは分かりませんが。

 

§新規買い銘柄たち
  • 4736 日本ラッド
  • 4574 大幸薬品
  • 4577 ダイト
  • 3194 キリン堂HD
  • 6541 グレイステクノロジー
  • 6328 荏原実業
  • 6366 タツモ

日本ラッド、大幸薬品、ダイトはコロナ関連銘柄。

東京都では緊急アラートが発令されたように、株式市場は急回復しても新型コロナウイルスは簡単にはおさまりそうにありません。

コロナウイルス関連銘柄に期待を寄せます。

キリン堂HDはドラッグストアの中でも好調で予想PERで割安なので少々買ってみました。

荏原実業、タツモは12月期1Qが良かったので購入。特にタツモは半導体需要が旺盛なようで今後の業績拡大に期待です。

グレイステクノロジーはマニュアルの電子化、クラウドサービスなど業績は絶好調です。

すべての銘柄に共通しているのは新高値ブレイクで購入しているところ。

これからのコロナバブルを乗り切るためには、強い値動きをする銘柄たちに期待するしかないです。

これらの中で含み損になっているのは荏原実業と日本ラッドの2銘柄

これ以上の含み損はカンベン願いたいところです。

保有継続した銘柄たち

4月は値動きが悪くても業績が好調な地味な銘柄に投資していました。これらの銘柄は継続保有としています。

 

§当面保有予定銘柄
  • 8198 マックスバリュ東海
  • 3080 ジェーソン
  • 不動産REITを3銘柄ほど

マックスバリュ東海、ジェーソンともにコロナ禍においても営業を続け、月次も絶好調なのでホールド。

値動きは地味ですが、底堅い値動きをしているマックスバリュ東海

主力のジェーソンも下値を切り上げながら新高値を更新してきました。

バブルと言えば不動産でしょ、といって購入した不動産ETFですが、ここにきてやっと陽の眼をみた印象です。

 

§購入したREIT
  • 3466 ラサールロジポート
  • 3234 森ヒルズリート
  • 3295 ヒューリックリート

これでもCPは20%以上をキープ。余力も十分残して運用を続けていきます。

最後に

ということで、今日は最近のワタシの投資行動についてまとめてみました。

株式市場の展開は変わり身がとても早いです。

なので、公開した当日に売っちゃったりするかもしれません(笑)

急上昇の後は反動が怖いのですが、相場展開に注意しながら運用を続けていきたいです。

 

全ては経済的自由のために

 

それではまた明日!

 

ABOUT ME
しがないサラリーマン
しがないサラリーマン
しがないサラリーマンがひそかに経済的自由を目論むブログの管理人。メインテーマは、日本株、米国株投資のほかインデックス投資の資産運用や節約情報、ガジェット関係。 運用資金は生活費の節約。スマホなどの節約情報からクレカ、ポイントサイト、ふるさと納税、株主優待クロスに挑戦中。 ブログは雑記ですが、毎日更新が目標。実体験に基づき本当にイイものはイイ、悪いことは悪いことと主張するのが信条です。