しがないサラリーマンがひっそりと経済的自由をもくろむブログ

ひと握りのお金とささやかな知恵で目指せセミリタイア

株主優待

ダイドーリミテッドの株主優待はオシャレなタオル・ハンカチセットがもらえておすすめ

初めてダイドーリミテッドの優待をゲット

先日、ダイドーリミテッドから株主優待が届きました。

今までダイドーリミテッドの株主優待はあまり注目してこなかったんですが、今年の3月はたまたま一般信用取引枠が残っていたこともあって、初めて優待クロスを実施しました。

そこで今日はダイドーリミテッドの株主優待の概況をまとめてみることにします。

気になるのは株主優待の中身。

一番気になったのは、4万円程度で買える株を100株持ったところでどんな自社製品がもらえるのかって話しです。ダイドーリミテッドの株主優待ページを見ますと、4000円相当と記載もあります。あまり期待もせずに待っていたんですよね。

で、実際に届いた製品はこちら

NEWYORKERのハンカチとタオルのセット!

めちゃかっこいいじゃないですか!

この株式優待は額面通りとてもお得で、とても太っ腹ですぞ、と素直に感じました。

ダイドーリミテッドのブランド

ダイドーリミテッドHPより抜粋

ダイドーリミテッドは紳士ブランドNEWYORKERを扱っています。

NEWYORKERと言えばワタシも昔、NEWYORKERのブルーのジャケットに憧れた時期もありまして、1着4万円ぐらいするジャケットを良く買っていたものです。

今となってはしがないサラリーマン生活ですからこんな高級なジャケットは着る機会もめっきり減りましたね。

たともう一つ有名な紳士ブランドはなんといってもブルックスブラザーズ

こちらも高級スーツでしたね。あまりに高いのでさすがに買うことはありませんでしたが。ワイシャツとかネクタイとか買おうと思うんですけど、どうもデザインが好みじゃなくて買うまで至らなかったですね。

いずれにしても、誰もが憧れる紳士ブランドを取り扱うのがダイドーリミテッドなのです。

ダイドーリミテッドの業績

ただ、有名ブランドを扱っている一方で業績は下降気味。過去6年間の業績を見ても連続赤字が継続中です。2018年3月期は赤字幅が大幅に縮小し、純利益は黒字化。ただ、実態は不動産売却による特別収入が大きく影響したためで本業のアパレル事業は苦戦が続いています。

やはり最近は低価格帯のスーツが主流になってきましたし、わざわざ高級なスーツを買うという生活スタイルも薄れてきたのでしょう。

小田原のダイナシティも人気テナントが撤退するなど予想外な展開も続いている模様。

憧れのスーツを製造した会社だけにこれからも頑張ってほしいものです。

直近の株価

上記チャートを見ると激しく上下しているように見えますが、長期チャートなどを見るとこの数年間は400円から500円のボックス圏で推移しており、株価は比較的安定しています。

株主優待をゲットするなら

400株、4万円で購入できる株で4000円相当の株主優待となりますので、優待利回りは10%程度となります。かなりお得なのですが、業績の先行きも不透明なので、株主優待を楽しみながら長期保有できる銘柄とは言えません。

まあ、筆頭株主はオンワードなので、業績不振→オンワードが100%子会社化、なんてこともありうるかもしれませんが。ただ、業績面でのことを考えれば、権利落ち直前に優待クロスでゲットするほうが無難でしょう。

今年のケースでは比較的直前まで一般信用売りの在庫が残っていました。ワタシも権利落ち3日前に優待クロスを行った経験もあります。

最後に

ということで、New Yorkerで有名なダイドーリミテッドの株主優待についてまとめてみました。100株保有の株主優待を中心にレビューしてきましたが、1000株以上保有もサコッシュバッグをもらえるようです。

これもなかなかカッコいいデザインですね。来年資金面で余裕があったら、1000株優待クロスするのもありかもしれませんね。

 

 

-株主優待