しがないサラリーマンがひっそりと経済的自由をもくろむブログ

ひと握りのお金とささやかな知恵で目指せセミリタイア

格安SIM話題

ドコモが発表した新プランの価格やサービスを見てワタシが感じたこと。

ドコモが新プランを発表

ネットのニュースで報道されていましたが、ドコモが新しいスマホプランを発表したとのこと。

格安SIMを使っているワタシですが、品質は3大キャリアに軍配が上がる状態。ドコモの発表した新プランは使えるのか、使えないのか。ワタシなりに調査してみました。

結論から言うと使えない

結論から言っちゃいますと、やはり値段が高くて使えない、という感じです。

ドコモが提唱している1,980円からといかにも安く利用できるように見えますが、家族3人全員でドコモシェアパックを使った場合を想定。使えるデータ容量も1GBまでという上限。

ドコモのスマホ契約も検討しているワタシですが、月のデータ使用量1GBでは全然足りません。なので、このプランへの乗り換えは厳しそうです。

ドコモの新プランの内容

今回発表されたドコモの新プランの特徴は使ったデータ使用量にあわせて価格が変動するタイプ。例えば今回発表されたベーシックパックの場合、1GBなら月額2,900円、3GBまでなら月額4,000円といった具合。

割引プランを併用しての利用料金であることに注意

ベーシックパックはあくまでデータ通信のみの料金体系なので、ここに音声通話料金が上乗せされます。

  • ベーシックパック(1GB) 2,900円
  • シンプルプラン 980円
  • SPモード 300円
  • 月額合計 4,180円

比較的安価なシンプルプラン(月額980円)でデータ通信1GBで収まった場合の標準月額は4,180円

この金額から併用できる割引プランを適用します。例えば、docomo with(月額1,500円の割引)、ずっとドコモ割(最大200円)の計1,700円の割引が適用され、4,180円-1,700円=2,480円となります。

docomo withというサービスですが、ドコモから指定されたスマホとあわせて契約すると月額1,500円割引になるというもの。だけど機種は4種類に限定。魅力的なスマホもないですし、ワタシは使いたいとも思いません。スマホにこだわりがなく、料金を抑えたい人にはお勧めかもしれませんが。

ベーシックパック利用時、おひとり様月額2,480円から、というのは、docomo withなどの割引を受けられてのものですので注意が必要ですね。

そもそも割高な料金体系

今回のドコモの新料金プランは、1GBまで1,980円で使えるauのピタットプランを意識してのもの。auのピタットプランは2018年1月時点で契約数500万を突破したとのことですから信じられません。

ワタシに言わせれば、データ通信1GBで月額1,980円、2年目からは割引が取れて月額2,980円って高いと思うんですけどね。

これだったら、格安SIMのほうが全然良くね?

ワタシがドコモに期待する理由

ワタシがドコモに期待しているのはこちらの端末を使いたいから。

今はSIMカードを2枚差せるDSDS端末しか使えないんですけど、その方法も今年の年末まで。SIM1枚に切り替わるのならコストを重視して、このスマホに格安SIM突っ込んで使うしか方法はなさそうですが。

ワタシのSIM探しはまだまだ続きそうです。

ワタシの推奨する格安SIM

ドコモとの契約に向いている人というと、

  • 高速なデータ通信を必要とする人
  • 気軽にドコモショップに行ける時間がある人
  • キャリアメールを外せない人

この3つのパターンだと思うのですが、これらに特にこだわりのない場合は格安SIMで十分です。

UQモバイル

通信速度を優先させたいならUQモバイル。噂では本家auよりも速度が速いという評判も?

LINEモバイル

先日ワタシも契約しましたが、通信速度は比較的安定しています。3GBなら月額1,690円。

よろしければこちらもご覧ください。

 

それでは楽しいスマホライフを!

 

-格安SIM話題