日本株

【高配当株投資】持ち株のNTTドコモが1株3900円でTOBされてしまう

ワタシの持ち株の中で、連続増配銘柄だったNTTドコモが親会社の東日本電信電話にTOBされることとなりました。

よめちゃん

いやあ、高配当株で事業内容も安定している。高配当株としてはもってこいの銘柄だったのに…

ワタシ

でも、まあ、買値から3倍株になったし、投資としては大成功だったんじゃないかな。

NTTドコモは9月30日から11月までの間に1株3900円でTOBされ、東日本電信電話の100%子会社となります。

この報道によってNTTドコモは急騰。9月30日以降TOB価格3900円まで上昇することが見込まれます。

今日のブログのポイント
  1. ドコモ株への投資ふりかえり
  2. ドコモ株への投資は成功だったか?
  3. 親子上場に着目した投資は買い?
  4. 今後の通信事業者への投資は買い?

それではもう少し詳しく突っ込んで話をしましょう。

ドコモ株とワタシ

ドコモ株をワタシが買ったのは2012年の秋ごろ。株価は1270円で100株購入しました。

ドコモ株の当時の投資理由
  • 過去の配当金が減配ナシ
  • 安定した事業内容(営業利益赤字なし)
  • 投資先として低評価(低PER)
  • 高配当利回り(4.4%以上)

こんな感じで永久保有を前提に投資を決断しました。

2020年まで約8年間ドコモ株を保有してきたわけですが、過去の配当金合計額は7万3千円。

2013/032014/032015/032016/032017/032018/032019/032020/032021/03
60円60円65円70円80円100円110円120円65円

そして今回のTOB価格は3900円。買値に比べると3倍株となっていて、約26万円のキャピタルゲインもゲットしました。

保有8年間で12万7千円が39万円の株価になり、かつ7年間で7万3千円の配当ももらえたことになります(いずれも税込み)。

配当金と増配とキャピタルゲイン、まさに個別銘柄投資のだいご味でもあります。

もしも、キャピタルゲイン狙いでこの銘柄を買っていたとしたら…

ワタシ

XXショックとか10%ロスカットラインとかで途中で売ってしまったと思うんだよね。

これからも配当金を受け取れる優良銘柄と思っていたところに、TOBで手放さなければならないことはちょっと寂しい思いもあります。

ただ、大きな利益を上げることができた点では投資としては成功だったと言ってよいでしょう。

今後の通信業界と投資先

3大キャリアの強みは消えない

菅首相の思惑で下がり続ける通信関連株。

ただ、5Gや6Gといった高速回線の実用化に向けて、通信事業者の将来性は残されていると思います。

また、スマホ関連でもこれまで国が3大キャリアに色んな締め付けを行ってきたにもかかわらず、スマホ代金の平均利用代金は値上がりしているのです。

ワタシ

価格競争とかいろいろ言われているけど、やっぱり設備を持っている事業者の強みってあると思うんだよね。

【高配当株投資】スマホ関連銘柄の株価はどこまで下がる?NTT、ドコモ、KDDI、ソフトバンクは買いか? 下馬評どおり、菅官房長官が自民党総裁に選ばれました。早ければ9月16日の臨時国会で首相指名され、第99代目の総理大臣誕生となります。 ...

新たにKDDIを購入

NTTドコモのTOBがスマホ代金値下げ圧力への対策と受け取られ、KDDIやソフトバンクは急落しました。

そこで、新たにKDDIを購入。先週購入したNTTと加え、2銘柄通信事業関連株に投資することとなりました

ワタシ

半年もすればただのスマホ騒動として忘れ去れるんじゃなの?

よめちゃん

わざわざ権利落ち日に買う必要はなかったんじゃない?

結果は数年後分かります。失敗したら撤退するのみです笑

NTTドコモを今後の投資に活かす

NTTドコモのようにTOBされたケースを今後の投資に活かせないものか、そんなことを考えてみました。

NTTドコモの特徴
  • 事業が安定している
  • 寡占状態で競争の原理が働きにくい
  • 世の中に欠かせないサービスを提供している
  • 営業利益率は高め(約20%前後)で推移
  • 好財務
  • 低PER
  • 配当政策(高配当、減配なし)
  • 親よりも子どものほうが優秀

最近の持ち株の中ではソニーフィナンシャルホールディングスがソニーにTOBされました。

【高配当株運用】10年間運用中の私がサラリーマンに高配当株投資をおススメする理由 高配当株投資の魅力をまとめてみる 今日は高配当株投資についてです。 みなさんの中には高配当株はパフォーマンスが悪い...

ソニーフィナンシャルグループの場合は約3年半で株価は2.5倍まで上昇し、ワタシも大きな利益をあげることができました。

親会社にTOBされるイメージをもって銘柄選別を行うと想定外の出来事が起こるかもしれませんね。

ワタシ

親子関係のTOBされそうな銘柄、今度調べてブログネタにしてみようかな

最後に

ということでNTTドコモのTOBについてまとめてみました。

TOBされるのはいいのですが、持ち株が減るとその分、配当金の原資が少なくなることになります。

これからも失敗を恐れずにどん欲に高配当銘柄投資を続けて行きたいです。

【高配当株投資】コロナショック以降の高配当株の売買とその後を振り返ろう コロナショックが始まって早半年が経過しようとしています。 わが高配当株運用でも衝撃の暴落に耐え、国内個別株に追加投資を敢行してき...
【高配当株投資】安倍首相辞任だからこそ高配当株が有力となる理由 安倍首相が辞任へ 8月28日に安倍首相が辞任を発表しました。いやあ、ビックリしました。 辞任の意向がメディアから発表される...
【高配当株投資】いよいよリスクオン?今月も高配当銘柄の買い増しを決行しました 8月も高配当銘柄を大幅買い増しへ 新型コロナウイルスの感染者数は減るどころか増加傾向にありますが、株式市場は8月に入って...

 

ABOUT ME
しがないサラリーマン
しがないサラリーマン
しがないサラリーマンがひそかに経済的自由を目論むブログの管理人。メインテーマは、日本株、米国株投資のほかインデックス投資の資産運用や節約情報、ガジェット関係。 運用資金は生活費の節約。スマホなどの節約情報からクレカ、ポイントサイト、ふるさと納税、株主優待クロスに挑戦中。 ブログは雑記ですが、毎日更新が目標。実体験に基づき本当にイイものはイイ、悪いことは悪いことと主張するのが信条です。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください