しがないサラリーマンがひっそりと経済的自由をもくろむブログ

ひと握りのお金とささやかな知恵で目指せセミリタイア

節税

31年度税制大綱から自動車税がどうなるのか斜め読みしてみた

今日は自動車税のお話です。マイカーって維持費ばかりかかってお金のムダ扱いされていることが多いですよね。

自分にとってマイカーとは生活する上で大切な道具でもあり、気分転換するための大切な相棒だったりするわけです。

で、その自動車を維持するためのコストとして大きいのが税金。

自動車ってたくさん税金がかかっているんですよ。自動車取得税、自動車重量税、自動車税、そして消費税みたいにね。

そんな中、先日、与党が発表した税制大綱の中に自動車税について記載がありました。

少し前の記事なんですけどね、エコカー減税について記載した記事があったんですけど、どういうわけかアクセス数が多くて自分でも驚いているんです。

今日はその二番煎じということで、平成31年税制大綱からみる自動車税の行方についてまとめてたいと思います。

主な変更点

自動車税の減税

消費税増税10%により、自動車保有コストを引き下げることを目的として、毎年かかる自動車税が減税されます。

これは2019年10月1日以後に自動車を購入した場合に適用されることになります。

ざっとこんな感じ。最大4500円程度の減税ということになります。ただし、この減税は軽自動車には適用されないことになっているので注意が必要ですね。

環境性能割の減免

環境性能割とは燃費など環境基準にあわせて課税される新しい制度です。

環境性能割は自動車取得税の代わりに始まります。消費税増税と同時に開始されることになっていましたが、今回の税制大綱では、2019年10月1日から2020年9月30日までに新車を購入することで、環境性能割の税率が軽減されることになります。


こちらは軽自動車も適用されるようなので安心です。

減税分を補充するための増税

ここまで挙げてきた減税分に対しては、増税で穴埋めすることが前提となっています。

具体的には、エコカー減税の対象車を電気自動車等に限定するとか、環境性能割についても環境基準をより厳格とするなど(下図参照)

いずれにしてもイイことばかりではなさそうです。

結局、増税なの?減税なの?

おそらく一番知りたい情報は、2019年10月1日以降に新車を買ったほうがいいのか、増税前に新車を買ったほうがいいのか、という点だと思います

ワタシもじっと読み込みました。

正直結論出ず!

そんな感じです。理由は環境性能割の適用などとにかく税額を計算する方法がややこしくて、ちゃんと計算するのか面倒…じゃない難解だからです。

1000cc以下の自動車なのかどうか、環境性能はどうか…などなど、ひとつひとつ性能をチェックしてみないと厳密には判断できません

普通に考えると、消費税が8%から10%に上がるので、本体車両価格の2%分が穴埋めされるかを考えてみることです。

おそらく小型の自動車や電気自動車など環境性能にあったものは2019年10月1日以降に買えばお得になるような気がします(なんとなく)。

なので、普通のガソリン車で燃費に優れていない車や排気量の大きい車などは、2019年10月1日以降に買っても減税の恩恵はなく、消費税導入前に購入したほうがお得なのではないかと思われます。

最後に

ということで平成31年度税制大綱に見る自動車税の影響範囲についてまとめてみました。

さっと斜め読みしただけなので、読み落としとか解釈の違いとかあるかもしれませんがご容赦ください。とにかく税制は年を追うごとに難解になっていて困りますね。

自動車業界は今回の自動車税等の見直しには好意的のようですが、自動運転など今後の技術革新が見込まれる分野でもあります。

今後の推移に注目していきたいですね!

-節税