しがないサラリーマンがひっそりと経済的自由をもくろむブログ

ひと握りのお金とささやかな知恵で目指せセミリタイア

LINE-Payカード 楽天ポイント

【節約家に朗報】ファミリーマートで楽天ペイとLINE Payが決済可能に!

2018/11/01

ファミリーマートが決済方法を拡充

最近我が家の周りで乱立するコンビニがファミリーマート。

例えば我が家から職場まで15分ぐらいかかるのですが、その間、ファミリーマートは4つもあります。これ以外にも職場や自宅の周りに3店ほどあります。

こんなに出店して大丈夫なのか??と心配となるくらい。なので、ワタシもよく使うコンビニはファミリーマートなのです。

そのファミリーマートが決済方法を拡充するというニュースが入ってきました

新たな決済方法

電材のファミマでの決済方法はこんな感じ。いっぱいあるなー。

こらに加えて新たな決済方法として、d払い、楽天ペイ、LINE Pay、PayPayが加わります。2018年11月から順次導入され、2018年12月4日には全国のファミリーマート全店で利用可能になるとのこと。

なかでも、とても嬉しいのが楽天ペイとLINE Pay(バーコード決済)の2つです。

楽天ペイとLINE Pay(バーコード決済)のメリット

利用可能なお店が拡充

楽天ペイやLINE Pay(バーコード決済)はコンビニで使えるのはローソンのみでした。ただ、我が家の周りってローソンがないんですよね。なので、楽天ペイやLINE Pay(バーコード決済)を使える店舗が増えただけでも大歓迎なのです。

期間限定ポイントが使える(楽天ペイ)

もうひとつのメリットは楽天ペイの場合に期間限定ポイントが使える点。

楽天ポイントには通常の楽天ポイントと期間限定ポイントの二種類あるのはご存知ですか?

楽天ポイントは楽天EdyやANAのマイルなど金券に交換できますが、期間限定ポイントはこれらの金券には交換できないんですよね。

期間限定ポイントは、その名のとおり一定の期間を経過すると消滅してしまいます。でも、もったいないという理由でいらないものを買うわけにもいきません。

楽天ペイなら期間限定ポイントを使うことができます。このことで期間限定ポイントを余らせることなく、普段使っているコンビニで消化できる、というわけです。うむ、これはありがたいぞ。

ポイント高還元率のLINE Pay(バーコード決済)が使える

LINE Payカードについては、クレジットカードと同じ取り扱いなので、どこのコンビニでも利用できます。

ただ、2019年7月末まではLINE Pay(バーコード決済)によるポイント還元率が3%と超お得になります

LINE Payはラインポイントから1P=1円で交換できます。最近、ラインショッピングの買い回りリレーが頻繁に開催されていて、ラインポイントはかなり貯めやすくなっています。

このことから、LINE Pay(バーコード決済)をうまく活用して、家計の節約にもつなげることができるのです。

ポイントの二重取りも可能に

もちろん、決済しにファミマTカードを提示すればTポイントも貯めることができますし、同時に楽天ペイやLINE PayカードのポイントもゲットできますファミリーマートではTポイントが貯まります。二重取りが可能になります。

コンビニの電子決済はさらに激化へ

geralt / Pixabay

今回のファミマの電子決済拡充ですが、ローソンもポイント高還元率を誇るorigami-payを導入するなどのサービスで対抗しています。セブンイレブンも2019年春に新たな独自の電子決済を導入する予定とのこと。

ユーザーにとってはありがたい話なんですけどね、コンビニの店員のやることばっかり増えちゃって大変ですよねっ。

最後に

ということでファミマの楽天ペイ、LINE Pay(バーコード決済)についてまとめてみました。

ポイント還元率の高いものを買い物し、還元率の低いものでポイントを消化するというのがポイントの上手い使い方。特にコンビニの買い物は忙しいサラリーマンや子育て中のママにとってはかけがえのないもの。

現金での出費を抑えることができれば、自動的にお金も節約でき、浮いたお金を投資や生きたお金の使い方に回せる、っていうものです。

皆さんもぜひ、楽天ペイ、LINE Pay(バーコード決済)での買い物にチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

 

-LINE-Payカード, 楽天ポイント