しがないサラリーマンがひっそりと経済的自由をもくろむブログ

住宅ローンを背負った安月給の平凡なサラリーマンが、経済的自由を夢見て邁進する姿を淡々と書き綴るブログです

ファミマTカード

ファミマTカードのポイントが改悪 ファミポートからLINE Pay カードへのチャージができなくなるとのこと

2017/08/19

クレジットカード大好きうえけんですおはようございます。

先日の記事では、リボ払いから一括払いへの設定変更などやっとファミマTカードを使える状態に変更できたことを記事に乗せました。このことは以下の記事でご確認ください。

やっと手続きが完了!ファミマTカードをお得に使えるようになりました

しかし、そのあとに衝撃のニュースが流れました。LINE Pay カードへのクレジット決済でのチャージができなくなるとのことです。

ファミマTカードを作ったきっかけ

ファミマTカードの唯一のメリットはLINE Pay カードにファミポートを使ってクレジット決済するとTポイントつくこと。これができなくなったらファミマTカードを持っている理由はないと言っても言い過ぎではありません。

また、この高還元率があったからこそ、面倒くさい手続きも我慢してやってきた、という気持ちもあります。このニュースが流れたとき、ファミマTカードは即解約しよう、と思ったものです(抗議の意味も込めて)。

POSAカード購入なら問題なし?

ただ、色々調べてみると、ポイントをもらえる道は残されているようでPOSAカードを使った運用があるようです。

LINE Pay カードがコンビニなどの店頭で購入できるようになりました! | LINE公式ブログ

POSAカードとは

POSAカードの「POSA」とは「Point Of Sales Activation」の略で、プリペイドカードの裏面のバーコードをPOSレジに通し、購入処理が行われたことによってプリペイドカードの残高が有効になるシステムをさします。

いわゆるプリペイドカードと機能は一緒ですが、カード本体に認証番号など印字するのではなく、レジを通して初めて使えるプリペイドカードを総称してPOSAカードと呼びます。例を挙げれば、コンビニのアマゾンギフトカードや楽天ポイントなど誰しもコンビニで目にするカード状の商品ですね。

POSAカード独自の制約も

POSAカードとしてLINE Pay カードが売られていて、これをファミマTカードで購入すればその分のポイントは貯まるとのことです。つまりファミポートは使えなくなりますが、POSAカードを買うことでこれまでと同様の高還元率を享受できることになります。

制約としてはLINE Pay カードのPOSAカードは上限10000円までしかチャージできないこと、1カ月5枚(つまり月5万円)までとチャージの上限が定められること、今持っているLINE Pay カードにヒモづける作業が必要であること、といった制約があります。

Tマネーへのオートチャージが可能に

ファミマTカードは3月下旬からTマネーへのオートチャージが可能になるそうです。ただ、Tマネー自体は一部の店舗に利用が限られていて、ポイントも500円で1ポイントしかつきません。ポイントを貯めるというメリットもなければ、ワタシの家の近所ではポイント使える店舗もほとんどありませんので、メリットは皆無です。

利用方法の調査が必要

問題は、POSAカードを買ったあとに自分のLINE Pay カードとどうやってヒモづけるのか、その方法が分かりにくい、という点です。ネットで色々調べたのですが、具体的な方法を示した情報はあまりないように見えます。このことは後日ためしにやってみたいと思います。

あまりにもめんどくさいようだと、そこまで手間をかけてポイントにこだわる必要もなくなるので即刻退会してやろうと思っています(笑)

LINE Pay カードに期待すること

確かに金券にチャージするだけなのにポイントが付く、という仕組み自体がおかしいのかもしれませんが、とても作るのに苦労しただけにショックですね。REXカードもポイント還元率が1.7%から1.5%に変更になりましたし。こういう無理気味に開始されたサービスはどんどん淘汰されてくる傾向はいたしかたないかもしれません。

LINE Pay カード自体ポイント還元は2.0%と高還元率ではありますが、今回のニュースはLINE Pay カードにとってもマイナス材料です。個人的には、LINE Pay カード単体でのサービス改善やキャンペーンの実施も期待したいところです。

-ファミマTカード