SNS・ブログ本

三菱サラリーマン著「本気でFIREをめざす人のための資産形成入門 30歳でセミリタイアした私の高配当・増配株投資法」を読んだ

今日は、三菱サラリーマン著「本気でFIREをめざす人のための資産形成入門 30歳でセミリタイアした私の高配当・増配株投資法」をレビューします。

まあ、このブログを訪れている方なら三菱サラリーマンのことはよく知っていると思うのですが、

どこの三菱かは分かりませんが、三菱系列のサラリーマンを経て、30歳にて経済的自由を手に入れた方のお話です。

ワタシ

正直、羨ましいなって思うぞ!

ヨメちゃん

そうかしら?

 

ただ、不思議なことがあるもんで、ブログも人気だったし、ネットでも話題になったのに、

この本、めっちゃ評判が悪いんです

なんでだろう?

そう思って手にとってみたのですが、なんとなくその理由が分かったような気がします

 

そんな本気でFIREをめざす人のための資産形成入門 30歳でセミリタイアした私の高配当・増配株投資法についてご紹介したいと思います。

三菱サラリーマン氏とは…

三菱サラリーマン氏とはどんな人なのか、かるーくおさらいしてみましょう。

 

  • 三菱系のサラリーマンとして勤務
  • 慶応大学卒
  • 北京大学に留学経験あり
  • 徹底的に節約する
  • 配当生活を送るために株を購入。
  • 給料の8割を株に突っ込む
  • 年収は1000万円超の時も?
  • リタイア時の資産は7000万円
ワタシ

うん、まるでワタシのようなしがないサラリーマンとはわけが違うな。

 

そうなんです、大学は一流の慶応大学、年収はピークには1300万円などなど。

三菱サラリーマン氏のブログでは、fireをゲットするまでの過程を詳細に読むことができます。ワタシもちょいちょい読んだりしたことがありました。

とにかく、収入、節約、投資を徹底する。これが経済的自由をゲットするコツです。

三菱サラリーマンの本はなぜ不評なのか?

そんな功績のある三菱サラリーマンさんの本ですが、なぜかネットではあまり評価が良くないです。

Amazonのレビューなどを見ても、こてんぱんにぶった切りされています。

なぜこれほどまでに評価が悪いのか私なりに考えてみました。

内容が中途半端

この本は「やったぜー、セミリタイアしたぜー」という自慢の本なんだと思います。

ただ、この成功自慢がメインテーマのはずなのに、米国個別銘柄やETFの説明がいっぱい載っています。

というか、米国株投資やETFのことを知りたかったら他の本を読むよ、という印象です。

  • 節約系ならまつのすけさんやノマドさんのブログ
  • 海外ETFだったらたぱぞうさん
  • 米国株ならバフェット太郎さん

みたいな感じでね。

あと、これは運が悪かったのですが、高配当の保有株が減配続きなのも読み手の批判を招いています。

商材に利用されやすい?

テーマが投資と収入ですからね、どうしても商材に利用されやすい印象です。ご本にはどう思っているかは分かりませんけど。

株式投資ならネオモバイル証券、収入アップなら転職サイトなどなど。アフィリエイト案件にもってこいのテーマなんですよね。

実際にそんなYouTuberも見られます(誰とは言わんけど)。

本当に知識まっさらな初心者がこの本に書いてある通りに行動したとしたら、と心配して評価を落としている方もいるかもしれません。

テーマの再現性は当たり前のことだから

この本の言いたいことはだれでも努力すればセミリタイアできる、という再現性です。

だから、真新しいことは特になく誰にでも知っていること、誰にでもやれることを淡々と続けていっただけなのです。

節約方法、株式投資などFIREをゲットしたからにはうまいやり方があるに違いない…勝手にそんな期待してこの本を手に取ったら期待外れだったというのも仕方がないことかもしれません。

単にうらやましいだけ

そもそも30代で経済的自由を手に入れ、ネットではちやほやされ、評判もうなぎのぼり…

まあ、古参投資家たちに言わせれば面白くないでしょうな。本の評判が悪いのもただの妬みなのかもしれないね。

最後に

ということで今日は本気でFIREをめざす人のための資産形成入門 30歳でセミリタイアした私の高配当・増配株投資法の評判が悪い理由を考えてみました。

 

あ、ワタシのこの本の感想を書いてなかったですね。

この本の最初の出だしでは、日本の大学批判、会社批判から始まるのですが、実はこの出だしを読んだだけで、この本を読む気が失せました

日本の良さ、会社の良さ、悪いところもあれば良いところもあるでしょう。

でも、それを白か黒か、敵か味方か、良いか悪いかなんていう単純な思考のもと、この本が進んでいくのか?と思うととてもしんどかったですね(結局最後まで読みましたけど)。

そもそも自分が働いている会社のことを豚舎と言ってしまうのですから。文書の端々にも、プライドと恨みが見え隠れします。

そういうことに違和感を覚えない人には面白く読める本かもしれませんね。

ぜひ皆さんも一度読んでみることをお勧めしますよ。

それではまた明日~

 

ABOUT ME
しがないサラリーマン
しがないサラリーマン
しがないサラリーマンがひそかに経済的自由を目論むブログの管理人。メインテーマは、日本株、米国株投資のほかインデックス投資の資産運用や節約情報、ガジェット関係。 運用資金は生活費の節約。スマホなどの節約情報からクレカ、ポイントサイト、ふるさと納税、株主優待クロスに挑戦中。 ブログは雑記ですが、毎日更新が目標。実体験に基づき本当にイイものはイイ、悪いことは悪いことと主張するのが信条です。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください