しがないサラリーマンがひっそりと経済的自由をもくろむブログ

ひと握りのお金とささやかな知恵で目指せセミリタイア

ふるさと納税

【ふるさと納税】6月以降の返礼率変更による改悪は想像以上だった

魅力ある返礼品を続けるふるさと納税は存続されているのか?

本ブログでも不定期にお知らせしているとおり、ふるさと納税は、地方税法が改正され、6月1日以降、返礼率が改悪となりました。

これを見越して今年前半にすべての枠を使い切ってしまった、という賢いみなさんもたくさんいるかもしれません。

でも、まだまだふるさと納税の枠を残している方はこんな風に思うはず。

ワタシ
できるだけコスパのよいふるさと納税がしたい。どこが一番コスパがいいのか、もう一回再確認しないと~

 

ということでワタシがどれぐらいふるさと納税の返礼品が改悪されたのか調べてみることとしました。

ふるさと納税の返礼率改悪は想像以上だった

で、実際にふるさと納税の返礼品を調べてみました。調べたのは、楽天のふるさと納税。

楽天のふるさと納税は良いですよ。楽天ポイントも貯まりますし、しかも、お買い物マラソンなどのキャンペーンの対象となります。

1万円寄付して、ふるさと納税の自己負担分相当2000円分の楽天ポイントがたまる、なんてこともありますからね。

で、楽天市場のふるさと納税を調べてみたところ、ざっと、約半分から3分の1ぐらい改悪されている印象です。

返礼品5月31日まで6月1日以降
精米1万円で15kg1万円で10kg
豚肉切り落とし1万円で4.6kg1万円で4kg
牛肉切り落とし1万円で2.2kg1万円で1kg
鶏肉(モモ含む)1万円で7kg 1万円で6kg
トイレットペーパー1万円で8セット1.5万円で8セット

代表的な返礼品を挙げていますので、探せばもっとお得な返礼品のある自治体があるかもしれません。

上図の見ても分かるとおり、1万円でもらえていた返礼品は1万5千円出さないともらえなかったり、同じ寄付金でも返礼品の量が減っていることが分かります。

現時点でもお得度の高いふるさと納税はこれだ

ヨメ
ええ、少しでもお得なふるさと納税ってないの???

 

とは言え、楽天ふるさと納税のサイトを調べてみたところ、改悪前のほとんど変わらない返礼品を提供する自治体もあることが分かります。

ワタシなりにお得なふるさと納税を紹介します。

宮崎県高鍋町の鶏肉6kgセット

宮崎県高鍋町は以前からお得なふるさと納税の返礼品を提供していくれていました。今でも1万円の寄付で鶏肉6kgの返礼品が継続されています。

以前はモモ肉のほうが多かったんですけどね、ムネ肉を多めにしてコスパはキープしている印象です。

宮崎県木城町の豚肉スライス4kg

高鍋町と同じ宮崎県の木城町からは1万円の寄付で豚肉スライス4kgの返礼品がもらえます。

宮崎県は豚肉の返礼品は豊富で、高鍋町や都城市でも豚肉の返礼品を幅広く提供してくれています。

山形県寒河江市のラフランス5kg

山形県寒河江市のふるさと納税はラフランス5kgが返礼品。ワタシも昨年注文したのですが、6月1日以降も同じ返礼率で提供してくれています。

到着は今年の11月と少し時間がかかりますが、とにかく、そこらへんの食品スーパーで買うものとは全然味が違います。

美味しい果物を食すならふるさと納税を活用すべきです!

最後に

geralt / Pixabay

ということで6月25日時点で調べたふるさと納税の返礼品の改悪状況についてまとめてみました。

ご存知の通り、ふるさと納税は大阪府泉佐野市などの4自治体が指定から外されましたが、他にも42自治体が9月までの期間限定で認められている状態です。

今後さらに国の締め付けが厳しくなり、返礼率の改悪もエスカレートしかねません。

早めの寄付と同時に楽天市場のようなポイントプログラムも上手に活用しながら、賢くふるさと納税をしていきたいですね。

楽天市場で「ふるさと納税」を検索してみる

 

ふるさと納税の動向は今後も定期的にフォローしていく予定です。

-ふるさと納税