ひと握りのお金とささやかな知恵で目指せセミリタイア
ふるさと納税

ワンストップ特例制度の落とし穴。今一度ふるさと納税の申告もれは大丈夫?

今日はふるさと納税と確定申告についてまとめてみます。

ふるさとの納税にはワンストップ特例制度というものがあります。

この制度は確定申告を行わなくて済むとても便利な制度なのですが、ひとつ間違えると、このワンストップ特例制度が使えない場合があるのです。

このワンストップ特例が使えない場合、確定申告を行う必要があります。確定申告を行わないとお得だと思っていた税金が安くならないという恐ろしい事態になります。

今日はこのことを防ぐための方法をまとめてみたいと思います。

ワンストップ特例制度とは

そもそもワンストップ特例制度とはなんなのか、簡単に概略を。

通常、税金を安くするためには確定申告が必要になります。しかし、ふるさと納税をよりやりやすくするために設けられたワンストップ特例制度では、確定申告を行うことなく税金を安くすることができるようになったのです。

具体的には、本人がワンストップ特例制度の申請を行うことで、寄付した自治体と住んでいる自治体で情報のやり取りを行うことで、減税手続きが完了する、というものです。

ワンストップ特例制度が該当しないケース

よめちゃん

とても便利な制度ね、どんどん活用しないといけないわね…

そう、とても便利なワンストップ特例制度ですが、落とし穴もあります。場合によってはワンストップ特例制度の手続きをしても認められないケースもあるのです。

6団体以上に寄付した場合

ふるさと納税をする際にワンストップ特例制度の手続きをちゃんと行ったとしても、6団体以上に寄付した場合は、ワンストップ特例制度が認められないことになります。

6団体以上に寄付した場合は、確定申告を行う必要があります。

確定申告を行う場合

例えば、株式売買で利益が出た場合や医療費控除を受ける目的で確定申告を行う場合は、ワンストップ特例制度を使っていても確定申告の内容に含める必要があります。

これはワンストップ特例制度よりも確定申告の内容のほうを優先されてしまうためのようです。

また、配当金の申告不要の手続き(課税方式の選択)のために、住民税申告を行った場合も同様の取り扱いになります。

寄附した時点の住所と住んでいる住所が異なる

寄附したあとに引っ越しをするなど寄附時点の住所と翌年1月1日時点の住んでいるところが異なる場合、ワンストップ特例制度が適用されないケースがあります。

住所が異なる場合は、寄付した自治体あてに住所変更の届出を出すことが必要になります。

ワンストップ特例が適用されているか確認する方法

よめちゃん

んーーー、ちゃんとふるさと納税が適用されるのか心配になってきたわ。

そんなときには以下のことをチェックしてみるとよいでしょう。

  • 上記3点のことをチェックしてみる
  • 住民税の通知で確認する
  • お住いの自治体から通知が来る

まずは先ほど挙げた3つのポイントに問題がないかを確認してみましょう。

確定申告はまだ間に合う

今年は新型コロナウイルス感染防止の観点から確定申告の期限が1か月延長されています(4月15日まで)。

なので、先ほど挙げた3点を確認して、ワンストップ特例制度が該当しない場合は、まだまだ期限内の確定申告に間にあいます。

自治体から非該当の通知が届く

自治体によってはワンストップ特例制度を利用したにも関わず該当しないことになった場合、非該当であることを通知してくれる自治体もあります。

例:姫路市のホームページ
 https://www.city.himeji.lg.jp/bousai/0000015994.html

住民税の通知を記載を確認する

毎年5月(普通徴収の場合は6月上旬)ごろに届く住民税の通知の内容を確認してみましょう。住民税がきちんと減税されていれば、寄附金という欄にきちんと数字が入っているはずです。

確定申告は5年間遡れる

よめちゃん

でも、住民税の通知とかを待っていたら、確定申告の期間が終わってるじゃないのよ。

確定申告期間は毎年3月15日までですけど、ふるさと納税の場合のように、お金が戻ってくるための手続きは5年間までさかのぼって申告することができるのです。

例えば、令和2年のふるさと納税の還付申告の場合、翌年の1月1日(令和3年1月1日)から5年間までに申告すれば大丈夫なのです。

よめちゃん

ということだと令和7年1月1日までに申告すればいいわけね。

もう間に合わないから…と言ってあきらめずに手続きすることがお勧めです。

最後に

ということで今日はふるさと納税のワンストップ特例制度のチェックポイントについてまとめてみました。

ふるさと納税はとてもお得ですけど、やり方を間違えると大損することもありますので十分にチェックしてみてくださいね。

関連記事です。

【2021年春最新版】1万円からできるお得なふるさと納税をご紹介!おすすめな自治体 今日はふるさと納税のお話です。 コロナの緊急事態宣言は発表されるわ、楽天カードのポイント改悪が発表されるわ、株価は全然上がらない...
【ふるさと納税】トイレットペーパーをもらえるふるさと納税まとめ トイレットペーパーは品薄が続いているようですが… 新型コロナウイルスの影響で、ドラッグストアやスーパーマーケットなどは開...
【ふるさと納税】2020年最新版!超お得なふるさと納税を調べてみました! 2020年最新版のふるさと納税を調べてみた 2020年1月時点でのお得なふるさと納税をご紹介します。 昨年から縮小...

ABOUT ME
しがないサラリーマン
しがないサラリーマンがひそかに経済的自由を目論むブログの管理人。メインテーマは、日本株、米国株投資のほかインデックス投資の資産運用や節約情報、ガジェット関係。 運用資金は生活費の節約。スマホなどの節約情報からクレカ、ポイントサイト、ふるさと納税、株主優待クロスに挑戦中。 ブログは雑記ですが、毎日更新が目標。実体験に基づき本当にイイものはイイ、悪いことは悪いことと主張するのが信条です。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください