しがないサラリーマンがひっそりと経済的自由をもくろむブログ

住宅ローンを背負った安月給の平凡なサラリーマンが、経済的自由を夢見て邁進する姿を淡々と書き綴るブログです

ふるさと納税

年末の今こそ忘れずに!ワタシがコスパ満点のふるさと納税をお教えます。

2017/12/13

早いもので今年も残り3週間ほどとなりました。

年末で忘れてはならないのが、そう、ふるさと納税です。みなさん、ふるさと納税はすでに済ませましたか?

何を隠そうこのワタシ、今年済ませたふるさと納税額を計算してみたんです。するとどうでしょう、まだ残り6万円ほど残額があるじゃありませんか。

ということで今日は年末緊急企画、いまお勧めしたいふるさと納税についてまとめてみます。

ふるさと納税したいけどどこにしたらいいか分からない、すこしでもコスパのいいふるさと納税をしたい、と思っている方々の参考になれば幸いです。

ふるさと納税の期限

ふるさと納税の申込期限は1月1日から12月31日までです。ただ、厳密にいうと決済が完了した日になりますから、申し込みを年内に実行しても実際に入金した日が来年以降になった場合は、29年ではなく30年に納税したことになります。

クレジットカード決済は比較的分かりやすいですが、銀行振り込みや払込み票で納めるケースなどは注意が必要です。

今年、ふるさと納税枠に余りがある方は時間に余裕をもって手続を終えるほうが無難ですね。

ふるさと納税の残額は?

では、実際にどれぐらいふるさと納税をできるのか、これを誤るとせっかく寄付したのに、控除額を超過して減税の恩恵を受けられないケースも想定されます。

計算上とても分かりやすいのが、ふるさとチョイスのこちらのページです。

手元の源泉徴収票を見ながらフォームに入力するだけでふるさと納税の控除金額を計算してくれます。

限度額が計算出来たら、ついでに今年のふるさと納税先の通知書も確認しておきましょう。e-Taxで確定申告を行う場合は証明書の提出は省略できるものの、税務署からの依頼に基づいて必要があるときは証明書の提出を行う義務があります。

今のうちから証明書の所在を確認しておいたほうがよさそうです。

ワタシが選んだふるさと納税5選

ということで、ふるさとの納税の残りの限度額を活用してワタシがチョイスしたのはこちらの自治体です。

高知県須崎市

昨年は高知県奈半利町で年6回の地元農家の定期便を申し込みましたが、サイトを見る限りだとグレードダウンしている印象。なので今回は高知県須崎市の野菜詰め合わせセットを注文しました。奈半利町と同様に年間6回にわけて旬の野菜を送ってくれるもの。

寄付金は3万円。口コミではあまり評価は聞かれないものの、8種類の野菜が毎回届くとのことなので楽しみにしたいと思います。

大阪府泉佐野市

大阪府泉佐野市では寄付金8000円で5kgのデコポンがいただけます。こちらはほぼ底値の金額です。熊本県産のみデコポンて言うんじゃなかったっけ?という感じですが、まあ、美味しければ良し。ネットで評価を検索しても悪くなさそうなので、寄付を申し込みました。

ただ、返礼品の配送は来年の2月から3月に開始とのこと。配達が始まる頃には忘れてしまいそうな感じもしますが、首を長くして待ちたいと思います。

静岡県小山町

静岡県小山町ではサーティワンアイスのギフト券がもらえます。還元率は約40%で1万円の寄付で4000円分のギフト券がもらえる計算となります。

なにより我が家はサーティワンアイスが大好きですので、この手のギフト券は大歓迎。なによりゆう期限がないのもありがたいですね。

以前は楽天市場のふるさと納税サイトに掲載されていたようですが、今は見当たりません。ワタシはふるさとチョイスで申し込みしました。

岡山県笠岡市

昨年岡山県総社市のふるさと納税(3万円で60kgのコメ)で寄付。まだ余っているのですが、春先にはなくなりそうということで20kgの米を狙うことにしました。

岡山県笠岡市からは29年産「笠岡ふるさと米」がいただけます。返礼品の自粛など、還元率が低くなる中、10000円あたり20kgのラインを維持してくれる自治体はほんとに少なくなりました。

笠岡ふるさと米は聞いたことがないのですが、うちは家族全員味覚がないので、まあ、白くてお米なら黙って食べてくれることでしょう。

こちらは配送が来年3月とちょっと先になります。楽天のふるさと納税で頼めるのもうれしいですね。

ふるさと納税を有効利用しましょう

ふるさと納税自体に賛否があるわけですが、もしも限度額に残額があるようでしたら、やはり使い切らなければ損です。

今年の枠は使い切ることができれば、来年に返礼品が送られてくることになるでしょうし、より充実したふるさと納税生活を送れるはず。

ワタシも来年のふるさと納税は期間限定に着目するなど、計画的に返礼品をゲットできるように心がけたいと思います。

 

 

-ふるさと納税